竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

民主主義 2

13日に、1948年に文部省が中高生向けの「民主主義」という教科書に書かれている「ほととぎすの托卵」の話をした。この話は、「民主政治の落とし穴」という項に書かれています。
その次の項には「多数決と言論の自由」があり、言論の自由の大切さがわかりやすく書かれている。長くなるが全文を紹介してみる。
     民主主義上  民主主義下


 多数決と言論の自由

多数決の方法に伴なうかような弊害を防ぐためには、何よりもまず言論の自由を重んじなければならない。言論の自由こそは、民主主義をあらゆる独裁主義の野望から守るたてであり、安全弁である。したがって、ある一つの政党がどんなに国会の多数を占めることになっても、反対の少数意見の発言を封ずるということは許されない。幾つかの政党が並び存して、互に批判し合い、議論をたたかわせ合うというところに、民主主義の進歩がある。それを、「挙国一致」とか「一国一党」とかいうようなことを言って、反対党の言論を禁じてしまえば、政治の進歩もまた止まってしようのである。だから、民主主義は多数決を重んずるが、いかなる多数の力をもってしても、言論の自由を奪うということは絶対に許さるべきでない。何事も多数決によるのが民主主義ではあるが、どんな多数といえども、民主主義そのものを否定するような決定をする資格はない。

 言論の自由ということは、個人意志の尊重であり、したがって、少数意見を尊重しなければならないのは、そのためである。もちろん、国民さえ賢明であるならば、多数意見の方が少数意見よりも真理に近いのが常であろう。しかし、多数意見の方が正しい場合にも、少数の反対説のいうところをよく聞き、それによって多数の支持する意見をもう一度考え直してみるということは、真理をいっそう確かな基礎の上におくゆえんである。これに反して、少数説の方がほんとうは正しいにもかかわらず、多数の意見を無理に通してしまい、少数の人々の言うことに耳を傾けないならば、政治の中にさしこむ真理の光はむなしくさえぎられてしまう。そういう態度は、社会の陥っている誤りを正す機会を、自ら求めて永久に失うものであるといわなければならない。

 だから、多数決によるのは、多数の意見ならば正しいと決めてかかることを意味するものではないのである。ただ、対立する幾つかの意見の中でどれが正しいかは、あらかじめ判断しえないことが多い。神ならば、その中でどれが真理であるかを即座に決定しうるであろう。しかし、神ならぬ人間が、神のような権威をもって断定を下すことは、思い上がった独断の態度にほかならないのである。さればといって、どれが進むべさほんとうの道であるかわからないというだけでは、問題はいつまてたっても解決しない。だから、多数決によって一応の解決をつけるのである。つまり、多数決は、これならば確かに正しいと決定してしまうのではなくて、それで一応問題のけりをつけて先に進んで見るための方法なのである。

それでは、対立する幾つかの意見の中でどれが正しいかは、いつまでたってもわからないのであろうか。
いや、決してそんなことはない。正しい道と正しくない道は、やがてはっきりとわかる時が来る。何でわかるかというと、経験がそれを教えてくれるのである。神ならぬ人間には、あらかじめその区別を絶対の確実さをもって知ることはできない。しかし、一応多数決によって問題のけりをつけ、その方針で法律を作り、政治をやってみると、その結果は、まもなく実施の上に現われて来る。公共の福祉のためにやはりそのほうがよかった、ということになる場合もある。逆に、多数の意見で決めた方針がまちがっていて、少数意見に従ておいた方がよかったということが、事実によって明らかに示される場合もある。前の場合ならば、それはそのまゝでよい。あとのような場合には、少数意見によって示された方針によって法律を改め、政治のやり方を変えていく必要が起こる。その場合には、国民はもはや前の多数意見を支持しないであろう。反対に、今までは少数であった意見の方を多くの人々が支持するようになるであろう。そうなれば、以前の多数意見は少数意見になり、少数意見は多数意見に成長して、改めて国会で議決することにより、法律を改正することができる。このようにして、法律がだんだんと進歩して言って、政治が次第に正しい方向に向かうようになって行く。かくのごとくに、多数決の結果を絶えず経験によって修正し、国民の評判と協力とを通じて政治を不断に進歩させて行くところに、民主主義のほんとうの強みがある。少数の声を絶えず聞くという努力を怠り、たゞ多数決主義だけをふりまわすのは、民主主義の堕落した形であるにすぎない。
独裁者は豪語する「予の判断に狂いはない、予の示す方向は必ず正しい。人民どもよ、黙ってついて来い。批判や反対は許さない。現在の犠牲をいうな。将来の幸福は予が保障する。よしんばおまえたちは苦しみの生涯を送るとしても、その苦労はおまえたちの子孫の幸福となって実を結ぶ。だから、しんぼうせよ。民族の繁栄のために。国家の発展のために。」と。
国民の大部分は、独裁者のこの予言に陶酔する。他の人人は、これを疑い、これに反対の考えをいだいているが、その気持ちをおもてに表せば縛られる。だから、しかたなしについて行く。独裁者の予言がとほうもないから手形であったことがわかる日まで。
この独裁者のごうまんなことばに対して、民主主義は説く。「政治は国民の政治である。政治のもたらす福利は、国民自ら刈り取ることができる。しかし、それには、国民自身がよく土地を耕し、よい種をまき、除草や施肥や灌水に不断の努力をしなければならない。いろいろと困難な事情があるこの世の中で、みごとな政治の実をみのらせるにはどうすればよいのか。その方法は、国民自らが考え、だれでもが遠慮なく意見を言い。みんなの相談で決めて行くべきだ。しかし、意見が一致することは容易にありえない。だから、多数決によって一つの方針を採用し、みんだでその方針のもとに協力していく必要がある。もし多数決で決めたやり方が悪ければ、その結果は秋の収穫の上にはっきりと現われるであろう。そうしたら、来年はその経験を生かして、別の方針でやってみるのがよい。そうやって行くうちに、今日の困難はだんだんと克服されて、国民自身の幸福のためのりっぱな政治のみのりをあげることができるに相違ない。多数決を結論が時にまちがうことがあるからといって、多数決の方法を捨ててはならない。多数決の方法を捨てれば、必ず独裁主義になる。多数決の方法をとりながら、多数決の犯した間違いを、更に多数決によって正してくのが、ほんとうの民主主義である。」と。



今の安倍政治のやりかたは、報道機関に圧力をかけたり、自分たとの考えと違う番組は改編させたり、自分たちに都合が悪い報道をする新聞社は潰さないといけないといったり、こらしめなといけない。などなど国民の先頭に立って民主主義を護り実現していくべき国会議員の言動とは思えないです。
また、首相の使うことばにも「私が責任者だ、これしかない、いましかない、やるときはやる、」。安保関連法案は国民の多くが疑問いおもっているのに「決める時に決めていく、これが民主主義だ」。アベノミクスではトリクルダウン理論をもちだし、「徐々にあふれ落ちる、浸透する」と言い、大企業に好景気が出始めたら、末端までその利益が届くまで時間がかかると言っています。これらの言葉を聞くと、独裁者が「予の判断に狂いはない、予の示す方向は必ず正しい。人民どもよ、黙ってついて来い。批判や反対は許さない。現在の犠牲をいうな。将来の幸福は予が保障する。よしんばおまえたちは苦しみの生涯を送るとしても、その苦労はおまえたちの子孫の幸福となって実を結ぶ。だから、しんぼうせよ。民族の繁栄のために。国家の発展のために。」と言っているのとよく似ています。

また、新国立競技場の問題で今まで先延ばしにしてきたが、国民がその巨額の工事費と技術的な難しさに関心をもち始めると、一から見直して建設費の安いものにすると言い始めています。しかし、国民生活にもっと関係ある、TPPや原発問題はあまり公にすることを渋っているように見えます。自分たちに都合が悪いことはできるだけ隠し、どうにもならなければ新国立競技場のように逃げる。まさに、政治をわがものとして自分は最高責任者きどりは、独裁者そのもののように見えます。
関連記事

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 安倍内閣改造
    アジシオ次郎 (08/05)
    こんにちは。

    お友達内閣と揶揄された反省から、今回は異なる派閥からすすんで入れた改造内閣、バランスいいとはいうものの、女性閣僚が2人だけというのは男性優位色が
  • 見ざる聞かざる言わざる
    竹林泉水 (07/30)
    いつもコメントありがとうございます。
    三猿の教えは、子どもより大人の方が三猿について考えないといけないでしょうね。

    一つのことしか知らない大人になるのは、人それ
  • 見ざる聞かざる言わざる
    アジシオ次郎 (07/26)
    こんにちは。

    周りをよく見る・すすんで自分の意見を言う・人の話を聞く。当たり前の常識だが、子供に説くのも大事だが大人も改めてそれを認識してそれに基づく正しい行
  • アベ政治はクーデター
    竹林泉水 (07/19)
    政権を握っているのでクーデタだと言えるのでは

    しかし、安倍晋三の頭の中の辞書には、民主主義の言葉はあるが、政治家としての誠実さをなかなか感じることができないので
  • アベ政治はクーデター
    雲と風 (07/18)
    勉強になりましたが、「安倍政権はクーデター」でしょうか? 権力と威嚇によるテロリズムだと思います。内閣府の中の一派が壊憲と日本の民主主義制度の堕落無力化を共謀し
  • 教育福祉などへの株式参入は
    竹林泉水 (07/12)
    なんでも自由競争になれば、サービスの質が向上すると考えるのは間違いで、鉄道などで見ると都市部はサービスが向上するが、過疎部では反対で最悪の場合は撤退になります。
  • 教育福祉などへの株式参入は
    アジシオ次郎 (07/10)
    おはようございます。

    教育や福祉に株式参入することは、教育や福祉をビジネスに利用しかねないし、アメリカ式の市場主義経済に基づく価値観を正当化しかねないです。た
  • 食べることは殺生をすること
    竹林泉水 (07/06)
    日本人は頂きます・ご馳走様と日本人なら誰でもいいますが、外国の方はどうなのでしょうか。キリスト教のクリスチャンなら食前食後の祈りがあります。
    私は中高とミッショ
  • 食べることは殺生をすること
    アジシオ次郎 (07/05)
    こんにちは。

    人間は生きる為に他の生物の命を奪わなければいけない。と言う「原罪」を背負っている以上、食べると言うことはそうなのかも知れないです。動物の命を奪い
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    07 | 2017/08 | 09
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR