FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

憲法とはどのようなものだろうか 02

日本国憲法 前文

日本国憲法は次のような文言ではじまります。「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。」
このことばの初めの部分は、「・広く会議を興し万機公論に決すべし。・上下心を一にして盛んに経綸を行うべし」と趣旨はがよく似ているところがある。
これは、明治政府が発足するときに、時の天皇が発した五箇条の御誓文です、分りやすく言うと「政治は国会で審議し、世論に従って決めなければならない、それにより国を治める政策や対策を立てて実施されるようにする。」となるでしょう。
現行の日本国憲法のこの部分は特に日本語としても不可解なところがあり、GHQから押し付けられ英文を直訳したようだと言われている一つです。
ここに書かれていることは、「国の政治は選挙に選ばれた代表者で行われる、すなわ間接民主制の国民主権の国である。その選ばれた代表者の議会は、日本国だけのことでなく、交際協調主義で政治外交がおこなわれ平和主義のもと、自由と平等と民主主義の政治を行う」と言うことです。

次に書かれていいる「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。」は、民主主義の大原則をいっています。この部分はアメリカ独立宣言の「人民の人民による人民のための政治」を参考にして作られた言われその通りでしょう。民主主義国家なら当然のことが書かれてるといえます。「これは人類普遍の原理であり」は天賦の人権説でもあります。

*余談です。----
自民党の憲法草案のQ&Aに次のようなことが書かれている。〔人権規定も、我が国の歴史、文化、伝統を踏まえたものであることも必要だと考えます。現行憲法の規定の中には、西欧の天賦人権説に基づいて規定されていると思われるものが散見されることから、こうした規定は改める必要があると考えました。〕特にこの「我が国の歴史、文化、伝統を踏まえたものであることも必要だと考えます。・・・西欧の天賦人権説に基づいて規定されている・・・」は、憲法草案の前文に書かれている「天皇を国の元首として、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴いただく国家」と第一条の「天皇は、日本国の元首であり」を踏まえてであろう。これは現代の国際社会の民主主義のながれからしての天賦の人権説を、否定していると受け取れるものです。
----

「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」

ここでは、「・・・全世界の国民が、ひとしく・・・」に書かれているように、自国だけが平和であればよいというのでなく、積極的に国際貢献をすることで実現出来る。そして、それににより、国際社会の中においても平和を愛することは、人としての義務を忠実に果たすという性善説の理想を唱え、それを実現できるように実行し努力する。
しかし、今なお国際社会において、専制と隷従、圧迫と偏狭が存在しているからこそ、それらがなくなるように国際社会に働きかけていく。それは全世界の人々だれもが幸せで平和な世の中に生きる権利があるとするところにある。
改めて日本国憲法前文のこの部分を読んでいくと、冷戦が終わり平和な社会が訪れるかというと、今なお世界各地で戦闘が起こり、専制と隷従、圧迫と偏狭が存在しより混迷をふかめている。このような国際情勢だからこそ、積極的平和主義といい武力でもて武力を征するという考え方は憲法違反になると言える。


さらに、憲法の前文は次のようにつづきます。
「われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。」

個の前文に書かれていることは、夢物語のような理想を言っていることだが、だからこそその理想を自国だけが追求するのではなく、あらゆる国が追い求めるべき理想とするように努力すべきものと信じていく。

最後に次のように締めくくっている。
「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」
関連記事

テーマ : 憲法改正論議
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 安倍首相の愛国心とは
    本当に教員? (09/10)
    興味ある内容なので拝読したが「教育勅語」を親孝行等の道徳ではなく戦争に洗脳させるためだとか思い違いも甚だしい。
    貴方が現役の教員であれば授業中が退屈で眠気が襲っ
  • トランプは白人至上主義者か
    アジシオ次郎 (08/07)
    おはようございます。

    アメリカにおいてまた立て続けに銃乱射事件が起こったけど、テキサス州・エルパソでのケースは容疑者がヒスパニック系に対する憎悪感丸出しの書き
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    09 | 2019/10 | 11
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR