FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

一般法律と憲法と平和主義

安全保障に関する関連法が成立しました。これは多くの人が反対し、ほとんどの憲法学者は違憲といっています。しかしその民意を無視しました。今後も丁寧に説明すると言うが、国会審議ではおよそ丁寧と言い難い答弁でした。さらには、いずれ時がたてば理解してくれるとまで言い放っています。

このことから、自民党が党是として自主憲法制定としていることから、次の出方はどのようなものかと考えてみた。
憲法はいまの法律の合わないので、憲法を変えると言ってくるだろう。立憲主義に全く反することだが、首相が「立憲主義は王政時代のものだ」といったり、内閣補佐官が「立憲主義という言葉を聞いたことがない。」などというのだから、いまのアベ政治にとっては、何ら不合理なことではないのだろう。
しかし、このことは現代の国際社会から見ると、そのような日本の政治のあり方は、不信感を与えることになる。
その時々の都合の良いように、法律を変え、それ合わせて憲法を変える。これでは、その国の方針が定まらず、外国からは信用されないだろう。
敗戦後日本は日米安保条約を結ばされたことにより、アメリカとの安全保障上のつよい絆がある。しかしそれは米国が押しつけたと言う憲法の下、事実上相互のものでなく、米国が日本を守ると言うことに偏重しているようです。

米国のする戦争に参加するよう言ってきても、憲法9条を楯に今まで政府は、戦争に参加する事を拒否する事ができた。

今後、安保法と自民党憲法案が通れば、米国はますます日本に軍事的協力を要請し、政府はそれの応じ傭兵のごとく自衛隊(自民党草案では国防軍)派遣するようになってしまうのではないか。

また、首相のメディアを通して国民への自分を誇示する写真をみていて、近隣の専制政治の国の指導者とだぶってきます。
自衛隊を視察したときは、迷彩服をきて戦車に乗ったり、米国原子力空母に乗艦したときは、艦載機に乗り込み誇らしげな笑顔をしていました。
近隣の若い指導者はよく、軍を視察し国民に向けてに同じようなことをしています。

戦争をしたい三代目のボンのように写ります。しかし隣の若いボンは万一、自分から戦争を仕掛けるとどうなるか、誰が考えてもそれは火を見るより明らかなので、そのようなことは絶対にしないでしょう。ただ、今まで同様にいろいろと難癖をつけてせびってくるでしょう。

しかし、日本のボンは日本は世界第3位の経済たいこくであり、性能の良い軍事兵器を持ち、その質量とも世界のトップクラスであることに誇りを持っています。
また、世界の警察と言われる米国との共同行動をすることが、世界平和になり日本がそれに大きな貢献することは重要なことと考えているようです。


それが、本当にそうなのでしょうか、むしろ日本の国際的な信頼は、世界に稀にみる憲法を持っていることが、こくさいてきな信頼をえてきました。その方針を180°転換してよいものでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 夏のサンマ
    竹林泉水 (06/02)
    逆に一年間漁をやめるなどしてはどうだろうかと思うが、それでは漁業者の生活権を奪うことになる。また、今まで、外国人に日本の美味しい食材を紹介して、それを海外に売り
  • 夏のサンマ
    荒野鷹虎 (06/01)
    漁獲量は年々細くなっていますが、資源本来の減少も一因と思います。期限を撤廃するのは大きな間違いと思います。
    資源は有限ですから資源保護政策をとる必要はあると思い
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    07 | 2019/08 | 09
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR