FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

フランケンシュタイン

フランケンシュタインと言う怪奇SF小説を読んでみました。小学生のころに、白黒映画で見て鮮烈な印象が残っています。フランケンシュタイン博士が墓場を暴いて、死んだ人の優秀なところを、つなぎ合わせスーパー人間をつくのですが、それが恐ろしい怪物になってしまうというものです。

しかし、今回原作の小説を読むと、小学生のころに見た記憶とだいぶ違う内容でした。

大まかなあらすじは以下のようなものです。

北極探検隊のロバート・ウォルトンが北極点に向かう途中、衰弱したヴィクター・フランケンシュタインを見つけ助け。フランケンシュタインはウォルトンに自らの体験をはなすのです。
スイスの名家出身のフランケンシュタインは、生命の謎に引かれ、ついにその謎を解き明かします。そして、『理想の人間』をつくろうとするのです。それは、神に背く行為であると自覚しながらも、『理想の人間』をつくるために墓を暴き人間の死体を、つなぎ合わせ『理想の人間』づくりに成功します。
しかし、『理想の人間』は、優れた体力と人間の心、そして、知性を持ち合わせていました。しかしその容貌は醜く恐ろしいものでした。そのあまりの恐ろしい容貌は怪物のようでフランケンシュタインは、自ら作り出したその『理想の人間』の怪物を残したまま故郷のスイスへと帰ってしまうのです。
怪物は強靭な肉体により生き延び、遠く離れたフランケンシュタインの元へたどりつきのです。
そして、自分の醜さゆえ人々から忌み嫌われ迫害され、自己の存在に悩むのです。そして、怪物はフランケンシュタインに自分の伴侶となる異性の『理想の人間』をつくるよう頼むのです。怪物はこの願いを叶えてくれれば二度と人里に現れないと約束しますが、フランケンシュタインはこれを断るのです。
『理想の人間』怪物はフランケンシュタインと人間に絶望し、フランケンシュタインの友人や妻を次々と殺害し復讐をするのです。その『理想の人間』怪物の行いに対し、フランケンシュタインは憎悪にかられ『理想の人間』怪物を追跡し、北極海まで追跡していくのですが、極寒に行く手を阻まれ遭難し、ウォルトンの船に救われるのです。
そして、全てを語り終えたフランケンシュタインは、怪物を殺すように、ウォルトンに頼み船上で息を引き取るのです。
ウォルトンは船員達の安全を考慮して、北極点到達をあきらめ、帰路につきます。
フランケンシュタインから名前も付けられなかった、『理想の人間』怪物は、フランケンシュタインの遺体の前に現れ、フランケンシュタインの死を嘆くのです。その場に現れたウォルトンに自分の心情を語り、北極点で自らを焼いて死ぬために北極海へと消えてゆくのです。

わたしは、今までフランケンシュタインは単なる怪奇小説だと思っていましが、その中には人間のヒューマニズムとそれを問いかけるメッセージが込められていることを改め得しりました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 安倍首相の愛国心とは
    本当に教員? (09/10)
    興味ある内容なので拝読したが「教育勅語」を親孝行等の道徳ではなく戦争に洗脳させるためだとか思い違いも甚だしい。
    貴方が現役の教員であれば授業中が退屈で眠気が襲っ
  • トランプは白人至上主義者か
    アジシオ次郎 (08/07)
    おはようございます。

    アメリカにおいてまた立て続けに銃乱射事件が起こったけど、テキサス州・エルパソでのケースは容疑者がヒスパニック系に対する憎悪感丸出しの書き
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    09 | 2019/10 | 11
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR