FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

建物の黒い汚れ

先日のNHKの朝のニュースで、九州大学応用科学研究所の校舎が太平洋戦争時に空襲を避けるため、黒い迷彩色に塗られ今もそのままであることが報道されていました。
そして、現代の学生はなぜこの一つの校舎だけが黒く汚れているのかは知られていないようです。そのようななか、この校舎は老朽化のため取り壊されれるそうです。この黒く塗られた経緯など戦争について語り継ぐ一つとして、後世に残すため写真や映像そして、証言などを残そうという取り組みがあるようです。

私はこのニュースを聞いて、私は小さい頃に山の中腹に建てられている、病院の外壁が黒ずんでいるのを見て、病院なのになぜこんなに汚いのだろうかと疑問に思っていました。あるとき、母に聞くと「戦争中空襲の標的にされるのを避けるために黒く塗った、戦争が終わって黒い塗料を落としたが、全部は洗い落せずに残っている」。と教えてくれました。
その病院は神戸市東灘区、六甲山の中腹にある甲南病院です。

甲南病院の歴史を見ると、昭和9年に平生釟三郎氏により開設された財団法人甲南病院です。
1934 6月17日、甲南病院開院(118床)
   看護婦養成所開設
1941 甲南病院救護団発足
1945 外来診療所空襲で焼失
とあります。

その病院も今は、外装は新しくなり綺麗になっています。しかし、連合軍の空襲は軍事施設や工場などだけでなく、この病院の略歴を見ると、病院施設の外来診療所が空襲で焼失していることを見ると、ジュネーブ条約を無視した無差別爆撃だったもとを思わされます。

このように、戦時中にいたる所の建物が空襲から逃れるために、迷彩色に施されたようです。しかし、それも戦後次々に戦中の嫌な思いが思い出されるのと、痛みや補修のため綺麗な外装に戻されていきました。

わたしは、戦後生まれで物心がついたころはすでに、戦争の痛ましい傷跡はほとんど見かけなかったですが、蔵の焼けた礎石後や土塀に空いた機銃掃射の弾痕のあと、そしえ甲南病院の塗り跡などが見受けられ、親や大人たちからこれは戦争の傷跡であることを聞きました。

しかし、それから68年経ちその傷跡も無くなり、病院が黒く塗られたことを思い出す人も知る人もいなくなり、それらの事実はだんだんと忘れられていくようです。それと同時に、68年前に暮らしていた日々は戦争の空襲で一瞬にして消えてしまったことも、思い起こし思いめぐらすことも無くなってしまうようです。

日本は68年間、戦争に直接かかわらずにき、自国が戦禍に巻き込まれることもなかったです。しかし、今後国際社会の変化や国の方針が変わり、どのような方向に進むかを決める重大な時がきているようです。国民一人一人が良く時間をかけてその選択ができるように、世の中の流れを注視していきたいです。
それには、何よりも国の情報公開・開示が必要で、マスコミなども責任を持った報道に取り組んでもらいたいものです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 安倍首相の愛国心とは
    本当に教員? (09/10)
    興味ある内容なので拝読したが「教育勅語」を親孝行等の道徳ではなく戦争に洗脳させるためだとか思い違いも甚だしい。
    貴方が現役の教員であれば授業中が退屈で眠気が襲っ
  • トランプは白人至上主義者か
    アジシオ次郎 (08/07)
    おはようございます。

    アメリカにおいてまた立て続けに銃乱射事件が起こったけど、テキサス州・エルパソでのケースは容疑者がヒスパニック系に対する憎悪感丸出しの書き
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    10 | 2019/11 | 12
    -----12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR