FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

スリ傷を調理用ラップで治す その3

スリ傷を調理用ラップで治す その3
16日のブログに載せて十日たちます。

怪我をしたのが、15日ですからちょうど11日です。
皮膚の表皮が剥けて真皮層も傷ついているほどでしたが、かなりいい加減ラップを当てていたのですが、ほとんど治ってきています。

調べると、正しい方法はラップにワセリンを塗る、そのラップで傷口を覆う ラップが外れないように絆創膏で止める書いてあります。

しかし、私がしたのは水道水で洗い、綺麗な布で水気をとり、ラップを被せただけです。
そして、常に傷口をラップで覆ってはいなかったです。ラップを被せているだけですから、取れてしまうこともあります。面倒なのでほって置いたら、傷口が乾燥してきました。あまりよくなさそうなので、再び傷口を水で洗い湿らし、ラップを被せる程度でした。それでも、順調に治っています。

この治療法は、人の皮膚が再生する生理機能を、充分に生かした治療法と考えられています。消毒すると菌も死ぬ人間の細胞は菌より弱いので、消毒薬で細胞が傷ついてしまう。これでは良くないので、消毒はしない。
細胞の再生には乾燥が大きな障壁になるので、傷ついた傷口は乾燥させない方がよい。

今までの西洋医学の常識的な治療法は、通常に治療法は最近などに感染したり化膿したりするので消毒をする。ジュクジュクさせていると膿む可能性があるので乾燥さる。
だけど、私がこのラップの治療を自分の身体で、試してみようと思ったのは、生化学的に傷が治る過程の、理にかなっているからです。


ただこの方法は、多くの医師は今までの治療法違うので、反対をする人や異論を唱える人が多いです。
私自身の身体で試し、治りも早く綺麗に治りそうな結果が出そうです、この方法をためされるのは、自己責任でなされてください。

詳しくは夏井睦医師のWeページhttp://www.wound-treatment.jp/wound111.htmに詳しく書かれているので、そちらを参考にしてください。


また、夏井睦医師は幾つか本も書かれているので、それを買われて読まれるのもいいと思います。

私は、怪我をしてから買ってみました。
「傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学」夏井睦 光文社親書

現代医学はそれぞれのことが細分化しすぎて、いろいろな症状に対して専門医ですらわからなくなってきて、検査検査の検査漬けになっています。
その点東洋医学である日本の漢方や中国の中医などは症状からその人の体質や生理にあった方法を見つけ治療をします。
そうなると、この傷が治る生理現象を生かした方法は人の身体に一番優しいのではないかと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 伝統食
    アジシオ次郎 (12/03)
    おはようございます。

    食の多様化による一方で加工食品やファストフードなどの台頭もあり本来の食文化をすすんで食べるという意識が低下したり、前述の加工食品やファス
  • 人工知能
    荒野鷹虎 (11/23)
    今年も終わりますが、白内障手術の結果が悪く、
    昨日は瞳孔を開いたのでまぶしくPCを開けませんでした。それに結果が悪かったもので気落ちもしましたしたしね^^。泣き)
  • 安倍首相の愛国心とは
    竹林泉水 (09/12)
    > 戦争に洗脳させるため

    皇祖皇宗の天皇の国であるから、その臣民は天皇のために命を捧げることを惜しんではいけない。

    戦後教育を受けた私には、受け入れられないこ
  • 安倍首相の愛国心とは
    本当に教員? (09/10)
    興味ある内容なので拝読したが「教育勅語」を親孝行等の道徳ではなく戦争に洗脳させるためだとか思い違いも甚だしい。
    貴方が現役の教員であれば授業中が退屈で眠気が襲っ
  • トランプは白人至上主義者か
    アジシオ次郎 (08/07)
    おはようございます。

    アメリカにおいてまた立て続けに銃乱射事件が起こったけど、テキサス州・エルパソでのケースは容疑者がヒスパニック系に対する憎悪感丸出しの書き
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    11 | 2019/12 | 01
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR