竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

敗戦と憲法

時代を読む 「民族」「人権」再考 加藤周一 樋口陽一 岩波現代文庫(1997年5月小学館より刊行)2014年5月文庫化を読み始めた。

この本を読んでいて、敗戦により今の憲法が押しつけられた、今の民主主義は押しつけられたと人がいる。しかし、国民学校5年生だった、樋口はこれでやっと、戦争が終わった、死ななくて済むという、開放感があったという。加藤は26歳で、やはり死ななくて済んだという思いと、いままで言論弾圧思想統制などからの解放感と、敗戦という感情があったといっている。
そして、特高や憲兵や軍人がいなくなり世の中からの圧迫感がなくなった。解放感は、言論の自由や主権在民が保障され、男女平等も明記された憲法ができたことだという。これは、GHQ案を基に作られた憲法でも、そのような思いは多くの人が肯定し今までの抑圧されたものから、解放されたと言う思いがある。

一方に、今まで権力を握っていたものや、今までの既得権を持っていた人からすると、押しつけられた憲法だという思いがある。財閥解体や農地解放や貴族制度の廃止など、戦前のいままでの体制が、180度の転換を強いられた人からすれば、そう感じることは当たり前だろう。

確かに、GHQ占領下に9日間で、素案を作った憲法であり、日本国内の内部から作られた憲法ではない。。
しかし、GHQは帝国政府にポツダム宣言受諾して、無条件降伏をしたことを踏まえて、新しい日本の憲法を作り直すように求めてきました。しかし、当時の日本政府はポツダム宣言を踏まえての(ポツダム宣言の10項に次のように書かれている。日本国政府ハ日本国国民ノ間ニ於ケル民主主義的傾向ノ復活強化ニ対スル一切ノ障礙ヲ除去スヘシ言論、宗教及思想ノ自由並ニ基本的人権ノ尊重ハ確立セラルヘシ)、自由と民主主義国家の憲法を作る能力がなかったです。帝国政府が考えていた新しい憲法は、毎日新聞が松本草案としてスクープされ明らかになり、それはほとんど帝国憲法と変わらないものでした。GHQの最高責任者マッカーサーが、毎日新聞の記事を読み、連合軍の会議など関係上、日本をアメリカが統治し続けるには、この松本草案の代わりのものを発表させる必用があった問い聞きます。そのた連合軍の会議の日程上9日程の時間がなかったそうです。たしかに、時間的にみると拙速な作られ方です。しかし、その中身はアメリカからすると、他国であるアジアの小国の憲法を作るのですが、民主主義とはなにか、自由とはなにか、人権とはなにか、憲法とはどうあるべきものかなど、真剣に考え作られていることが、起稿から69年ほど経ちますが、今作られたと言っても遜色のないものといえます。
たぶん、世界中の中学生高校生に、現行に日本国憲法と自民党の憲法草案を読ませて、どちらが新しいかと聞くと、現行の日本国憲法と言うでしょう。

自主憲法制定推進を唱える人は、日本には長い歴史がある、日本独自の文化があると言い。西欧の民主主義が自由主義や人権尊重ではなく、日本のそれに基づいた価値観が込められた、憲法を作るべきだと主張します。しかし、自民党などの考え方のなかに、帝国憲法の前面に書かれている「朕祖宗ノ遺烈ヲ承ケ万世一系ノ帝位ヲ践ミ朕カ親愛スル所ノ臣民ハ即チ朕カ祖宗ノ恵撫慈養シタマヒシ所ノ臣民ナルヲ念ヒ其ノ康福ヲ増進シ其ノ懿徳良能ヲ発達セシメムコトヲ願ヒ又其ノ翼賛ニ依リ与ニ倶ニ国家ノ進運ヲ扶持セムコトヲ望ミ」を継承を願っている人もいるようです。日本は天皇を頂点とし、天皇の基に国を作るり、それが国の発展につながり、国民は国のために義務を果たさなくてはならないと言うようなのです。
日本は決して大和民族の単一民族国家ではないです。アイヌ民族や沖縄の人たちもいます。また、日本に帰化した多くの外国の民族の人たちもいます。それらの人たちはみな、日本国籍を持った日本人です。そして、それらの人たちはみな、現行憲法には13条に次のように書かれてます。「第13条すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」
この個人として尊重されるということは、その人の価値観や文化観はそれぞれ違いを認めるということです。
それが、自民党の考えでは、「個人」が「人」になり、「公共の福祉に反しない限り」が「公益及び公の秩序に反しない限り」そして、最後に、「最大の尊重を必要とする」が「最大限に尊重されなければならない」となっています。
些細な文言の違いのようにかんじますが、この部分を何度も読み返したり、他の条項でも、公共が公益なり秩序のことばや、国民への義務を課す文言が増えています。

私たちが今、自由に言いたいことが言え、好いたところにすみ、好きな事ができるのは、現行の憲法が国民の権利を保障し、国家などの権力が国民生活の介入する事を禁止しているからです。もしその箍はずれると、これからの生活は息苦しくなるでしょう。

現行憲法の99条に「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」と書かれているのに、国の最高責任者がはばかることもなく、憲法解釈をねじ曲げたり、改憲を唱えることは、明らかに憲法違反です。
また、現行の憲法を押しつけ憲法として、憲法無効だとしえ憲法を変えてしまおうという人がいる。それは、ポツダム宣言受諾を否定している事ともいえる。つまり、アメリカなどとは未だに戦争状態だということになります。そのアメリカと同盟関係の絆を深く持とうことは、論理矛盾がそこにあるといえます。そのことに今の、アメリカにすり寄る日本の指導者は、どのように考えているのだろうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • パレスチナの混乱
    アジシオ次郎 (05/22)
    おはようございます。

    イスラエル建国からずっと続くパレスチナ問題、アメリカが大使館をエルサレムに移転したことで混乱の火に油を注ぐ事態となったけど、アメリカは事
  • またまた憲法について思うこと
    竹林泉水 (05/18)
    安倍晋三氏は母方の祖父、岸信介が首相の以前から、憲法はGHQの素案に基づいて作ったもので、日本人が自らの手で作ったものを制定すべきという持論をもっていた。そこで
  • またまた憲法について思うこと
    風と雲 (05/17)
    全面的にお説に賛成です。憲法は逐条の内容で論ずるべきで、改憲か護憲かではなく、現状の権力構造が国民の幸福と人権を妨げることへの言及が不足する部分は強化するべきか
  • 麻生大臣の発言
    竹林泉水 (05/12)
    麻生大臣にかかわらず日本の人権感覚や女性が活躍する社会といいながら、このようなことを容認するような政権の体質にはうんざりとします。
    いかにあるべきなのでしょうか
  • 麻生大臣の発言
    アジシオ次郎 (05/11)
    おはようございます。

    セクハラ罪という罪はないなんてまた問題発言をしでかした麻生太郎副総理兼財務相、この人は度々問題発言をしては世間を騒がせてますが、今回のケ
  • 安倍政権の男尊女卑のような感覚
    アジシオ次郎 (05/01)
    こんにちは。

    政府や官僚がセクハラっていうかハラスメント全般を許されない・みっともない・立派な人権侵害である。と言う意識が全く無いというのは、ただでさえ人権意
  • セクハラは人権問題
    竹林泉水 (04/24)
    下村元文科相もひどいことを言っていますね。下村氏はもう少しましな人だと思っていたが、あきれてしまった。
    麻生副総理の「ナチに学んだら」や、石破氏の国会前の「テロ
  • セクハラは人権問題
    アジシオ次郎 (04/23)
    こんにちは。

    セクハラ疑惑で批判を浴びた財務省の次官といい、女性問題の責任を取って辞任した新潟県の知事といい、呆れるとしか言いようがないが、前者のほうが余計悪
  • 明夷待訪録 黄宗羲 臣下論
    竹林泉水 (04/20)
    たんめんさんコメントありがとうございます。
    わたしは、西田先生は存じ上げていないですが、この『明夷待訪録』はなかなかのものです。
    明朝清朝の時代から、このような考
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2018/06 | 07
    -----12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR