FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

偏見は、偏ったものしか見ていないから

【偏見】とは何か、どうして起きるのか。
ブログをみていると、《「偏見」とは「偏って見てる」のではなく「偏った部分しか見えないこと」》と書かれているブログに目が止まりました。
Hatenaブログ[雪見、月見、花見。] 2014年09月02日

堅い職業だから堅い人と思ってたら、話してみればけっこう緩くて面白い人だったなど、外見の印象とその人に接してみてわかる、印象が大きく違うことは少なくないです。
それは何故おきるのか、その印象の違いは偏見をうんでしまう。そのため、自分の認知の限界を知ることが「偏見」を和らげることにつながると書かれています。

ここに書かれたことをよく読んで自分が、偏った見方をしてしまっていないか、そしてできるだけ偏った見方にならないように、自分の得られる情報が偏っていることを自覚しておきたいと思います。

偏見はについて、「雪見、月見、花見。」さんは次のように書いています。[それはその人に悪気があるとか、主観的な愚かな人だからではなく、ただ、外に居るとそういう偏った情報しか得られないからこそ必然的に「偏見」が生まれるのです。]
そして、さらに次のようにつづきます。
[自分の持ってる情報を全て冷静に吟味しても、情報自体が偏っていれば「そういう集団」にしか見えないのですから。だから、これをただ「偏見」として「悪」として糾弾してしまうのは、「偏見」を無くすための良い解決策ではないと思うんですよね。]

わたしは、大なり小なり偏見は必ずあるものだと思っています。そして自分は偏見を持っていると言うことを自覚しておくことが重要だと思っています。
その部外者や当事者でない者は、その物事の一部始終や全体を見てきているのでないので、その一側面であって、そのイメージはその縮図でないこと知っておくべきです。

さらに、次のようなことを言っています。
[「氷山の一角」と、見えてないものまで均質に捉えるのではなく、「木を見
て森を見ず」と、背後の多様性を見落とすことの方を恐れるべきなんです。]

たいていものを初めて見るときは、何の偏見もないはずです。そもそもそのものが何かをしらないので、想像することすらできないからです。
しかし、そのものが何かを知るために、物事の見方が偏っていたり、偏ったものしか見せられないと、偏見が生まれてきます。
一つの視点から見たものだけでなく、反対の面などからの視点で見たものも見、世の中の流れを正しく受け止められるようになりたいものです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

「無知」からも生まれる

 こんにちは。

 偏見と言うのが生まれやすい理由として、それに対する「無知」と言いますか「理解する」と言う考えが希薄なことが挙げられると私は思います。
 自分の尺度でしか物事を見ず、客観的に見ないことが偏見を生みやすい要因かも知れないし、偏った情報しか得られずにそう言った印象しか持てないことも理由に挙げられます。

 幅広い視点や情報が求められるのに、偏った情報しか発信しないから偏った見方でものを見るようになり、偏見が生まれるのだと言えます。言うなれば偏った情報ばかり発信する側に問題があるでしょう。
 分かりやすい例えは、猪瀬直樹氏の「イスラムはけんかばかりやっている」と言う問題発言だが、背景にあるのは日本のメディアなどはアラブ諸国の紛争やイスラム過激派の暗躍ばかり流したことがこう言った見方につながってああ言う発言につながるんじゃないかって思うんです。言うなればテレビの責任は大きい。

 相互理解や価値観の多様性、それらを教えなかったから偏見が出来やすいのではないかと思います。
 知りもしない、理解もしない、それらに触れたこともないのにただ自分の思いつきや感情で決めつけることは視野の狭い人間だってことを外に露呈するようなものです。それはまた好き嫌いが激しいってことも露呈するだけです。

 発信する側に問題はあるが、その情報を受ける側もただそれを鵜呑みにせず自分の目でものの善し悪しを決めれば偏見は生まれません。

Re: 「無知」からも生まれる

私も、マスコミが偏見を助長することは大いに問題で、それが今まかり通っていると思います。
ヘイトスピーチを行う人、それに対して同調する人などが生まれるのもそうだし。今の朝日たたきもそうです。従軍慰安婦が存在したことは事実ですが、それを強制連行がなかったことですべて解決しようとしたり、それを誤報した朝日はもちろん落ち度があり謝罪すべきです。しかし、それによりすべて朝日は悪というのは短絡的なものです。
産経や読売や週刊新潮は週刊文春などの朝日批判はまるで、ヘイトスピーチと同等のものです。これらの朝日批判は多様なジャーナリズムやマスメディアの存続を否定するもので、外国から見れば国家主義的な報道統制にと向かっていると誤解しかねないです。

言われる通り「相互理解や価値観の多様性、それらを教えなかったから偏見が出来やすいのではないかと思います。
 知りもしない、理解もしない、それらに触れたこともないのにただ自分の思いつきや感情で決めつけることは視野の狭い人間だってことを外に露呈するようなものです。それはまた好き嫌いが激しいってことも露呈するだけです。」に同感します。

これから、発信する側はともかく、私たち情報を受け取る側がしっかりと、今見てる聞いているものは、その一側面でしかないことをしり、自分の考えで判断できるようになりたいものです。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    08 | 2020/09 | 10
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR