FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

故意に無心になろうとするなら無心になれない

「あなたは無心になろうと努めている。つまりあなたは故意に無心なのである。それではこれ以上進むはずはない」――こう言って先生は私を戒(いまし)めた。
ヘリゲル『日本の弓術』

   夜の記録


この言葉は、ドイツのオイゲン・ヘリゲルが、東北帝国大学で、哲学と古典ラテン語の講師として来日しているとき、阿波研造範士から弓術を学んでいるとき、阿波研造から言われた言葉です。

ドイツではヘリゲルは射撃の名手だったので、矢を中てるのは銃と同じで難しくないと考えていた。
しかし、弓は難しく阿波研造範士が言うようにしてもなかなか中らない。そして、阿波研造範士は次のようにいった。「弓術はスポーツではない。したがってこれで筋肉を発達させるなどということのためにあるのではない。あたなたは弓を腕の力で引いてはいけない。心で引くこと、つまり筋肉をすっかり弛めて引くことを学ばなければならない」と言われた。さらに、「あなたはが弓を正しく引けないのは、肺で呼吸をするからである。腹壁が程よく張るように、息をゆっくりと圧し下げて、痙攣的に圧迫せずに、息をぴったりと止め、どうしても必要な分だけ呼吸しなさい。一旦そんあ呼吸の仕方ができると、それで力の中心が下方へ移されたことになるから、両腕を弛め、力を抜いて、楽々と弓が引かれるようになる」そして、阿波はヘリゲルに自分が弓を引いた腕を触らせた。ヘリゲルが腕を触ってみると、なにもしていない時のように弛んでいた。
そのように、ヘリゲルは稽古を行うがそれがなかなかできない。
弓を放つときも、阿波は何事もなかったように放たれるが、ヘリゲルが矢を放つときは、弦が烈しい勢いで元に復るため、指に衝撃を受けてしまう。そんなときに無になってしまって射るのだと教わるのだがなかなかできない。ヘリゲルはドイツ人として科学的な思い出自分なりに考えて、稽古しているときに言われた言葉です。

そうこうしているうち、稽古は4年目にはいり、ようやく二メートルほど先に置かれた的の代わりに藁束に射るのでなく、60メート離れた的を前にする稽古にはいた。そこで、阿波範士は「的はどうでも構わないから、これまでと同様に射なさい」という。ヘリゲルは、中てるとなるとどうしても狙わなければならないと言うと。阿波は「いやその狙うということがいけない。的のことも、中てることも、その他どんなことも考えてはならない。弓を引いて、矢が離れるまで待ってなさい。他のことはすべて成るがままにしておくのです」このあと、ヘリゲルは深夜に道場に来るようにいって、以前にもこのブログに書いた、阿波が、深夜の第二の矢が第一の矢の筈に中ってそれを二つに割いた話になるのです。

いろいろな場面でよく、無心になれと言われますが、この「無心」になるとはどういうことだろう。
無心とは、「心を無くす」と書きますが、心を無くすことではなく、心を明鏡止水という言葉があります。静かな水面に映る景色のようにすべてをありのままに映し出すということでしょう。そうなると、一心不乱に無心になろうとするのは、逆に心を乱していることになります。「無心になれなくてもいい」という開き直ったような心境に達するのが、逆に無心になる近道ではないだろうかと思う。しかいし「無心」になるのは難しいものです。

よく、運動していて力を抜きなさいといいます。瞑想している時にも、力を抜きなさいといいます。しかし、身体の力をすべて抜くことはできないものです。人だけでなく動物の身体はの筋肉は、二つの筋肉が二つの骨にそれぞれ付着しています。そしてお互いにどちらかが、緊張しもう一方は弛緩しています。一方が収縮し一方は伸びていて、このバランスが取れて初めて運動したり静止することができるのです。両方の筋肉が弛緩してしまうことはありえないことです。もしそうなればすべての動物は地球の重力に押し潰されてしまうでしょう。

心もこのように、そのバランスの落としどころを探り当てることが大切なのではないでしょうか。坐禅などをしていると、「邪念や悩み事などの、心の苦しみを思いだし、まずは頭の中で一杯にしなさい。無心になろうと考えるのを止めなさい。」と言われることがあると聞きます。これもまずは、いろいろと悩んでいるなか、無心になろうと悩んでしまうそれがいけないのだと。それも忘れて心を素直にしなさいということでしょう。

無心になろうと努めている、そのこと自体がすでに意識して、無心でないということ。周囲の状況になすがままにいてそれでいて、自身の芯が揺るがずにいる。この事は心の動きでは、周囲の煩悩に惑わされ、なかなかできることではないです。身体の動きでも今まで身につけていた、身体の動かし方の癖にまどわされて、今までに身についた不用意な動きを、無くすどころか逆に強化してしまうことが多いです。

能の舞いを稽古するときに、摺り足をおこないますが、このときの軸足から動かし前に出した足に、重心を移動させるときに身体が揺れてしまいます。小学校のときに行進の練習のとき、また休めの姿勢は両足に均等に体重を預けるのでなく、片足に載せるように私の小さい頃は教わりました。それらが身体に染みついてなかなか、能の摺り足のような足運びを上手くできません。上手く摺り足をするために、意識的に正しい摺り足を行おうとするのではなく、今までに身につけた身体の運び方を忘れることが大切なのでしょう。そうしないと、いつまでたっても今までに身についた、身体の動かし方を捨てることが出来ません。身体の力を抜くのも同じであるし、無心になるのも同じようなもで、あれこれとこころみるのをやめることだと思いますが、それがなかなかできないです。
いつまでも修行するのが大切なのでしょう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2020/07 | 08
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR