FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

身体を動かすことの大切さ

「生活不活発病」という言葉があるそうです。高齢の方が風邪をひいて1週間ほど寝込んでから、身体が足腰が弱り、そのため転んで怪我をしたらいけないと用心して、動くことを控えているとますます身体が弱くないり、床から起きれなくなって、訪れた人の名前も思い出せなくなった。このような話を時々耳にすることがあります。
若い健康な人でも怪我などで2週間入院していると、足腰が弱ってしまうと言われています。
これは生活が不活発になってしまうことにより、身体の機能が低下してしまたのです。
身体を動かすといえば、スポーツやジョギングやトレーニングなど、集中的に身体を動かすことを、重い羽化下が地です。しかし、生活不活発病はスポーツなどその運動でなく、日常生活動作が不活発により起こるものです。

私たちの生活は明治前ごろと比べると、旅は歩いての移動でした、またそのころの行商の人や剛力の人たちが写っている写真をみると、自分の背丈程の荷を背負っていて、今では考えられないほどに身体を使っているのがわかります。また、江戸時代と比べないでも、戦前の70年前と比べてみると、日常生活が便利になり運動量が格段に少なくなっているっでしょう。70年前といわず30年程前と比べても随分便利になり身体を動かすことをしなくなっています。朝起きて布団の上げ下ろしをする、顔を洗う時水道のカランを廻す。練り歯磨きのチューブを端から絞ってゆく、歯ブラシを手で持ち上下左右にローリングさせなが磨く。などなどは、ベッドで布団の上げ下ろしをしない、水道のカランは上げ下げで推量を調節する、歯磨きはラミネートチューブで端から絞る必要がない、歯ブラシは電動歯ブラシでブラシを複雑にローリングさせて動かす必要がない。トイレに行くときでも和式から様式になりずいぶん楽になりました。この和式のしゃがみ込んだ蹲踞の姿勢から立ち上がるのと、椅子から立ち上がるのではずいぶんと、運動の仕方が違います。蹲踞に姿勢から立ち上がるのには、股関節と膝間接の調節がずいぶん必要です。この股関節と膝間接の調節は歩くときに非常に重要なものと言われています。また、先にあげた布団の上げ下ろしも、床から布団を持ち上げるには、股関節と膝間接の屈伸に加え、背筋も大臀筋なども使います。これも歩行にとって大切な動作といえます。
このように、生活様式が和式から様式になり、いろいろな便利な日用品が開発されることにより、今まで日常的にしていた生活動作が変わってきて、自分の身体を動かすことが少なくなっています。そして便利になった代わりにいろいろな事に感謝することを忘れてしまっています。

一番先にあげた風邪をひいて寝込んだ事により、少し足腰が弱くなったと感じて、用心するあまりあまり動かなくなる、それにより今まで歩いたりする動作をしないので、足腰が弱くなりそれまでよりより用心する・・・・。というように「生活不活発病」は悪循環を繰り返すのが特徴と言えるようです。
ようは、身体を動かさないことから起きる、二次障害で、これを専門的には「廃用症候群」といいます。


前置きが長くなりましたが、この生活不活発病というか廃用症候群は、身体のことについて言われていることですが、知能や感性などにも言える事だと思います。
人類が野山を駆けめぐり狩猟生活をしていたころは、獲物を捕るために全身全霊をつぎ込んでいました。そのために感覚は研ぎ澄まされ、獲物をとるため知能も活発に働かせて、その時のとれた糧に対して感謝の気持ちを表していました。
それが、農耕や牧畜の生活をするようになり、食べ物が備蓄されると、狩猟生活のように感覚を研ぎ澄ます事が少なりました。それでも一年の実りと収穫に感謝して、秋祭りをするなどのことは忘れていませんでした。また、農作物を育てるのも科学技術が進み、厳しい気候でも作物が育てられるようになり、気象予報精度の向上により、天候などの変化を自分の身体で読みとる力が衰えていきました。
また、太古の時代は四季の応じた生活をして飲食にも節度があり、太陽とともに寝起きしていました。太古と言わず江戸時代いや昭和30年代ぐらいまで、そのような生活をしていた処も多くありました。それが高度経済成長とIT技術により、冷暖房が普及し一年中春のような部屋で過ごし、飽食で夜も煌煌と昼間より明るい照明をつけ、それが当たり前に感じその恩恵に感謝することをわれたのと引き替えに、生き物として人としての本来の生活のリズムを崩していっています。
書物なども読まなくなり、昔に比べ今の人は読み書きが落ちているようにも感じます。
また、日常の生活用品を使うのにも、以前は用途に合わせてその使い方の調節をして工夫するなど頭を使っていまた。ところが、今の家電製品のほとんどにコンピュータが内蔵されたIT製品です。そこにはセットしてスイッチを入れるだけで済んでしまいます。
そのように、今の世の中どんどんと便利になってきています。そして人間が本来持っているはずの、野性の感覚や感性や智力などが、衰え忘れて亡くしてしまっているように思える。
それは「生活不活発病」ならぬ「文明不活発病」になり、それが今はどんどん加速していくのではないかと思うほどです。
ただ、「生活不活発病」は脳梗塞などの引き金になったりもすると言われてます。人の生活があまりにも便利になりすぎて、同じようにその「文明不活発病」により人間社会の脳梗塞が起き、人間社会が倒れて崩壊してしまうかもしれないと、杞憂しています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 夏のサンマ
    竹林泉水 (06/02)
    逆に一年間漁をやめるなどしてはどうだろうかと思うが、それでは漁業者の生活権を奪うことになる。また、今まで、外国人に日本の美味しい食材を紹介して、それを海外に売り
  • 夏のサンマ
    荒野鷹虎 (06/01)
    漁獲量は年々細くなっていますが、資源本来の減少も一因と思います。期限を撤廃するのは大きな間違いと思います。
    資源は有限ですから資源保護政策をとる必要はあると思い
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    07 | 2019/08 | 09
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR