FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

エルサレムの旧市街とその城壁群

エルサレムの旧市街とその城壁群

【エルサレムの旧市街とその城壁群】
1981年に登録された世界遺産(文化遺産)で、

ヨルダン川に近い要害の地にある城郭都市。世界三大宗教であるユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地として知られる。
ユダヤ教徒にとって、約束の地であり「嘆きの壁」とダビデの塔がある場所。
キリスト教徒にとって、イエス・キリストが処刑されたゴルゴダの丘に建てられた教会
イスラム教徒にとって、預言者ムハンマドが光りの梯子を上って天を訪れ戻った場所。
このように、ユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒の世界の35億人の聖地です。
しかし、この地は三つの聖地を巡る宗教間の争いの舞台となっていたが、それを決定的に拗らせ今の世まで引きずらせる原因をつくったのは、大戦中にイギリスが、戦いを優位に進めようとパラス地なの地に、ユダヤ人にはユダヤ国家樹立を約束し、アラブ人にはアラブ国家をつくることを約束する二重外交によるところが多きです。
宗教間の争いがあるとしても、大国の都合により小国が翻弄され争いが絶えない現状を作りだしてしまったといえる。その結果、文化遺産と同時に危機遺産にも登録されている。わたしが思うにそれに加えて、大国の横暴の犠牲になった負の遺産ともいえるのではないだろうか。(ユネスコの世界遺産には、負の世界遺産という定義はないが)

また、この「エルサレムの旧市街とその城壁群」は、例外的にヨルダン・アシェミッド国王が世界遺産として申請し、遺産保有国がない世界文化遺産になっている。
関連記事

テーマ : 聖地巡礼の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 こんにちは。

 パレスチナ問題の焦点となるのが、聖地の問題ですが、ユダヤ・キリスト・イスラムと3つの宗教が点在するモザイク地帯となっただけでなく、第1次大戦中のイギリスによる三枚舌外交のせいで、今もなお対立と紛争が続く要因となったのって、大国のエゴがもたらした副産物に見えます。だったらホロコーストを引き起こしたナチスよりも悪いんじゃないかって言われそうだが・・・。
 これは19世紀に西欧列強がアフリカを植民地支配したのと全く同じプロットです。大国の都合のいいように国境線を作ったせいで、混沌ばかりが残ったと言えます。
 アラブにせよアフリカにせよ、西欧の好き勝手で国境が作られたから。

 大国の横暴の犠牲者は常に小国。と言うけど、パレスチナとアフリカは最もそれが当てはまりますね。

 パレスチナはアメリカとイスラエルに対する反発が根強く残るが、三枚舌外交を引き起こしたイギリスに対しても相当な反発を抱いてるんでしょうかね?

Re: No title

アジシオ次郎さん、適格で簡素な解説ありがとうございます。

私も同様に、先進国?西欧の国などは、過去にトンデモないことをしています。帝国主義の植民地政策と自分は正義だと言う思いで、中東だけでなく、アフリカやアメリカ大陸、アジア オセアニアと地球上に争いの種を蒔き、その争いが未だに咲き続けていると思います。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 100年前の教訓
    レインボー (05/09)
    初めてコメントします。

    100年前のスペイン風邪が流行ですが、与謝野晶子の指摘、感心しました。
    ご指摘のとおり、100年前と同じことが繰り返されているとは、驚きました
  • 東京五輪の延期は
    竹林泉水 (03/27)
    オリンピックの開催はようやく、1年程度の延期との結論がでました。
    ただ、政府は新型コロナウイルスの封じ込めにどこまで、本気でいるのかヨーロッパやアメリカや韓国など
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    04 | 2020/05 | 06
    -----12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31------

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR