FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

人間五十年、化天の内を比ぶれば、

人間五十年、化天の内を比ぶれば、・・・・  
これは織田信長が桶狭間の戦いに挑む前に舞ったとされる、幸若舞の敦盛の一部です。

この敦盛とは平敦盛ことで、平清盛の弟である平経盛の末子で、一の谷で若年十六の美少年で熊谷直実に討ち取られた悲運の武将です。
この幸若舞いの敦盛りは、一の谷の合戦で熊谷直実は、実の子と同じ年の若者を討ち殺した事を弔うために仏門に入り、蓮生法師となり回向のため一の谷に行ったとき、自分の気持ちを表したものとされています。
「思へばこの世は常の住み家にあらず 草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし 金谷に花を詠じ、榮花は先立つて無常の風に誘はるる 南楼の月を弄ぶ輩も 月に先立つて有為の雲にかくれり
人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり 一度生を享け、滅せぬもののあるべきかこれを菩提の種と思ひ定めざらんは、口惜しかりき次第ぞ」 

能の敦盛にも同じような曲があります。一の谷の合戦のとき熊谷直実が我が子と同じ年齢16歳の、敦盛を一度は見逃そうと思ったが、背後の味方の目を気にして指揮が落ちるとして討ち取ってしまいます。以降そのことが気になり仏門に入り、蓮生と名のり回向のために須磨の浜を訪れます。そして蓮生は敦盛の亡霊に出会い、平家一門の哀しい末路をきかされるのです。蓮生は実は自分が直実だと名乗ると、敦盛の亡霊は刀に手をかけるのですが、敦盛の亡霊は蓮生に回向してくれと願って消えていくのです。
 
熊谷直実である蓮生は我が子と同じ年齢16歳の、栄華を極めた平家一族のしかも息子と同じ歳の敦盛を殺したことに対しての思いがあるのでしょう。「人間は人と言う意味ではなく、人生とでも言う意味です。人生とは儚いもので、いくら栄華を誇ってもまた貧乏でもそれは、時がたつと一炊の夢のようなもので、敵とはいえ将来のある若く者を殺してしまったことに対して、冥福を祈り続けているといっても、過去の過ちは消えてしまうものでなくいつまでも心に残っているものだ。」と言っています。

権力者の心の寂しさをあらわしているのでしょうか。

どの時代でも、ときの権力が破れ滅びれば、今までのことは否定されときに悪とされてしまいます。現代でも、政権が代わるとその、時の権力を握っていた者は粛清されている国も多いです。粛清までもいかなくても、新しい権力者と旧い権力者の政策などの違いを強調して、民衆の心を引きつけるため、旧いものは劣っている駄目だする演出がなされるようです。
江戸時代から明治時代の変わり目、大日本帝国憲法の時代から日本国憲法の変わり目に、大きな変革がありました。55年体制から民主党が政権を奪った時も、事業仕分けと称してなされました。しかし、巷の民衆は時の雰囲気に流されずに、ひとり一人が平和に生きていけることを願っています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    08 | 2020/09 | 10
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR