竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

ブログを書くについて、思うこと

ここ数日、文部省の教科書「民主主義」の内容を紹介ばかりです。なぜわたしが、この本を紹介してしまうのか。それは、今の国会運営を見ていて、あまりにも質疑の応答が、一方的で誠意がないからです。議席の数の力で押し通そうとするのは乱暴です。その乱暴は独裁的にしか感じられないからです。
自民党は選挙結果の数字の面だけをとらえて、国民に新任されたといい、白紙委任状を手に入れたとして、自民党の公約をすべて賛成していると言わんばかりです。
しかも、半数ほどの棄権者があります。一区一人しか当選しない、小選挙区に多数の人が立候補しています。そして、当選者のなかで、その選挙区の過半数以上を獲得した人はどれだいるでしょうか。

このことから、今の国会の議席数と国民の政治に対する考えとは、大きくかけ離れ乖離しているのです。
それを、素直に受け入れず、国会で多数の議席を保持しているから、何をしてもよいと、考えているようにしか思えないです。
そして、どの候補者であれ投票した候補者に対して全面的に信任支持した人はいないでしょう。これとこれの公約は支持できるが、別のこの公約はいかがなものかと、危ぶむものもあるはずです。
しかし、今の安倍政治の進め方は、今までの自民党の政治の進め方とちがい、「この道しかない」と突き進んでいまます。これは、ここの意見を聞き入れると、政治が停滞して決められない政治だ、私が責任者だから黙ってついてこい。全体の利益が上向くと、いずれ個々の末端まで行き渡る、それまで我慢しろという。
これでは、まるで全体主義であり、独裁的です。
この「民主主義」の教科書が作られたのは、先の大戦で、日本国民の数百万と言う民間人と軍人が死に、そして、国土は焦土とかしました。また、周辺諸国にも何百万人の死者をだし、その土地も荒廃させてしまいました。
そのような戦争に突き進んだのは、国民のほとんどが、この戦争は正義の戦争で正しい。日本は神の国だから間違いは犯さない、必ず勝つと信じていました。そのうえ国民は、天皇の子とであるから臣民して、天皇の為に死ぬことは美徳と刷り込まれていました。
そのような国民に、新憲法ができ民主主義を行き渡らせるために作られた教科書です。

いま、戦後70年日本は、他国に一度も攻めいったことはないです。それより日本の平和貢献は高く評価されています。そろためか、平和ぼけをしてしまい、民主主義と自由と人権尊重と平和が空気のようになり、その大切さが感じられなくなっているといえるでしょう。
だからこそ、敗戦直後に出された民主主義とは何かを、中高生に問うたこの本を、今の中高生や大人たちにも読むに価値ある本だと思うので、今まで長々と紹介してきたのです。

私のブログは、本来は」からだとこころ」のことや、古典などを読んで思ったこと、日頃の自然のうつろいなどを核つもりでした。今の、世の中のあり方や進み方をみてつい、最近のような記事を書くこと事ばかりになってしまっている。
そろそろ、初心に戻ってブログを書いて生きたいと思う。しかし、今のままではどうなるやら。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 茶番の衆議院選挙
    アジシオ次郎 (10/05)
    おはようございます。

    民進党の解体、小池百合子東京都知事が立ち上げた希望の党、ハッキリ言って今回の選挙は乱立の様相を呈しそうですが、野党票割れを起こして自民党
  • 独裁者の国会解散
    竹林泉水 (09/26)
    > 政策に反対表明するための無抵抗なデモ行進、座り込みや集会を無理に解散させようとする警察官たちが、職務とは言え反対する人たちを排除しようとするのを見るとむし
  • 独裁者の国会解散
    風と雲 (09/24)
    民主的な選挙で政権交代がなされるようになり、政府への反対で暴力を使うことは、民衆の支持を失い反発され逆効果になるようになりました。>政策に反対表明するための無抵
  • 独裁者の国会解散
    竹林泉水 (09/24)
    日本人は長いものにはまかれろ、付和雷同性の国民性もあるのは確かだと思います。それは別段日本人に限ったことではないと思います。
    第二次世界大戦でフランス政府はドイ
  • 独裁者の国会解散
    風と雲 (09/23)
    かかる為政者の存在を許してきたのは、日本人の「ながいものにまかれる、お上に任せば・・、なるようにしかならない」と付和雷同性の強い国民性に由来するものではないでし
  • フェイクニュース
    アジシオ次郎 (09/16)
    おはようございます。

    ネットの普及に伴い様々なニュースが見れるようになった昨今、ただ自分の好みに合った情報しか信じないという弊害が出ることもそうだし、多様性を
  • ギャンブル依存症に顔認証は問題
    竹林泉水 (09/10)
    顔認証技術が進み、個人の識別だけに利用されるならまだしも、個人の管理に利用されるのは非常に問題が多いと思います。

    松井知事の発言があまり問題になっていないのも不
  • ギャンブル依存症に顔認証は問題
    アジシオ次郎 (09/09)
    こんにちは。

    いくらギャンブル依存症対策とはいえ、入場確認や顔認証システムを導入するのは一部から「プライバシーの侵害だ」と批判を浴びてもおかしくありませんね。
  • 終戦の日の前後のテレビ番組
    竹林泉水 (08/23)
    国際的な政治・外交問題は素人的な言い方をすれば、早い者勝ちで勝ち逃げすればセーフ的なところがありますね。
    国の名前に「帝国」冠して大日本帝国として、そのころ時代
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    09 | 2017/10 | 11
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR