FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

喜び怒り、哀しみ楽しみ、慮り嘆き

喜び怒り、哀しみ楽しみ、慮り嘆き、恋いおそれ、うきうきしきままにし、啓き態づくり、楽は虚より出で、蒸は菌をなす、日夜前に相い代わるも、而も其の萌す所を知るなし。
荘子・斉物論

喜んだり怒ったり、悲しんだり楽しんだり、先行きを案じたり過ぎたことを嘆いたり、慕い憧れたり恐れはばかったり、浮き浮きしたりだらけたり、あけすけに取り繕ったり。
笛の音が空洞の竹管から奏でられ、蒸せた湿気で黴がはえたてくるように、昼夜の区別無く代わる代わるでてくるが、それでいてそうしたことがどうして起こってくるかはわからない。

これは、荘子 斉物論の中に書かれているものです。

日々生活をしていると、いろいろな感情がでて、喜んで爽快になったり、思い煩ったりします。
天変地異の災害などは別として、それらの多くはは、今までの自分の行いからくる、善し悪しの行いの結果に応じて、その感情がでてくるものです。
ここでは、竹笛の仕掛けは穴があいているだけで、クラリネットやハーモニカなどのような、空気を振動させて音を出すリードがないです。黴が生えるのは湿気と高温でムシムシした条件があると生えてきます。そのよに其の因果があるのだが、おうおうにしてそれらがいつ自分の身に振り返ってくるか分からないものです。様々な感情が自分におこってから、あれがよかたのだ、あれがよくなかったのだと思うものです。因果応報というので日頃から自分の行いに注意したいものです。
しかし、後悔先に立たずということが多いものです。

この荘子の言葉の後に、さらに人との関わりとして、次のように書かれている。

已みなん 已みなん、旦暮に此を得るは、其の由りて以て生ずる所か。彼に非ざれば我れなく、我れに非ざれば取る所なし。是れ亦た近し、而も其の為使する所を知らず、真宰あるが若きも、而も其のあとを得ず。行なうはなはだ信なるも、而も其の形を見ず、情あれでも形なし。
荘子・斉物論

いつまでもどこまでえも、明け暮れにこうした心の変化が起こるのは、もともとその原因があって生み出されたものであろうか。
そもそも相手がなければ自分のそのような感情も生まれず。自分が相手と関わりなければ、相手のさまざまな心もうまれてこない。このように互いに関係しあって煩うのが本当のところだろう。しかし実のところ、何がそのようなさまざまな状態を起こさせるのかは分からないものだ。
真の原因となることがあるように思うのだが、じつは僧とは限らずそういいきれないものだ。結果は確かであるが、そうさせたものを、一つに断定することはできない。実質はあるが原因の姿形はないのである。

さらに、体のことについて自分自身が思い感じるべきかについて書かれている。

百骸九竅、六臓、かねて存す。吾れ誰れをか親しむことを為さん。汝みなこれを説ばんか。其れ私するありや。是くの如くんば皆もって臣妾と為さんか、其れ臣妾は以て相い治むるに足らず。それ逓に君臣と相い為らんか、其れ真君ありて存す。其の情を求め得ると得ざるの如きは、其の真に益損なし。
荘子・斉物論

人の体には百の骨節、九つの竅、六つの内蔵がすべてそろっているが、自分はそのどれかを特に選んで愛するということはない。お前はそれらをすべて愛しようとするか、きっとえこひいきが起こるであろう、もしそうなら、愛情を離れてみな召使いのように見なしておこうか、召使いだけでは治められないことになるであろう。召使いたちが交代で主人になったり召使いになったりするのか、やはり真実の主人が存在するのであろう。そうした実情が分かろうと分かるまいと、この真実ーー肉体のすべてがうまく働いていることに何の増減もないのだ。

人の体には百の骨と述べていますが、実際は200ほどあります。九の竅は目や鼻・耳・大小便の出口です、人の身体のそれらの内蔵や筋肉や感覚は複雑に絡み合って機能しています。しかし日常生活でそのようなことを、意識する事はありません。心臓よこれから運動するのでいつもより早く動けと思っても鼓動が早くなるわけでもないです。これから宴会があるので、胃腸よ活発に動けと思っても活発に動く訳はないです。健康であれば特に動かそうとしなくても、うまく動いてくれるものです。逆に言えば自分の身体に、自分で命令して動かせるものではないです。
ただ、自分の意にそて動かすことができるのは、呼吸器dけでしょう、しかしこの呼吸器意図的に動かすと、かえって健康を害することがあります。そのことは先に呼吸法で書いた通りです。
人の身体のそれぞれの五臓六腑である、器官は単にそれぞれの働きをしているが、それぞれは密接に関連仕合、連携仕合っています。その関連しあっていることがたいせつで、それらの絡みが調えられていないとうまくかないということです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    09 | 2020/10 | 11
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR