竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

争いによる負の遺産

世界には人類の行いで負の遺産と言えるものがある。しかし、記憶に残すため保存されず、忘れ去られようとしているもの、消し去られようとされているものも多くある。

・旧ソ連の、日本兵シベリア抑留の強制収容所
終戦後武装解除され投降した日本軍捕虜らが、ソ連によっておもにシベリアに労働力として移送隔離され、長期にわたる抑留生活と奴隷的強制労働により多数の人的被害を生じたことに対する日本側の呼称。彼らの墓地も各地に存在するが、現存するものは極めて少ない。
厳寒環境下で満足な食事や休養も与えられず、苛烈な労働を強要させられたことにより、多くの抑留者が死亡した。ロシアのエリツィン大統領は1993年10月に訪日した際、「非人間的な行為に対して謝罪の意を表する」と表明した


・旧ソ連の、強制収容所
『収容所群島』は、ソ連の作家、アレクサンドル・ソルジェニーツィンの記録文学。
旧ソ連における、反革命分子とみなされた人々に対しての強制収容所「グラグ(グラーグ)」への投獄、凄惨な拷問、強制労働、処刑の実態を告発する文学です。旧ソ連では統制が厳しいので出版できず、1973年から1975年にフランスで発売され、その後各国の言葉に訳され、人権上の大きな問題となった。この本のタイトルの「収容所群島」とは、広大な旧ソ連領内の各地に強制収容所が列島のように点在することから付けたと言われている。
旧ソ連が崩壊し、ロシアになり強制収容所は廃止されたのか、まだ存在しているのかはよくわかっていない。また、ロシアに限らず中央集権的な他の多くの国では、そのような施設が存在しているようです。一刻もそのような施設がなくなるように、国際的な運動が広がることが望まれるでしょう。


・アメリカの、日系人の強制収容所
第二次世界大戦中、12万313人の日系アメリカ人がアメリカ政府によって強制収容所に送られた。
日米開戦の翌年1942年に、アメリカ西海岸とハワイの一部の地域にすむ日系アメリカ人たちは、その7割がアメリカ生まれの二世で市民権を持っていたにもかかわらず、強制的に立ち退きを命ぜられた。なんの補償も得られないまま、かれらは家や会社を安値で売り渡さなければならず、中にはすべての財産を失ってしまった人もいた。
それから40年後の1982年、「戦時市民転住収容に関する委員会」は、「大統領行政命令9066号は軍事的必要性によって正当化できるものではない。あらためて歴史的にその原因をさぐれば、それは人種差別であり、戦時ヒステリーであり、政治指導者の失政であった」と、ようやくみとめ謝罪された。


・アメリカの、先住民の居留地、
増え続ける開拓移民の前に、圧倒的な武力を背景に白人側はインディアン部族に土地の割譲を迫り、インディアン部族はわずかな年金と引き換えに条約を呑まざるを得なくなっていく。
東部の豊かな土地を所有していたインディアン部族の多くが、何のゆかりもない数千km離れた西部の土地へ強制移住させられた。(→涙の旅路)この強制移住は、数百数千に上る部族民の途上死を招いた。また、この部族収容は、スー族とポンカ族や、モードック族とクラマス族など、対立していた部族同士に同じ保留地をあてがう無神経なものであったため、部族間で抗争を引き起こす元となり、またこれは保留地を没収し縮小する口実とされた。


このアメリカ連邦政府の行いは、アメリカだけにいえることでなく、南北アメリカ大陸全土に対していえることであり、インカ帝国の滅亡など高度な文化を持っていた民族をも滅亡に導いている。
また、アメリカ大陸に限らず、アジアやオーストラリアやオセアニアやアフリカなどの人々にも言えることでしょう。

また、先に書いたシベリアの抑留所や強制収容所は、古代の奴隷制度的と言っても言い過ぎでないかもしれない。それは、今の日本ではなかなか想像できないことであるが、ついこないだまで実際に存在したもので、今もそのようなことが行われていると言われている。
私たちが再びそのような過ちを繰り返さないためにも、そのようなことが行われることがあると想像できるようにあらなくてはならないと思う。
そのことがそのような過ちを繰り返さない、そのようなことが起きても抗議の声があげることができると思う。決してそのようなことに無関心でいてはいけないと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 こんにちは。

 戦争等がもたらしたことにより「負の遺産」とされたものは幾多ありますが、アメリカの日系人強制収容所などだけでなく、負の遺産に登録されるに値するものはいくらかあると思いますね。

 ソンミ村、ベトナム戦争時にアメリカ軍が非武装のベトナム市民を無差別に虐殺した事件の地(この地をとってソンミ村虐殺事件とも呼ばれる)、これがきっかけでベトナム反戦運動が高まり、アメリカに対する批判も起こった。

 スレブレニツァ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナにある小さな村、ボスニア紛争においてセルビア軍がボスニャク人を大量虐殺したことで有名になった(セルビア人がボスニャク人によって攻撃された報復として行った)。ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争を語る上で忘れてはならない場所。

 ニャルブイエ、ルワンダ虐殺において主要な事件であるニャルブイエの虐殺が起こった地、穏健派フツ族とツチ族が大勢犠牲となった。

 これらはいずれも戦争と言うより大量虐殺がもたらした悲劇の地だが、それらもまた忘れてはならないところであります。

教えていただきありがとうございます

いろいろ教えていただきありがとうございます。
戦争で相手国が捕虜や住民を虐殺ることがあるが、おっしゃるとおり内紛や内乱で今まで仲良かったのが、在ることを境に憎悪を積もらせて、他部族などを虐殺させてしまうことが、繰り返されているように思えます。
そのためにも、大量虐殺がもたらした悲劇を、忘れてはならないですね。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 首相は国民の生活をどこま思っているのか
    竹林泉水 (01/26)
    憲法には、国民が最低限の文化的な生活をすることをできるように保障する義務が国にもとめられている。しかし、最近の新自由主義のなかで、勝ち組と負け組ができるのはそれ
  • 首相は国民の生活をどこま思っているのか
    アジシオ次郎 (01/24)
    こんにちは。

    働き方改革と口で簡単には言うけれど、一方で格差社会に歯止めがかからない現状について目を向けてるのだろうかと思うし、いつまで経済成長しか考えないの
  • 首相は国民の生活をどこま思っているのか
    さくら (01/24)
    突然の訪問、失礼いたします。
    私はこちら⇒b--n.net
    でブログをやっているさくらといいます。
    色々なブログをみて勉強させていただいています。
    もしよろしかったら相互リ
  • 教員の長時間労働
    竹林泉水 (01/18)
    学校教育は私が教鞭をとっていた6-7年前に比べて今はどうなっているのだろうか。
    私が中学校で教鞭をとっていたころは、部活などの指導もあったが、特別支援学校で肢体不自
  • 教員の長時間労働
    アジシオ次郎 (01/16)
    こんにちは。

    教員の長時間労働問題については、中学校や高校で最もそれが躊躇に現れているとしか言えませんが、授業だけでも負担なのにやれ部活動だ自分のキャリアアッ
  • 男女均等
    竹林泉水 (01/10)
    年始早々 ご来訪ありがとうございます 今年もよろしくお願いします。
    日本国憲法の男女平等の権利は七〇年前にものですが、今でも先進的なものです。しかし現実は理想の
  • 男女均等
    アジシオ次郎 (01/06)
    こんにちは。

    日本は情けないというか嘆かわしいことに、男女平等率が低い部類に甘んじてる現状にあるが、政治や経済の面で女性議員が少ない、女性の管理職や代表取締役
  • 米否定決議に賛成は評価できる
    竹林泉水 (01/05)
    エルサレムに大使館を置くということに非難決議をしたのは、中東からの石油をとめられるより、ヨーロッパなどで起きているテロが日本でも起きる恐れが高まるでしょう。
    202
  • 米否定決議に賛成は評価できる
    アジシオ次郎 (12/31)
    こんにちは。

    アメリカがエルサレムに首都を移転することを非難する決議案について、日本が賛成に回ったことは有意義なことだし、アメリカ追随という印象を変えることに
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    01 | 2018/02 | 03
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR