竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

指導者が口にする言葉

最近国の指導者が口にする言葉があります。「法に基づいて粛粛と行う」。これは、法治国家である国であれば、言うまでもなく当然のことです。そして次のようなことも言っています。「立憲主義は王政時代の過去の遺物で、それを唱えるのは民主主義国家にはあたらない」。

前の言葉については、国家間の問題や外交関係などに対して言うことが多いようです。特に日本の周辺に於いては、戦後アメリカの力での秩序で作られ、それが70年近く続きいています。しかし、それに対して意を唱え時に、強引に事実をねじ変えよ国もあり、それは周辺関係国に摩擦と軋轢を生むものです。

そのようななかでも、今の法律や条約に基づいて外交関係の物事を、すべて一様に解決しきれるのでしょうか。もちろん現状を変えようと武力を行使したり、意見や要求を強引に押し通すことは許されないです。それと同時の既得権を守るために、今までの自分の立場を強引に押し通すことも、よいことだとは言い切れないでしょう。
国家間に於いては、領土問題でも通商問題でも大国と小国があり、成長を成し遂げた国と成長期に入った新興国と、これから発展する国があります。それらの国と国との取り決めには、過去に強い国が弱い国に押しつけたものもあります。そして、その中には国の力の差により、不平等に結果的に押しつけられてしまったものもあるでしょう。それらの、不平等な既得権を守り重視しようとする交渉もあります。しかし、これからの地球規模の国際社会を考えると、不平等条約と言える条約は、今後は無効となってゆくべきものでしょう。
また、先進国は自国の豊かさを守るだけでなく、新興国やこれからの発展を目指す国には、積極的に支援援助をしていくべきでしょう。それは、確かに短期的にみれば、先に発展を遂げた国にとっては不利なものです。しかし、成長が限界にきた今日の国際社会を永い目で見れば、それは些細なことで地球の安定に貢献することでしょう。

始めに書いた「法の支配」「法に基づいて行動する」一見きわめて当たり前のことのように思えます。しかし、法を重視し過ぎると、先に述べたような不平等なこともあることを忘れてはならないでしょう。
また、私たちの日常の生活の中にも、いろいろな法律が実状にあわなくなったり、現状にそぐわない法律もあります。それらは、実状と現状に合うように変えて行くことが望ましいでしょう。

「立憲主義」については、まずは憲法はなんの為にあるのかを考えるべきです。一般の法律は、国民が守るべきことを書いたものです。しかっし、憲法は、国民が守るべきことではなく、国家権力が守るべき決まりを決めていることです。
王政の国は、王位を継ぐ者が、立憲君主乗っ取り帝王学や王道学を学び、政を執り行います。しかし、国民から選ばれ指導者は、時に暴走をしてしまうことがあります。それは、フランスのナポレオンしかり、ナチスのヒットラーしかり、第二次世界大戦後に植民地を解放したリーダーも、独裁政治走ってしまう例が枚挙にいとまがないです。だからこそ、民主主義の国こそ立憲主義のその方針を明確に打ち立てることが必要です。

今の、政府の政治の運営の仕方をみていると不安に感じるところがあります。
憲法解釈を集団的自衛権や集団的安全保障など行使可能にかえ、戦争ができる「積極的平和主義」や、「美しい日本」「誇りのもてる国」「」など、耳障りがいいが意味が曖昧な言葉を多く使い、国民の人気をとっています。
国際舞台のなかで、「原発は完全にコントロールされている」「汚染は完全にブロックされている」などと大見得を切ったが、それを聞いていた多くの日本人はそらぞらしく思えたことと思う。
「法に基づいて」と言いながら、自分の考えと近いものばかりを集めて話し合って都合のよいように、法の解釈を変えたり、法自体を変えたりすることはどうでしょう。

憲法解釈の変更や、労働者の働き方の多様性といい、残業代ゼロや成果主義へ働き方かえる。弱い立場の労働者を守る法から、強い立場の企業活動が自由に行えるように法を変えるなどなど。法による支配には違いないが、人権意識の高まった現代の法治国家かと、疑わざるを得ないことが強引に進められている。
「誇りのもてる国」といいますが、リーダーがそのように嘘をついたり、明言でなく迷言を好んで使う、リーダーでは誇りなど持ちようにも持てないです。しかし、それを選んだのは国民ですから、自分たち自身一人ひとりが自分の考えを持ち、今後の声を上げ選挙などでもその政府の行いにたいしての、応えを突きつけてゆくことが大切でしょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 息子を裏口入学させた受託収賄罪
    アジシオ次郎 (07/10)
    こんにちは。

    文部科学省の局長が私立大学への支援事業に便宜を図る見返りとして自分の子供を大学に入れるよう裏口入学を持ちかけたとして住宅収賄で逮捕されたって言う
  • パレスチナの混乱
    竹林泉水 (05/26)
    いつまでも、パレスチナ問題がくすぶり続けますね。
    おっしゃるように、ドイツからの大量虐殺やヨーロッパからの他の民族から差別され虐げられ、その苦渋の思いはよくわか
  • パレスチナの混乱
    アジシオ次郎 (05/22)
    おはようございます。

    イスラエル建国からずっと続くパレスチナ問題、アメリカが大使館をエルサレムに移転したことで混乱の火に油を注ぐ事態となったけど、アメリカは事
  • またまた憲法について思うこと
    竹林泉水 (05/18)
    安倍晋三氏は母方の祖父、岸信介が首相の以前から、憲法はGHQの素案に基づいて作ったもので、日本人が自らの手で作ったものを制定すべきという持論をもっていた。そこで
  • またまた憲法について思うこと
    風と雲 (05/17)
    全面的にお説に賛成です。憲法は逐条の内容で論ずるべきで、改憲か護憲かではなく、現状の権力構造が国民の幸福と人権を妨げることへの言及が不足する部分は強化するべきか
  • 麻生大臣の発言
    竹林泉水 (05/12)
    麻生大臣にかかわらず日本の人権感覚や女性が活躍する社会といいながら、このようなことを容認するような政権の体質にはうんざりとします。
    いかにあるべきなのでしょうか
  • 麻生大臣の発言
    アジシオ次郎 (05/11)
    おはようございます。

    セクハラ罪という罪はないなんてまた問題発言をしでかした麻生太郎副総理兼財務相、この人は度々問題発言をしては世間を騒がせてますが、今回のケ
  • 安倍政権の男尊女卑のような感覚
    アジシオ次郎 (05/01)
    こんにちは。

    政府や官僚がセクハラっていうかハラスメント全般を許されない・みっともない・立派な人権侵害である。と言う意識が全く無いというのは、ただでさえ人権意
  • セクハラは人権問題
    竹林泉水 (04/24)
    下村元文科相もひどいことを言っていますね。下村氏はもう少しましな人だと思っていたが、あきれてしまった。
    麻生副総理の「ナチに学んだら」や、石破氏の国会前の「テロ
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2018/07 | 08
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR