FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

スタートレック DS9 星に死の満つる時

スタートレック ディープスペースナイン
第96話「星に死の満つる時」 The Quickening

ベシアとダックスとキラはガンマ宇宙域のテプラン星系内の星から発信されてい、「攻撃を受け、大規模な被害、死傷者多数」という断片的な内容救援信号をキャッチする。
ベシアとダックスはその惑星に転送降下する。そこはジェム・ハダーに破壊された星で、住民たちはブライトという生化学兵器によって、不治の病におかされていた。住民たちはみな安楽死を望んでいるので、家族や知人が集えるその安楽の場所と、苦痛から解放されるためのすぐに死ねる毒物を提供している、トレヴィアンという人のもとに集まっていた。それにたいしベシアは治療によって救おうとする取り組みにかかる。

転送降下で惑星に降りたつと、一人のブライトに罹った一人の女性が、「ここで死ぬのは嫌トレヴィアンのところへ連れてって」と言う。ダックスとベシアはトレビアを探してつれてゆく。
そこにはたくさんの患者がいるが、病院というよりホスピスのようなところだった。そこに来ている皆は、トレビアにお礼をいうが礼には及ばないとトレヴィアンはいう。
患者の一人タマルは昨日の朝発病したことを知ったが、取り乱さずに済んだのはここへ来られることを知っていたからだ、生まれて初めてベッドの上で、心地よい音楽を聴きながら眠りについた。そして「今朝は暖かい風呂に入って清潔な服に着替え、友人や家族とここにいる。ありがとうトレヴィアン、夢を全てかなえてくれた」そしてタマルは持っていた器の中身を飲み干した。
ベシアとダックスにトレヴィアンが付き添いかと聞く。
トレヴィアン「もう少し早ければ助けられた」
ベシア「ブライトの治療法はあるんですね」
トレヴィアン「発病すれば死ぬ」と否定する。
ベシア「助けられたといったじゃないですか」

トレヴィアン「この星にもかつてはあった、昔からこうだと思うのか、200年前までは君らと変わらなかった。都市を築き、近隣諸国を旅し、最強の国だと思い上がっていた。」「ドミニオンにさえ対抗できればという。決して逆らうな、そうでないと我々と同じような目に遭うという。」
トレヴィアン「ジェムハダーは見せしめとして、この星の世界を破壊したのだ。」「ドミニオンはその強さを我々の体に刻みつけるために、ブライトがもたされ、生まれつき冒され、発病すると傷が赤くなりまもなく死ぬ。ほとんどの人間は自分の子供ができる前に死ぬ、私のような者は珍しいとい。」

時急に、タマルが叫び声をあげ苦しみ出した。駆け寄るベシアにトレヴィアンはやめろという。診ようとするベシアを他の者も邪魔をするなといって止めようとする。
ベシア「死にかけているんだぞ」
トレヴィアン「死にに来たんだから当然だと言った。発病すると安らかに死ぬために家族や友人を呼び、ここへやってくるのだ。」
ベシア「自分の言っていることがわかっているのか」
トレヴィアン「与えた薬を飲めば数分で死ぬ。この病は死ぬまでに時間がかかる、誰だって苦しみたくない。望みをかなえてやっただけだ」
ベシア「ここは病院だと思っていた、あなたは医者だとという」
トレヴィアンは「患者の痛みを取り除く医者だ、君はタマルの死を邪魔した、出ていってもらおう」
ベシアたちは何も言わずに出て行った。

外に出るとベシアにエコリアという女性が「本当にお医者様」と話しかける。
ダックスとベシアはブライトの研究を続けるが行き詰まっていく。そのうち患者のスキャナーを使う。見る見るうちに赤い血管が広がってしまう。機械の電磁波が悪影響を及ぼすことが判り、ブライトの抗体づくりの研究は断念してシャトルに帰ることなる。
しかし、ベシアは彼らを置いては行けないと感じエコリアのもとに戻ることにする。
ある時ベシアがビーカーの中の液体をかき混ぜていると、エコリアの大動脈に注入した抗原の痕跡がないことに気が付く。エコリアの症状が悪化していくが、子どもを無事出産する。ベシアは赤ん坊を見て子どもにはブライトに侵されていない。しかし、エコリアはまもなく息絶えてしまう。
ベシアはトレヴィアンたちに見せる。
トレヴィアン「治療法があったのか」
ベシア「ワクチンだ、一刻も早く妊娠中の女性に接種した方がいい。母親は助けられなくても子供は守れる」
トレヴィアン「ブライトの脅威からか」
ベシア「ワクチンは簡単に作れるが、全員分を作るにはかなりの負担がかかる」
トレヴィアン「負担じゃない、特権だ。作り方を教えてくれ」
ベシア「そう言ってくれるのを待ってた」
ベシアは赤ん坊をトレヴィアンに抱かせると、赤ん坊の顔を見てトレヴィアンは笑った。

この、「星に死の満つる時」の大まかなあらすじです。

安楽死の問題をあつかったエピソードと戦争による化学兵器や細菌兵器への警鐘や、エボラ出血熱などの未解明の病や、不治の病などにどう向き合うべきかについて考えさせるものです。
安楽死を推奨する者も、医療を信じそれを否定する者も、患者のことを思っていることは同じことが、トレヴィアンが赤ん坊を抱いて笑ったことや、エコリアのところに訪れたときの言葉からもわかります。
寝ているエコリアの、頭の血管に薬を塗る者がいる。トレヴィアンだ。
目を覚ましたエコリア「私死ぬのと」
トレヴィアン「望むなら痛みを終わらせてやる。君の子供も苦しまずに済む」
だがエコリアは首を振り、だめ、この子には生きる権利があるという。
トレヴィアン「産んでもブライトで死ぬだけだという」
ベシアが戻ってきてトレヴィアンに「往診はしなかったはずだが」
トレヴィアン「私のところへ来たくても来られないんじゃないかと思ってね」
ベシア「わからない、なぜ人を死に急がせるんだ」
ベシアがトレヴィアンに「なたは誰よりも長くブライトと共に生きているのにという」
トレヴィアン「誰より多くの犠牲者を見てきたからだといい、子供が無事産まれることを祈っている」

昨日の記事で、アメリカ人女性の安楽死のことにについて書きましたが。医療技術や社会制度が昔と違い変わってきているので、これから私たち一人一人が向き合って考えていかないといけない課題だと思います。そして一つのルールをつくるのかいく通りかの考えがあって、それを選択していくのがよいのか複雑な問題だと思います。


この、「星に死の満つる時」一つのスタートレックのドラマとしては、医療をテーマにした、オーソドックスなヒューマン・ドラマで斬新なテーマでもなく、特にSFとしての話の必要でもない話です。しかし、ヒューマニズムとして押さえておくべきポイントが押さえられて、見る者に対して問いかけてくるものがあるところがよく。そしてドクター・ベシアが一人の普通の人間として描いているところも面白いと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 維新の会 丸山穂高氏の発言 記事追加
    竹林泉水 (05/16)
    私は丸山氏の日頃の言動をよく知らないので、何とも言えないがマスコミやネットなどを見ていると、もともと議会制民主主義の国会議員としてのあるべき資質を否定しているよ
  • 維新の会 丸山穂高氏の発言 記事追加
    アジシオ次郎 (05/15)
    おはようございます。

    その場の勢いで言ってしまったと言えばそれまでだが、政治家がこのような発言をすることは大変不適切で国内外で問題になりかねないレベルです。

  • 日米首脳会談と拉致と核の問題
    竹林泉水 (05/04)
    北朝鮮が日本を攻撃する可能性は極めて低いです。しかし、在日米軍基地を攻撃する可能性はあるが、そうなうとアメリカは我が国の基地が攻撃されたとして真珠湾の時のように
  • 日米首脳会談と拉致と核の問題
    風と雲 (05/02)
    全くお説の通りと思います。北の非核化が進まない限り拉致問題は解決されないように仕向けているのは政権の狙いでしょう。国民の大半が拉致家族に同情していることをいいこ
  • プラスチック
    アジシオ次郎 (04/27)
    おはようございます。

    プラスチック製のストローやコップを廃止する動きが目立つ現代、海洋プラスチックゴミの問題を受けての措置だが、プラスチックゴミを減らす為には
  • タイタニックジョーク
    竹林泉水 (04/19)
    アジシオ次郎さんコメントありがとうございます
    最近、空気を読めないとかいろいろと自己主張をする人を、悪く言うならまだしも排除しようとするそれれこそ空気が流れてい
  • タイタニックジョーク
    アジシオ次郎 (04/19)
    おはようございます。

    日本人は自主性がなく誰かのすることに右に倣えをする国民性だとエスニックジョークのネタになっているけど、確かに日本人は指示待ち族が多く、自
  • ドイツの戦争補償
    竹林泉水 (04/03)
    コメントありがとうございます。

    私は過去の歴史を正面から見つめて振り返れり、過ち過ちとして認めることから始めるべきでだと考えます。
    しかし、敗戦時に連合国のポツ
  • ドイツの戦争補償
    風と雲 (04/01)
    大きくなるに従って、食べ物が良くなっていき、物が豊富になっていくのは自分の成長の故と思っていたのが、実は戦争があって痛めつけられた中から復興が進んでいたのだと分
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    04 | 2019/05 | 06
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR