竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

ある一人の暴走を止める人は

衆議院議員選挙は、事前の予測どおり自民党の大勝になりました。

公約や街頭演説などでは憲法改正を小声でしか言っていなかったですが、予想通り安倍首相は憲法改正をすると唱えています。

これからは、誰が暴走をとめるか。一番は自民党のハト派でありリベラルな人たちですが、その人たちも以前は声をあげていましたが今は口をつぐんでしまったり迎合しています。
公明党かとも思うし大いに期待したいですが、集団的自衛権のときのように自民党に迎合して、公明党たる独自性がなくなってきているので期待できないです。
野党は多数乱立で百家争鳴となればいいのですが、それどろか烏合の衆と化して、期待するには程遠い状態です。

かといって、香港の学生の抗議デモのように、今の若い人や学生に力があるかというと、いささか頼りないですそうなると。
団塊の世代以前の人のリベラルパワーよ再びと叫びたいです。



以下の記事は、13日に載せたた記事を移動させたものです。


一人のリーダの暴走が

その組織の暴走になり

その国の政府の暴走になり

その国の世の中の暴走になる


ネズミを使った災害心理学の実験結果がある。
一匹のネズミをカゴに入れ、下から熱する。
ネズミは逃げ場を探し、カゴの隅みにある穴から逃げる。
次に、脱出経験のあるネズミと、別のネズミを入れる。
脱出経験がるネズミが脱出し、次に別のネズミも脱出する。
たくさんのネズミを入れる、我先に逃げようとしネズミは互いにぶつかり合い、
すべてのネズミが逃げることができなかった。


蜘蛛の糸
釈迦はある時、極楽の蓮池を通して下の地獄を覗き見た。罪人どもが苦しんでいる中に犍陀多という男を見つけた。犍陀多は悪党であったが、一度だけ小さな蜘蛛を踏み殺しかけて止め、命を助けた善行を成していた。それを思い出した釈迦は、彼を極楽へ導こうと、一本の蜘蛛の糸を犍陀多に下ろした。
極楽からの蜘蛛の糸を見た犍陀多は「この糸を登れば助かる」と考える。そこで蜘蛛の糸につかまって昇り始めた。ところが犍陀多が下を見下ろすと、地獄の罪人達が自分の下から続いてくる。このままでは糸が切れるだろう。犍陀多は「この蜘蛛の糸は俺のものだ。下りろ」と喚いた。すると蜘蛛の糸が犍陀多の所から切れ、彼は再び地獄に堕ちてしまった。
それを見ていた釈迦は悲しそうな顔をして蓮池から立ち去った。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自公圧勝で得るものは

 こんにちは。

 今回も自民党の大勝で終わった衆院選、自民党=安倍政権が強いのか、それとも野党が弱いのか、自公の圧勝で得るものとして一強多弱と言う構図がますます出来上がって、かえって暴走に走ってしまう懸念が出そうです。

 野党が弱く自分たちが高い支持を得ていることにつけ込んで解散し、結果自分たちが大勝同じすると言うことになったけど、そうさせたのは野党ではないだろうか、大義もなくただ与党の批判ばかりで自分たちなりのビジョンが感じられず、結果有権者の支持を得られなかったのは、自分たちの戦略のショボさを露呈したと思います。
 有権者も有権者で、与党の暴走に歯止めをかけたいけど野党があまりにも頼りない為、消去法で自民党に入れた、結果自民党の圧勝につながったのも強ち的を得てます。
 弱い野党に政治に対する厳しい目があまりない有権者、有権者の見る目も問われそうなものではないだろうか。

 若い世代や学生に期待したい、って20代の投票率がすこぶる低下傾向にある今、どうやってこれからの世代に対して政治に対する目を養えと言いましょうか。
 
 日本より先に総選挙を実施したスウェーデンでは、全体での投票率が80パーセントと高かったことはいいことに映ったけど、小学生のうちから政治に対する理解と興味を持たせる教育をしてきた賜物だと思います。模擬選挙なりして政治の仕組みを学んだり、政治がいかに自分たちの生活に影響をもたらすものかと言うのを子供のうちから理解させることで、政治に対する興味が自然と出てくるのも当然の結果だけど、それに引き換え日本、テストに出るかどうかとか入試に出るかどうかとか、ペーパーテストで競わせる教育ばかりで大事なことを全然教えないから、政治に対する目が養われず、成人になっていきなり政治参加しろと言われてどうしたらいいか分からない、または興味を持てないからと言う理由で投票に行かない、結果として若年層の政治離れは進んで若年層の意見が反映されないと言う悪循環を引き起こすことにもなってますが、自分に関心がないから興味がないからって理由で棄権するのは義務を放棄するようなものです!!

 無関心がダメな政治、行き過ぎた政治を招くことを有権者は理解すべきなんじゃないだろうか? 特に若年層や今後選挙権を持つ世代に対してこう言いたくなります。

 大勝したのをいいことに行き過ぎた方向に向かわねばいいと思うが、それには政治家だけじゃなく有権者が政治に対して厳しい目を持ち、それに歯止めをかけるブレーキのような役割を持つことが求められます。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非身に来て下さいませ。 → http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-4522.html

Re: 自公圧勝で得るものは

ねじれ国会、決められない政治が悪い、 民主党が情けなすぎた確かにそうなのですが。
マスコミが書き立て結果的に、自民党を支援していたようです。
折角小選挙区制にになり、2大政党時代がくるかと思えば、一強多弱の図式になってしまい、これでは小選挙区制では、自民党に有利にしか働かないです。

しかし、それでも自民党が国民の為を思って、政治を運営するならよいと思います。
しかし、今の安部政権は自分の個人的な理想とする形を作ることに躍起になっているように思えます。
今の憲法は押しつけであるからとして、自主憲法を作る。それは、天皇を元首として国民主権をうたいながらも、国民の権利に制限を加え、公益国益を重視する体制を作ろうとしています。
安部氏の口癖に、大企業が儲かれば国民の生活もよくなると言っています。しかし、国民の一番望むものは自分達の人権を重視し自由な民主的な生活です。しかし、安部氏の言葉のウラには、寄らば大樹の陰で政府がお膳立てするから、自由好き勝手は許されない、国民は国のために働けと言っているようなものです。

安部首相の理想とする政治をこれから、特定秘密法や集団的自衛権行使を閣議決定で決めたときのようにどんどんと強行してくるかもしれません。衆議院選挙で議席をいただき、国民からお墨付きをいただいたのだから、いたので大儀があるというでしょう。

それにしても、投票率の低さは驚くばかりです、いまの安部政権の傍若無人の暴走に呆れかえり政治を見放してしまったのでしょうか。それこそ国民はそれに対し大きな付けを負わされることになります。

私の小学校中学時代は学校で、先生が政治の大切さを教えてくれました。しかし、今は教育現場で学校は教師は中立出なくてはならないと言われ、世の中の今の流れなどを授業の合間に口のすることなどが憚かられ、そのようなこと言わないように自粛してしまっています。

また、これらマスコミがどのようなあり方をとるのか、それがこれからの日本を大きく左右すると思います。いろいろな人が政府の行いに対して声を上げています。霞ヶ関や国会議事堂の前で抗議しています。しかし、自民党は放送局に公平公正にと言って、そのようなことがニュースになるのを嫌っています。
このままでは、マスコミは政府の報道機関になってしまいそうです。事実NHKには「政府が右と言ったことは左と言えない」などと言う人が会長に使命しています。
国民にいろいろな情報が手に入り難くなると、国民は自分で判断が出来なくなり、流れに流されてしましいます。
そのようなことが起きないように、マスコミやジャーナリストの責任と使命は大きい言えるでしょう。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 茶番の衆議院選挙
    アジシオ次郎 (10/05)
    おはようございます。

    民進党の解体、小池百合子東京都知事が立ち上げた希望の党、ハッキリ言って今回の選挙は乱立の様相を呈しそうですが、野党票割れを起こして自民党
  • 独裁者の国会解散
    竹林泉水 (09/26)
    > 政策に反対表明するための無抵抗なデモ行進、座り込みや集会を無理に解散させようとする警察官たちが、職務とは言え反対する人たちを排除しようとするのを見るとむし
  • 独裁者の国会解散
    風と雲 (09/24)
    民主的な選挙で政権交代がなされるようになり、政府への反対で暴力を使うことは、民衆の支持を失い反発され逆効果になるようになりました。>政策に反対表明するための無抵
  • 独裁者の国会解散
    竹林泉水 (09/24)
    日本人は長いものにはまかれろ、付和雷同性の国民性もあるのは確かだと思います。それは別段日本人に限ったことではないと思います。
    第二次世界大戦でフランス政府はドイ
  • 独裁者の国会解散
    風と雲 (09/23)
    かかる為政者の存在を許してきたのは、日本人の「ながいものにまかれる、お上に任せば・・、なるようにしかならない」と付和雷同性の強い国民性に由来するものではないでし
  • フェイクニュース
    アジシオ次郎 (09/16)
    おはようございます。

    ネットの普及に伴い様々なニュースが見れるようになった昨今、ただ自分の好みに合った情報しか信じないという弊害が出ることもそうだし、多様性を
  • ギャンブル依存症に顔認証は問題
    竹林泉水 (09/10)
    顔認証技術が進み、個人の識別だけに利用されるならまだしも、個人の管理に利用されるのは非常に問題が多いと思います。

    松井知事の発言があまり問題になっていないのも不
  • ギャンブル依存症に顔認証は問題
    アジシオ次郎 (09/09)
    こんにちは。

    いくらギャンブル依存症対策とはいえ、入場確認や顔認証システムを導入するのは一部から「プライバシーの侵害だ」と批判を浴びてもおかしくありませんね。
  • 終戦の日の前後のテレビ番組
    竹林泉水 (08/23)
    国際的な政治・外交問題は素人的な言い方をすれば、早い者勝ちで勝ち逃げすればセーフ的なところがありますね。
    国の名前に「帝国」冠して大日本帝国として、そのころ時代
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    09 | 2017/10 | 11
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR