竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

地方創生について思う

安部政権の内閣改造の目玉の一つは、地方創生といえるでしょう。地方の過疎化が進み、消滅自治体が出てくると言われるなか、地方の活性化は喫緊の課題です。
それでは、安部政権の地方創生とはどのようなものだろうか。日経新聞によると霞ヶ関は沸き立ち、「地方航空ネットワーク」など、地方と中央との交通網などの整備による、景気対策で地方に箱物をつくり活性化を図るのがねらいのようです。それらは一時その地域を活性化させるでしょう。しかし、その箱物の維持費などは、地元の負担が増えるだです。また、今までの例からすると、中央と地方の交通網が整備されると、水は高いところか低いところに流れるように、経済も人口も大きいところに流れて行くのが繰り返されてきました。地方創生はそれにより、その地域はますます経済基盤が衰退し、人々は都会に流れていき過疎化が進んでしまう恐れが高いです。そしてその地方創生による箱物づくりの公共投資では、結局中央に集中する流れが加速される恐れが強いです。
真に地方を創生させるなら、その地域々々でそれぞれの地域の特色が活性化されることだと思う。地域の経済格差が多少あろうとも、その地方が独自の判断で自律でき、自活自立できることであす。そして国としてしなければけないのは、インフラのソフト面・ハード面が整備ができるようにする支援です。そして都会以上に地方の人が、安心して暮らせるように、福祉面の充実のための支援が必要でしょう。箱物の事業よりそれらの方へ目を向けて行くことを望むものです。
田中角栄首相は「列島改造論」により、日本中に縦横十文字と高速道路と新幹線を整備し、大都市と地方の格差をなくそうとしました。それはいま安部政権が構想している地方創生がその二番煎じになることがないように見ていきたいです。
地方での若い世代を中心に人口の流出に歯止めがかからず、地方の過疎化が進み行政サービスを行うのにも支障がでてきています。石破茂地方創生担当相は民放番組で、地方での雇用確保に全力を挙げる考えると言いました。しかし麻生氏が「これが地方創生だという定義がはっきりしていないように見える」と指摘ししています。そして近く発足する政府の「まち・ひと・しごと創生本部」の方針がどのようなものかを見ていきたいです。
増田レポートによると、2040年までに消滅する可能性のある自治体があるとされました。
確かに、人口減少と地方から都市部へ人口流入により、地方都市は人口減により行政サービスができなくなるものです。
その中で、2008年から出生数を死亡数が上回り、少子高齢化の自然現象としているが、少子化と高齢化は経済的な問題と子育て支援の問題であり、福祉と医療の発達によるもので、自然現象とは言えないのではないと思う。そのなかで、地方都市や過疎地域を活性化させるには、地方都市の中枢拠点を作るべきとしている。しかしそれはますますの過疎地域切捨てになりはしないかと思う。いままで、行政が公共投資をすると、それにハエのようにその事業に直接関係ないものまで群がり利権を得ようする者があらわれている。今回の地方と創生も同じようにならないか心配です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 安倍内閣改造
    アジシオ次郎 (08/05)
    こんにちは。

    お友達内閣と揶揄された反省から、今回は異なる派閥からすすんで入れた改造内閣、バランスいいとはいうものの、女性閣僚が2人だけというのは男性優位色が
  • 見ざる聞かざる言わざる
    竹林泉水 (07/30)
    いつもコメントありがとうございます。
    三猿の教えは、子どもより大人の方が三猿について考えないといけないでしょうね。

    一つのことしか知らない大人になるのは、人それ
  • 見ざる聞かざる言わざる
    アジシオ次郎 (07/26)
    こんにちは。

    周りをよく見る・すすんで自分の意見を言う・人の話を聞く。当たり前の常識だが、子供に説くのも大事だが大人も改めてそれを認識してそれに基づく正しい行
  • アベ政治はクーデター
    竹林泉水 (07/19)
    政権を握っているのでクーデタだと言えるのでは

    しかし、安倍晋三の頭の中の辞書には、民主主義の言葉はあるが、政治家としての誠実さをなかなか感じることができないので
  • アベ政治はクーデター
    雲と風 (07/18)
    勉強になりましたが、「安倍政権はクーデター」でしょうか? 権力と威嚇によるテロリズムだと思います。内閣府の中の一派が壊憲と日本の民主主義制度の堕落無力化を共謀し
  • 教育福祉などへの株式参入は
    竹林泉水 (07/12)
    なんでも自由競争になれば、サービスの質が向上すると考えるのは間違いで、鉄道などで見ると都市部はサービスが向上するが、過疎部では反対で最悪の場合は撤退になります。
  • 教育福祉などへの株式参入は
    アジシオ次郎 (07/10)
    おはようございます。

    教育や福祉に株式参入することは、教育や福祉をビジネスに利用しかねないし、アメリカ式の市場主義経済に基づく価値観を正当化しかねないです。た
  • 食べることは殺生をすること
    竹林泉水 (07/06)
    日本人は頂きます・ご馳走様と日本人なら誰でもいいますが、外国の方はどうなのでしょうか。キリスト教のクリスチャンなら食前食後の祈りがあります。
    私は中高とミッショ
  • 食べることは殺生をすること
    アジシオ次郎 (07/05)
    こんにちは。

    人間は生きる為に他の生物の命を奪わなければいけない。と言う「原罪」を背負っている以上、食べると言うことはそうなのかも知れないです。動物の命を奪い
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    07 | 2017/08 | 09
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR