FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

記録の残され方

記録を残さない話になったので、全く関係ないですが、そこに潜むものを次のことから、考えられるのではないかと思い紹介します。


岩波ジュニア親書の「道具にヒミツあり」に、消しゴムについて書いてあるが、その中に消しゴム会社シードの企画部商品企画課の藤井槇也さんが次のように語っている。「欧米の人たは、誤りを残す文化なんですね。書き損じたら日本線を引いて、どのように誤ったかを残しておく。日本は消す文化です。きれいに消してしまう。気配まで消したがります、汚れを消す、しみ抜きがある。このごろは匂いを消す。 中略  世のなか、デジタル化が進んで、アナログな消しゴムの需要は少なくなりました。子どもたちの生活から動詞がどんどん消えていきます。話す、書く、張る・・・・・。 以下略 。」


私は仕事で、有印の公文書を作ってきたが、そのとき「訂正」のとき、「誤記」のときとその直し方が明確に違います。
・訂正の時は、古い記述を上から黒の一本線を引き、その脇の空白に新しい内容を書き、訂正した日付を記します。
・誤りの場合は、誤りを上から赤の二重線を引き、正しい内容を書き、修正印を押します。
このように、明確にその違いがあります。
訂正の場合は内容によっては、その理由を書き添えることもあります。

私文書で鉛筆書きなら、消しゴムを使いますが。万年筆などのインクならインク消しですが、ボールペンなら消すことができないので。ミスノンなどの白い液体の修正液を使い、最近では修正テープを使います。
インク消しは足袋などの漂白技術から生まれたそうで、綺麗にするという発想がそこにはあります。修正テープなどは、臭いものには蓋をする発想で、そこに潜む意識は大きく違うと言えるかもしれません。
ところで、このインク消しも修正液も日本の会社が、世界で初めて作ったそうです。これも、欧米の二重線文化と日本の消す文化の違いから生まれたといえるでしょう。

しかし、最近は紙に直接書くことが少なくなり、パソコンのソフトで文書をつくり、それをプリントアウトすることが多くなりました。
それにより間違った文書が、以前より出回ることが多くなっているようです。前年度に作った文書や前任者の作った雛形がありそれを流用するため、日付を訂正するのを忘れたり、ひどいときには名前を前のままにしてあったりします。前の文書を流用するのですから、時間短縮され校正点検する時間が増えているはずですが、そのような初歩的な誤記が増えているのは皮肉なことです。

色々な会議で記録が残されていないのなら、政治家の国の動かし方もまだまだこの程度なのかもしれません。
日本の政治は何時に成ったら、先進国並になるのでしょうか、それとも日本独自の消ししまう文化を守っていくのでしょうか。



パソコンでの記録を残す話になったので、話の筋がずれる別の話


パソコンでの記録を残す話になったので、話の筋がずれる別の話

今ごろの作家は、原稿を書くときペンを持つより、キーボードを叩く人の方が多いのではないかと思います。
作家にとって作品を仕上げるために、推敲していくのにはペンとキーボードどちらがよいかは、その作家によって違うでしょうでしょう。
本を出版する編集者にとっては、キーボードを叩いて作られた、デジタルファイルの方が校正などがし易いとも聞きます。
しかし、作家によっては持ち込まれたデジタルデータは、非常に編集や校正に手間がかかることもあると聞きます。(パソコンのテキストデータのことについては、長くなるので改めて書こうと思います。)

話を戻し、パソコンだと作家が原稿を書いている時にどのように推敲・訂正した跡が残らないのです。後世の研究者にとっては、その作家がどのように作品を練り上げたかに、興味があるものと思います。しかしデジタルデータは直した痕跡が消えてしまうので、その点が解りにくくなるでしょう。

パソコンはデータファイルを保存するとき、上書きして保存するか、ファイル名を変えて保存するかを、選ぶことができます。後者を選んだら作家がどのように作品を作って行ったかが判ります。しかし、わざわざファイル名を新しくつけて保存するのは手間なものですし、同じようなファイルがたまっていくと、どれが書き続けるファイルか分からなくなるおそれもあります。
そこで保存するたびに更新前のファイルをバックアップファイルとして保存しつづける機能ことができると便利でしょう。

作家がこの機能を利用するかしないかはその人の自由です。私などほとんど上書きしていますが、時々書き換えたものと前の文章とどちらがいいかまようときなどは、ファイル名を変えて保存します。

ところで公文書など国家が作る記録などは、後で勝手に書き換えられたりたいへんです。また修正される時でも、何故そこを修正したかその理由が残ることが重要です。いま、多くの記録文書が紙と墨でなく。デジタルデータで保存されるようになってきています。公文書などに関わらず、政府機関などがつくる文書は、強制的の更新のたび強制的にバックアップファイルが作られる機能が必ず働くようにするのがよいと思う今日このごろです。
ひょっとすると、すでにそのようなシステムで、文書が作られていることと思うのですが、実際はどうなのでしょうか。
関連記事

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2020/07 | 08
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR