FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

戦争をしない国 明仁天皇メッセージ

戦争をしない国 明仁天皇メッセージ
    戦争をしない国 明仁天皇メッセージ
    

敗戦から、今まで明仁天皇陛下が、皇太子殿下時代から歌として、お言葉として述べられてきた、国民へのメッセージが詰まっています。
今の、明仁天皇がいかに国民のことを思っているかがよくわかります。
それに対して、今の政治のリーダは国民より、宗主国?の方に気を遣い、片や相矛盾するようにかつての日本の栄光を夢見ている人の言葉とは大違いです。

この明仁天皇陛下の、歌で詠まれたり、お言葉として国民に向けられたメッセージをよむと。天皇陛下の国民へ向けられる気持ちは並々ならぬものを感じます。

保阪正康氏の「天皇 「君主」の父 「民主」の子」を読んでも、自分が始めた戦争ではないが、過去の戦争の過ちを悔い反省し国民への寄り添ったお考えを持っておられることを感じます。

    天皇 「君主」の父 「民主」の子」

そして、自分は天皇になるしかなく、そのことから逃げることができないことをよく自覚されています。それは、天皇が15歳の時に英語の授業で、「将来、何になりたいか書きなさい」と言う課題に、「I shall be Emperor.(私は必ず天皇になります)」と回答したということです。天皇はこのことについて、1987年9月の即位の1年4ヵ月前にアメリカの報道機関からの質問に、「普通の日本人だった経験がないので、何になりたいと考えたことは一度もありません。皇室以外の道を選べると思ったことはありません」。と答えています。

また、先の戦争で唯一地上戦が行われ、多くの犠牲者をだした、沖縄に対しての思いれも深いものがありあます。皇太子時代に沖縄を訪問する前に、「石ぐらい投げられてもいい。そうしたことに恐れず、県民のなかに入っていきたい」とのべられています。そして、沖縄訪問をしますが石以上の、大きな抗議が皇太子を待っていました。しかし、それ以降も何度も沖縄を訪問し「花よおしやげん(ゆうしゃぎゆう) 人(ふいとう)知らぬ魂 戦(いくさ)ないらぬ世よ(ねらぬゆゆ) 肝(ちむ)に願いて(にがてい)」(花を奉げます 人知れず亡くなった多くの人の魂に 戦争のない世を 心から願って)と詠い。沖縄戦の最激戦地に建てられている『魂魄の塔』に花を奉げています。
そのように沖縄訪問を繰り返すことにより、沖縄の人たちは天皇に好感を抱く人が多いです。
米軍と共同作戦を海外で展開できるようにする首相は、帰れと罵声を浴びされれたのと大違いです。

このほかに、この本には、広島長崎の原爆、自然災害や公害のこと、また戦争で外国に迷惑かけたことなど、そしてこれからの日本がどうあってほしいか、皇太子時代や天皇のメッセージが載っています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 地球温暖化の問題点
    竹林泉水 (01/15)
    年始葬送のコメントありがとうございます。
    今年もお互いに良い年でありますようねがっています。

    ハイ 温暖化問題の解決の一番は、私は人間活動に足るを知ることだと考
  • 津久井やまゆり園の裁判
    アジシオ次郎 (01/13)
     遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

     さてやまゆり園無差別殺傷事件の被告に対する初公判は、開廷して被告が謝罪したと思いきや突然口に手を突っ込むとい
  • 地球温暖化の問題点
    荒野鷹虎 (01/10)
    温暖化問題は難解ですねー。
    直ぐ原発再稼働に走りがちになりますのでとんだ飛躍ですよねー。
    水力や風力発電はいかがなものでしょうかね。
    恐ろしいことが現実化されてい
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    03 | 2020/04 | 05
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR