竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

天台小止観を読んで 6-1-9

天台小止観 6-1-9

第六章「正修行」の触について。

次に、触であるが、感触のことである。様々な触る感触もあれば、寒暖の感触もある。それらをどのように受け止めて感じていけばよいのだろうか。
特に触ることはそのさわり方で大きく違ってくることを知っておく必要があるとおもう。
天台小止観のこの項には次のように書かれている。

○ 覚するところの触にしたがってすなわち化幻のごとくにして実ならずと知り、もし順情の楽触を受くるも貧著を起さず、もし違情の苦触を受くるも瞋脳を起さず、非違・非順の触を受くるも憶想分別を起さざれ、

手や肌に物がふれたときの手ざわり肌ざわりによって、化幻のようなものであって、実体があるものではないと知り、気にいっったもの楽しいものに触ることにより、うれしさを露わにしたり、気に入らないものに触ってもそれと反対に、怒りや嫌悪の気持ちを露わにしない。また、そのどちらでもないような感触も、憶測をめぐらしたりその是非を勝手に判断してしまわないようにする。

人の身体は宇宙が凝縮したものと、東洋思想や東洋医学や仏教では考える、この後に[頭等の六分が四大と和合せるを、これ名づけて身となす。]と書かれているが、六分とは頭、身体と四肢のことで、陰陽思想などで四大とはすべての物質を構成する要素で地・水・火・風のことです。
触れた時の感触は、心中の表に出ない感触と外見が一致しにくいものです。

触れることについて述べているが、ここで横道にそれるが、私は身体の運動が不自由な子供たちと接してきたが、そこで子供たちの運動改善のために、九州大学で研究開発されてきている、臨床動作法という療法を学習に取り入れてきた。そこでは、子供たちに実際に手で触れて、身体の動作の動きを伝え押していくのだが、そのときの触れ方により学習の度合いが大きく違ってくる。言葉ではなかなか説明できないが、適度な触れ方が必要になってくるのです。
このことは、わかりやすい例として、按摩や指圧などの治療で例えるといいかもしれない。触ることにより初めて治療できるものですが、療治者は患者に触れるに対して、その患部に対して適切に治療が施されるように触れなければならない、それが弱すぎても強すぎても行けないし、心地よすぎても不快に感じてもいけない。それは医療者としてその適切な感触を知って置かないと、相手を不快にさせたり痛がらせたりするだけで、治療効果はないと言える。


話を天台小止観のはなしにもどす。
○誰かよく触を受けん。和合の因縁もてすなわち身識を生じ、つぎに意識を生じて苦楽等の相を憶想分別す。故に名づけて触を受くとなす。すなわちまさに反って触を縁ずるの心を観ずべし。相貌を見ざらん。まさに知るべし。

和合のその触ろうとするものと触られるもの因縁は、その身のが感じ取るものでそれにより、その感触がどのようなものかを意識するのである。それが楽しいとか苦しいとかの感触になる。だからそこで、触ったことによる感じた感触よりその感じた心がどのようであるかを注意深く見ることが大切となる。
この触についても、今までのべてきた見る聞く嗅ぐ味わうなどと同じようおとりだと書いている。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 安倍内閣改造
    アジシオ次郎 (08/05)
    こんにちは。

    お友達内閣と揶揄された反省から、今回は異なる派閥からすすんで入れた改造内閣、バランスいいとはいうものの、女性閣僚が2人だけというのは男性優位色が
  • 見ざる聞かざる言わざる
    竹林泉水 (07/30)
    いつもコメントありがとうございます。
    三猿の教えは、子どもより大人の方が三猿について考えないといけないでしょうね。

    一つのことしか知らない大人になるのは、人それ
  • 見ざる聞かざる言わざる
    アジシオ次郎 (07/26)
    こんにちは。

    周りをよく見る・すすんで自分の意見を言う・人の話を聞く。当たり前の常識だが、子供に説くのも大事だが大人も改めてそれを認識してそれに基づく正しい行
  • アベ政治はクーデター
    竹林泉水 (07/19)
    政権を握っているのでクーデタだと言えるのでは

    しかし、安倍晋三の頭の中の辞書には、民主主義の言葉はあるが、政治家としての誠実さをなかなか感じることができないので
  • アベ政治はクーデター
    雲と風 (07/18)
    勉強になりましたが、「安倍政権はクーデター」でしょうか? 権力と威嚇によるテロリズムだと思います。内閣府の中の一派が壊憲と日本の民主主義制度の堕落無力化を共謀し
  • 教育福祉などへの株式参入は
    竹林泉水 (07/12)
    なんでも自由競争になれば、サービスの質が向上すると考えるのは間違いで、鉄道などで見ると都市部はサービスが向上するが、過疎部では反対で最悪の場合は撤退になります。
  • 教育福祉などへの株式参入は
    アジシオ次郎 (07/10)
    おはようございます。

    教育や福祉に株式参入することは、教育や福祉をビジネスに利用しかねないし、アメリカ式の市場主義経済に基づく価値観を正当化しかねないです。た
  • 食べることは殺生をすること
    竹林泉水 (07/06)
    日本人は頂きます・ご馳走様と日本人なら誰でもいいますが、外国の方はどうなのでしょうか。キリスト教のクリスチャンなら食前食後の祈りがあります。
    私は中高とミッショ
  • 食べることは殺生をすること
    アジシオ次郎 (07/05)
    こんにちは。

    人間は生きる為に他の生物の命を奪わなければいけない。と言う「原罪」を背負っている以上、食べると言うことはそうなのかも知れないです。動物の命を奪い
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    07 | 2017/08 | 09
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR