FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

消費税引き上げと経済特区

私は消費税が初めて導入されたとき、税率は30%程になるのが適切かなと思いました。それは、北欧などの福祉のあり方などをみてそう思ったのです。保育と教育や福祉や医療などが充実することを前提としての30%の税率です。
しかし、私の予想より少子高齢化と人口減少をみると、今は30%は適切かどうかは迷うところです。
そして、消費税8%そして10%はどうみるか、国の施策は、法人企業には減税、公共事業を興し雇用を増やす、医療福祉や生活保護費などの社会保障を切り下げを考えています。民主党時代に3党合意した約束は、消費税の引き上げの一つだけ守られ、あとの財政再建と社会保障ひに全てつかうことは反故にされようとしています。
わたしは、消費税は引き上げてもよいと考えています。いや引き上げるべきだとおもいます。しかし、それは財政の改善と、今の財政の使い方と、社会保障充実へ使われるべきです。それがなされないなら、国民の生活を守るために食品や教育などは非課税にするなどの、実質的な引き上げより引き下げをすべだと思います。

しかし、いま大企業への減税やいろいろな規制の緩和がなされる一方、労働者派遣法を企業が労働者を有利なように働かせることができるよう変えようとしています。

そして、ブラック企業が問題になっている中、ついには雇用特区なるものを考えているようです。内容は、
・入社時に契約し雇用条件ならどのような雇用でも認める。
・一定の年収がある場合、労働8時間の制限をなくす。
・残業手当をなくし、休日時間外手当も廃止する。
・短期契約を五年働いも無期転換できなくする。
・雇用契約に少しでも違反すれば解雇をしやすくする。
これらは、企業の働かせ方の自由度を広げ、企業活動をしやすくするものですが、今まで労働基準法などで守られてきた、労働者の基本的な人間的な権利が無いものになってしまいかねないものです。
この制度をみていると、とても近代的な民主主義国家の労働制度とは思えないです。
中世の労働者を搾取していた時代の制度のようにおもえます。

労働組合が戦後労働者が勝ち取ってきた権利が、空気のように当たり前になり、その存在の大切さを感じなくなり、労働組合の存在感が薄くなってきています。
そのような中で、国体と大企業のことばかり考え、国民と労働者を大切にしない国は発展するでしょうか。最近時々思うのは今のままでいくと、明治時代よりも制度的に後退した暗黒の世の中になりかねないと感じます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうなんだ、雇用特区の構想、いずれはそれが今の労働基準法といつの間にかみなが、知らないうちに入れ替わってしまっていたりしないだろうか。

No title

国が国民とりわけ労働者を搾取するのは、いつの時代のことだろうか、国は国民を労働者を守るのではなかったのだろうか。
江戸時代でも藩がそのように農民を搾取していたら、国替えになっていたから。前代未聞ではないだろうかと思うのですが。
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2020/07 | 08
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR