FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

倫理的な消費

消費者庁が「倫理的な消費」の啓蒙と育成と言っているが、「倫理的消費」とはなんだろうか。どうやら、自然や社会に配慮した消費と言うことらしい。
日経新聞によると、セブン&アイ・ホールディングスや三越伊勢丹ホールディングスが、英語で倫理的を意味する「エシカル」を経営の指針や店頭キャンペーンに掲げているのが代表例としている。

最近は環境問題やエコなどに関心を持つ消費者が、それらに配慮した商品を優先して買う人もいる。
その商品が生産・流通過程の過程で地球環境への負荷が小さいか、商品製造の工場などの労働環境が良好か、地域に貢献する商品かなどだそうだ。
地域に貢献した商品とはどのようなものだろうか、地産地消と言うことをらしいが、必ずしもその地域の産物が、環境に配慮し安全なものかというとそうではない。それより、生産者と消費者の顔が見え合えることが重要で、それにより商品にたいする信頼が高まることが大切ではないだろうか。
私の小さいころは、豆腐や味噌や漬け物や薩摩揚げ等の練り製品やうどんなどは、地域でつくられて地域の中で消費されるものが多かった。しかし、現在は大量生産で大量消費されることにより価格を安くされている。
街の市場の豆腐屋さんでは、安かろうで粗悪な豆腐をつくっても、一時的に売れたとしてもそれは売れないだろう。いやむしろその豆腐屋さんは客が離れていきつぶれてしまうだろう。良質な豆腐をつくっていくと、そこには顔を見合わせることができる信頼関係うまれ、顧客がつき売り上げも高くなるだろう。

企業の工場等から作られるものは、また商品を安く仕入れ大量に売る量販店はどだろうか、その労働環境はどうであろうか、いわゆるブラック企業などは到底その倫理的消費にあたらない。しかし、得てしてそのような量販店が、自分の所の商品は倫理的商品だと言って販売してはいないだろうか。

消費は美徳として短期で商品を買い換え使い捨てることに対し、ヨーロッパでは反省され、エシカル消費が広がっているそうです。
また、日本では東日本大震災以降、よい商品を購入して被災地域を応援支援するために購入しようという動きもある。

これらのものは倫理的なものと言うなら、それは上からこのようなものだと言えるものではない。
しかし、なかにこれは一つの商機として、倫理的と国や公的機関が基準を設け、認定した商品だけに認証ラベルを発行する案もあるときく。まったく、おかしな話です倫理的だとかの基準を決めること自体が、すでに倫理的でなくなってきていると言える。

そもそも消費に倫理的なものがあうだろうか、そして商品や商品を選ぶのに倫理性を求めることがよいのだろうか。それより、売る側が倫理的な商売や企業活動をするかしないかで、倫理性が商売になると考えること自体がおかしいです。いまの経済活動は利潤を追求しすぎ、金融経済があって企業活動や商業活動ができるという考えになってしまているから、このような「倫理的消費」なる言葉が生まれるのだろう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

消費社会への警鐘

こんにちは。

日本はモノが有り余ってるが為に、大量消費を良しとする社会になってますが、果たしてそれで豊かさを感じてるのかとも思うし、モノの有り難みを知らず、すぐに使い捨てたり買い換えたりするのって「もったいない」以外の何物でもないです。
日本は変にアメリカを意識し真似るせいか、アメリカ型消費社会、使い捨ても平気ですると言うことが当たり前になっているけど、ムダなものまで買っては捨ててを繰り返してますが、それでホントにいいんでしょうか? 小売店や企業は儲かるかも知れないけど、儲ければいいなんて考えは拝金主義にしか映りません。

ヨーロッパではアメリカ型消費社会をダメと見なして最低限のものしか持たないと言う今日本でも進んでいるミニマリスト社会が喜ばれますが、モノが大量にあるからってそれが豊かさの象徴ではないとの意識から出たのだと言っていいかも知れません。
買うにしても、ホントに自分に必要なを見極め、長く大事に使おうと言う意識を持つことが日本の消費者にも求められますね。

「ムダ使いは最大の最悪」なる格言もありますが、この格言を理解することも大事だと思うね。

Re: 消費社会への警鐘

江戸時代は、循環型経済とういか、物を最後の最後まで使いきっていました。始末の極意とか遣り繰り算段などの言葉は、もはや過去のものとなってしまています。
ケニアのワンガリ・マータイさんは、MOTAINAIを提唱しています。日本語のもったいないです。少し前までほとんどの日本人はこれを実践していたのではないでしょうか。

明治時代も大正のころも日本はまだまだ貧しくかたですが。心にゆとりがあったのではないかと思います。
戦争に負けたころは極貧で、私の小さいころも駅の片隅には、物貰いの傷痍軍人だけでなく、靴磨きの人や、おこもさんがいたりしました。

しかし、いつの間にか高度経済成長をはたし、使いつての消費は美徳と呼ばれる生活になれてしまっています。
食べ物も、私の子どもや孫は、家でも外食でも、食べ残しても何とも思っていないようです。

いちばんたいせつなのは、欲はとどまることをしらないので、「吾唯知足」だと思います。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 安倍首相の愛国心とは
    本当に教員? (09/10)
    興味ある内容なので拝読したが「教育勅語」を親孝行等の道徳ではなく戦争に洗脳させるためだとか思い違いも甚だしい。
    貴方が現役の教員であれば授業中が退屈で眠気が襲っ
  • トランプは白人至上主義者か
    アジシオ次郎 (08/07)
    おはようございます。

    アメリカにおいてまた立て続けに銃乱射事件が起こったけど、テキサス州・エルパソでのケースは容疑者がヒスパニック系に対する憎悪感丸出しの書き
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    09 | 2019/10 | 11
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR