竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

「永遠のファシズム」

「永遠のファシズム」
ウンベルト・エーコは、著書「永遠のファシズム」で、ファシズムに陥る時の、14の特徴があると述べています。

その14とは、次にあげるものです。
 1.伝統崇拝
 2.モダニズムの拒絶
 3.行動のための行動を崇拝し、知的世界へ猜疑心をいだく
 4.批判精神の拒絶
 5.差異への恐怖と余所者排除
 6.あたらしい多数派への迎合
 7.外国人嫌いにつらなる陰謀の妄想
 8.客観的な評価能力の欠如
 9.平和の拒絶
10.大衆エリート主義
11.死によって実現される英雄の強要
12.性習慣への偏狭性
13.量として認識される「民衆」
14.貧弱な語彙と平易な構文による、創造的で批判的な思想の制限

この、14をみていると、いまのアベ政治や自民党のあり方が、これに重なるとところがあります。
また、巷の雰囲気もここに書かれている状況と似てきています。いま、これから日本はどのような方向に進むのか、いや進めるのかを考えて、聞く耳を持たな政権ですが、声を上げるべきは挙げていかないといけないと思う。


1.伝統崇拝とさまざまな矛盾を含んだ混合主義。
大日本帝国憲法と自民党の憲法草案には類似性がある。天皇制を崇拝し、個人の人権より公益と秩序、言い換えれば国益が優先する。また、個人は日本人として国のためにある。などの考えです。
自民党草案の前文に、「日本国は、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴いただく国家であって、」とあるが、日本の民族宗教だる神社神道と天皇が結びついたのは、明治政府の統治上の国策から国家神道が生まれたものです。平清盛の時はまだ天皇が政治の権力を握っていました。しかし、その時代は権力闘争が熾烈でした。平家が滅び源頼朝が鎌倉幕を起こすと、天皇は政治の実権をなくしました。それ以降、江戸幕府の幕末までその状態が続きました。特に江戸時代は泰平で江戸幕府の将軍は、江戸の庶民に公方様と親しまれていました。そのため新たに政治の実験を握った新政府は、いかに江戸市民を取り込むかに腐心しました。江戸庶民に新政府が受け入れられるため、天皇中心とした国家まとめ統治を考えました。そのなかで廃仏毀釈運動があり、国家神道が作り出されたもので、天皇家は天平の時代以前からあり、綿々と続いてきたが、国家神道は明治以降のものです。
それを、神代の時だから続いている崇高なものとっして、人々の心を駆り立てるのは矛盾がつきまとうと言える。
まさに、自民党はそれを憲法を変えて行おうとしているかのようです。

2,モダニズムの拒絶 啓蒙主義や理性は近代の堕落とみなす非合理主義
偏った原理的・伝統主義は、近代主義・現代主義としてのモダニズムや啓蒙主義や知性理性を拒否することになり、合理的・自然的理性との矛盾をが生まれてしまう。
とかくマスコミに圧力をかけ、秘密法を作り秘密を正当化し、情報をコントロールすることは、、国民を無知蒙昧な状態に陥れようとしてることになる。


3,「行動のための行動」を崇拝し、知的に対して猜疑心もつ。
次の批判の拒否とも関連するが、このところ自民党の批判を封じ込めようとするのは、責任者の私が言うことだからこれしかないとして、考えずに行動に移すことに重きをおく。国立大学の文系を軽視することにみられ、それは思考に去勢であり。その責任者自身が、憲法改正に意欲をしめしながら、立憲主義を否定したり、憲法の第一人者である芦部信喜氏の本を読んでいないのは、理性知性にもとり反知性主義そのものといえる。

4,批判の拒否 意見の対立は裏切り行為
混合主義とは、宗教で相異なる信仰や一見相矛盾する信仰を結合混合することで、習合主義、諸教混淆ともいう。これが、政治に使われると、対立する考えを思想体系を統合結合することであるが、ファシウムト結びつくと、批判を受け入れることができなくなる。
近代民主主義は、知識に発展は対立する意見に耳を貸すことにより発展してきた。自民党も第二次安倍政権が発足するまでは、玉石混淆ではあるが派閥間で磨きがかけれれてきたといえる。しかし、今の自民党をみると、対立意見を出すことは、信頼に反する行為であり敵とみなされる。自民党総裁選でも対立候補を出させないことなどまさにそういである。いままでリベラルと思われてきた、自民党議員や政治家は、沈黙を決め込んだり、進んでアベ政治にへつらっている。これはまさしく政党としての自民党の終焉といえる。政党でなくなった自民党が政治を執り続けるとなると、日本の民主政治は終焉することになるだろう。
しかもこれが、自民党内だけで済んでいればいいが、放送や新聞にも批判を許さなず、輿論もそうである雰囲気づくりがされてきている。

5.異質性の排除 よそ者排斥、人種差別。
日本は単一民族単一言語の世界に稀にみる国だと言う人がいる。
しかし、それは事実と違うことを知らないといけない。
沖縄は明治以前は琉球王朝があり、言葉も日本語とは違う。北海道にはアイヌ民族がおり、言語も違う。
しかし、それを認めようとしない人たちがいる。それらはそれらを異質なものとして差別をすることになる。
また、関東大震災の時に、朝鮮人襲撃事件が頻発したが、いま、ヘイトスピーチなどよそ者排除の動きがある。
これは、明確に人種差別である。
それが、意見の対立をも異質性のしるしとして排除差別がおきていることは、明確に人種差別主義になる。

6.妬み(ルサンチマン)との結合 個人もしくは社会の欲求不満から発生している
経済的差別や政治的な無意識の抑圧感により屈辱に不快感を覚え、下層社会集団の圧力に脅かされたことにより、中間層の欲求不満が、より弱者への攻撃になったり、ファシズムの温床をつくる。

つづく


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 首相は国民の生活をどこま思っているのか
    竹林泉水 (01/26)
    憲法には、国民が最低限の文化的な生活をすることをできるように保障する義務が国にもとめられている。しかし、最近の新自由主義のなかで、勝ち組と負け組ができるのはそれ
  • 首相は国民の生活をどこま思っているのか
    アジシオ次郎 (01/24)
    こんにちは。

    働き方改革と口で簡単には言うけれど、一方で格差社会に歯止めがかからない現状について目を向けてるのだろうかと思うし、いつまで経済成長しか考えないの
  • 首相は国民の生活をどこま思っているのか
    さくら (01/24)
    突然の訪問、失礼いたします。
    私はこちら⇒b--n.net
    でブログをやっているさくらといいます。
    色々なブログをみて勉強させていただいています。
    もしよろしかったら相互リ
  • 教員の長時間労働
    竹林泉水 (01/18)
    学校教育は私が教鞭をとっていた6-7年前に比べて今はどうなっているのだろうか。
    私が中学校で教鞭をとっていたころは、部活などの指導もあったが、特別支援学校で肢体不自
  • 教員の長時間労働
    アジシオ次郎 (01/16)
    こんにちは。

    教員の長時間労働問題については、中学校や高校で最もそれが躊躇に現れているとしか言えませんが、授業だけでも負担なのにやれ部活動だ自分のキャリアアッ
  • 男女均等
    竹林泉水 (01/10)
    年始早々 ご来訪ありがとうございます 今年もよろしくお願いします。
    日本国憲法の男女平等の権利は七〇年前にものですが、今でも先進的なものです。しかし現実は理想の
  • 男女均等
    アジシオ次郎 (01/06)
    こんにちは。

    日本は情けないというか嘆かわしいことに、男女平等率が低い部類に甘んじてる現状にあるが、政治や経済の面で女性議員が少ない、女性の管理職や代表取締役
  • 米否定決議に賛成は評価できる
    竹林泉水 (01/05)
    エルサレムに大使館を置くということに非難決議をしたのは、中東からの石油をとめられるより、ヨーロッパなどで起きているテロが日本でも起きる恐れが高まるでしょう。
    202
  • 米否定決議に賛成は評価できる
    アジシオ次郎 (12/31)
    こんにちは。

    アメリカがエルサレムに首都を移転することを非難する決議案について、日本が賛成に回ったことは有意義なことだし、アメリカ追随という印象を変えることに
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    01 | 2018/02 | 03
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR