FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

飲酒禁止令

西日本の端の自治体の首長が、職員に一ヶ月間の禁酒令を出すという、ニュースが新聞に載っていたが、その後どのようになったのでしょうか。

飲酒運転をすること事態間違っているのはもちろんだ。飲酒運転をして見つかれば、事故を起こしてなくても懲戒処分の規定は、あたりまえの時世です。私の勤めていた市でも、何か職員が事件・事故・不祥事を起こす度に、教育長や市長から教育公務員として私生活も含めて自覚を持つようにいわれ、そのなかに飲酒運転のことは必ずあり、くれぐれもしないようとの通達が何度となくでました。そして、市民の目は厳しく公務員は自らを律し率先垂範しなくてはならない、また飲酒運転には厳正に処分をすると付け加えてありました。

しかし、この自治体の市のように飲酒すること事態を、一定期間であれ禁止という、通達は聞いたことがありません。

いまや自治体の職員に関わらず、会社などでも社員が飲酒運転をすることは、今は重大な問題です。
飛行機や、鉄道や路線バスなどを運転する人は、法律や会社の規定などで、乗務の一定期間前の私的な時間であっても飲酒は禁じられています。それは、利用者の生命を守るために当然のことです。

しかし、この自治体のように私生活の関わることを、首長が一律に鶴の一声のように、職務命令もどき押しつけをするのは、あまりにも短絡的すぎないでしょうか。たしかに飲酒に関わる不祥事が立て続けに起き、首長の気持ちも充分わからないでもないです。しかしその前にやることがあるのではないでしょうか。
関西の自治体の入れ墨アンケートの件といい、トップが部下に対し綱紀粛正を旗に、職員を締め付けていくのは、何とも息苦しさを感じます。しかもその風潮がなんだか、全国に広がっているように思えます。

その締め付けがひいては職員のやる気や活性を失い、市民サービスに跳ね返っていかないかと思います。特に市民と直接接している現場では、市民の立場で考えて業務をこなしていたのが、上の顔色を窺いながらになると、規程通りのことしかなされなり、業務の処理までに時間もかかるようになるでしょう。
人は何人であっても、何人の個性を侵害するようなことは許されないものです。それは上に立つ者のほどそれらに気を使わなくてはならないでしょう。
そして綱紀が守られ正されるのが、指導力というものです。首長のこのような私生活関わるようなことまで、話題が及ぶことのは己の人間としての指導力のなさを表しているものではないでしょうか。今までの様子を見ていると、段々と内容がエスカレートしているようにで、今後は、役所内がもっと険悪になってくのなら、その被害を被るのは誰なのでしょうか。

私はなにも、今の公務員の意識がよいとは思っていませんし、このままにしていていいとも思ってはいません。管理職は自らを律するとともに、部下である職員に適切な研修を行う必要もあるでしょう。また自ら職員が自分の役職とはなにかどうあるべきかなどの研修を行うのもよいと思いいますが、この点は組み合活動も絡んでくるので難しいのでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2020/07 | 08
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR