竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

日本人の偉さの研究

国会図書館のデジタルライブラリーにで、おもしろい本を見つけた。「日本人の偉さの研究」 中山忠直 先進社

発行が、昭和6年9月15日で、その三日後の18日に満州事変(柳条溝事件)が起こり、15年戦争の始まった年であす。それにより、日本は次第に議会勢力が後退して、軍部勢力が増大し全体主義が擡頭していきました。ですから、この本の「日本人の偉さの研究」タイトルからして、大概の内容の察しがつくと思います。
序文や、目次を見ると、櫻井よしこや安倍晋三が小躍りして喜びそうな文言が並んでいます。

序の冒頭は次のように始まります。
「時代は移った。西洋を盲目的に崇拝する事を、真理の探求と感ちがひして新しがったり、意味なく日本を軽蔑して、同胞から優越を感じたりする處の、錯覚的賢人主義の時代は過ぎてしまった。ー西洋有難家の御本尊様の西洋から、逆に日本が尊敬される出されては、如何に西洋崇拝病が膏肓に入った重病患者も、多少は自覚せずには居れなかろう。ー今はまさに其時期である。」

このごろ書店に行くと、三種類の本が山積みされているのが目に付きます。
一つは、嫌韓論、嫌中論の韓国や中国などを誹謗し攻撃するほんです。
もう一つは、今の政治の在り方を、戦後民主主義の危機として、自由と個人の権利の重要さを説き、民主主義と平和主義の大切さをかいたものです。
最後の一つは、戦前の日本を美化したり、大東亜戦争の正当性を述べたものや、天皇制の国家主義的な良さを訴えているものです。

この「日本人の偉さの研究」が出版されたときと、いまの日本の巷の雰囲気は、同じような状況ではなかったかと、この本を読んでいると思います。

日本が、明治憲法ができた明治22年以来、日清戦争、日露戦争、と戦争に勝ち進んできました。そのことに、岡倉覚三が「茶の本」で、「日本がこの平和でおだやかな技芸にふけっていた間は、西洋人は日本のことを野蛮な未開国だとみなしてきたものである。それが近頃になて日本が満州を戦場にして敵の皆殺しに乗り出すと、日本は文明国になったというのである。・・・中略・・・戦争というおそろしい栄光によらねば文明国と認められないというのであれば、甘んじて野蛮国にとどまることにしよう。・・・以下略」と書いています。

岡倉覚三は、明治維新後の近代化の名で西欧化路線が主流と廃仏毀釈の時代に、フェノロサと日本の文化伝統を研究するために、古寺を廻ったときにその荒廃を目の当たりに見ています。西欧に追いつき富国強兵に邁進して、伝統的な日本文化をなおざりにされているのをみ、日本の将来を長い目でみるには、日本の伝統文化を評価するべきものだと考えていました。それにより日本文化の再発見を試みた本と言えます。同じように日本のよいところ見直そうとした「日本人の偉さの研究」ですが、その思想は真逆の本といえます。

この本の目次を見ると、
第一章日本人の科学的才能は世界一
第二章なぜ明治以前に日本の科学の発達は阻止されたか
第三章日本人はなぜ強くて利巧か
第四章日本主義の科学的論
第五章日本の未来
とあります。

そのなかで、第三章日本人はなぜ強くして利巧か、ではおもしろいことが書かれている。
日本人は強いのはなぜか、それは日本の米が粘着性があるからだ。切手の裏につけてある糊は日本米出ないとつくれないとか書かれている。この切手は今は合成のPVA糊が使われているようだが、以前はアラビアゴムが使われていた。戦前はどうかしらないが、この本には切手に始めから塗ってあるようにかかれているが、昔は今のように糊が塗られていなかったと聞いたことがある。私の小さい頃は封筒をするとき、ご飯粒を水でふやかし潰して糊にして使っていた。それと同様に、切手を使うときに、それと同じようにすることを書いてあるのだろ。
また、木材も日本の桐は粘着性があり、下駄にすると割れないが、ドイツから輸入された桐は直ぐに割れてしまう、建築の足場の木材も、日本の杉は強いがアメリカ杉は太くても折れてしまう。今は荷造りは段ボール箱が使われているが、私の小さい頃は薄い杉の板が使われ板が、この本にはアメリカ等から輸入されてた杉の箱は二倍の厚さだとかかれている。
そういえば、垂木の杉と、油絵のキャンバスの枠の杉とは全然違う。キャンバスにするアメリカ杉はどう見ても建築資材には使えそうにないです。
紙は日本の和紙がつよく、そのなかでも鳥の子紙は絶品で、二千年以上もち、第一次世界大戦の講和条約は永久に保存しないといけないので、日本の鳥の子紙が使われたと。
ほかにも、日本の革わ強いとか、日本人女性の髪の毛は織物などにするため輸出され、西洋人の髪は薬品に耐えられず、支那人も同じで、朝鮮人は凝塊してしまうので日本人の髪がいいとかいてある。
そして、それは、日本人が肉体的にも精神的にも弾力に富んで、世界的に希有な特質だと褒めている。


そして、おもしろいのは、日本人は、腰が強いとかいてある。
日本文化は、腰を重用ししている。腰の着いた言葉もおおい「腰を据える」「腰が入る」「腰を落ち着ける」とか、「へっぴり腰」「及び腰」「浮き腰」などたくさんあります。
この本では、世界的に見て日本人ほど腰の強い民族はいないといい、それ日本人の生活様式が坐ることにあるといっています。「日本人の坐る事は安息でなく、むしろ一種の労働であて、安楽椅子にもたれて居るのとは自から選を異にしてゐる。坐つて居ることは実は常に脊椎をまつ直ぐに保って、倒れまいとする労働であり、而して立ち上がるには一々腰を過分に使わねばならぬ。ーこれに加ふるに日本の便所の構造が実に腰を使わねばならぬ事になってゐる。
確かに明治時代の荷夫が荷を担いでいる写真を見ると、自分の背丈より高さのある荷を担いでいる。江戸時代の、魚・野菜などをてんびん棒で担いで売り歩いている棒手振りや、夜泣きそばなどを市中を廻って売って居る姿の絵も、屋台を担いでうっている。江戸時代は道が舗装だれていないので、一般に大八車などを使うと轍ができるので禁止されていたと聞きます。ということは、屋台を担って売り歩いていたのは誇張でないでしょう。

現代の日本では、便所は西洋式の座る便器だが、しゃがむ便器だと、かがむ事で腰が鍛えられ、さらに立ち上がるときにも腰の筋肉をつかう。そうなると、椅子に座る生活が多くなった現代では、以前の人より腰がよわくなってきているのはたしかだろう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 安倍内閣改造
    アジシオ次郎 (08/05)
    こんにちは。

    お友達内閣と揶揄された反省から、今回は異なる派閥からすすんで入れた改造内閣、バランスいいとはいうものの、女性閣僚が2人だけというのは男性優位色が
  • 見ざる聞かざる言わざる
    竹林泉水 (07/30)
    いつもコメントありがとうございます。
    三猿の教えは、子どもより大人の方が三猿について考えないといけないでしょうね。

    一つのことしか知らない大人になるのは、人それ
  • 見ざる聞かざる言わざる
    アジシオ次郎 (07/26)
    こんにちは。

    周りをよく見る・すすんで自分の意見を言う・人の話を聞く。当たり前の常識だが、子供に説くのも大事だが大人も改めてそれを認識してそれに基づく正しい行
  • アベ政治はクーデター
    竹林泉水 (07/19)
    政権を握っているのでクーデタだと言えるのでは

    しかし、安倍晋三の頭の中の辞書には、民主主義の言葉はあるが、政治家としての誠実さをなかなか感じることができないので
  • アベ政治はクーデター
    雲と風 (07/18)
    勉強になりましたが、「安倍政権はクーデター」でしょうか? 権力と威嚇によるテロリズムだと思います。内閣府の中の一派が壊憲と日本の民主主義制度の堕落無力化を共謀し
  • 教育福祉などへの株式参入は
    竹林泉水 (07/12)
    なんでも自由競争になれば、サービスの質が向上すると考えるのは間違いで、鉄道などで見ると都市部はサービスが向上するが、過疎部では反対で最悪の場合は撤退になります。
  • 教育福祉などへの株式参入は
    アジシオ次郎 (07/10)
    おはようございます。

    教育や福祉に株式参入することは、教育や福祉をビジネスに利用しかねないし、アメリカ式の市場主義経済に基づく価値観を正当化しかねないです。た
  • 食べることは殺生をすること
    竹林泉水 (07/06)
    日本人は頂きます・ご馳走様と日本人なら誰でもいいますが、外国の方はどうなのでしょうか。キリスト教のクリスチャンなら食前食後の祈りがあります。
    私は中高とミッショ
  • 食べることは殺生をすること
    アジシオ次郎 (07/05)
    こんにちは。

    人間は生きる為に他の生物の命を奪わなければいけない。と言う「原罪」を背負っている以上、食べると言うことはそうなのかも知れないです。動物の命を奪い
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    07 | 2017/08 | 09
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR