FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

若返りの水

民話に「若返りの泉」というお話があるそうです。


むかしむかし、とても人のよいおじいさんとよくばりのおばあさんが住んでいました。
おじいさんは柴をとりに山に向かいました。

おじいさんはその日の、仕事を終えましたが、まだ日が高かったので、山の奥の向まで入ってみました。
すると、いままで見たこともない泉がありました。
「あれっ、こんな所に泉があったかな?」
見るとキラキラと輝いていて、綺麗に澄んだ水が湧き出ていました。
おじいさんは、歩き続けていたので、喉が渇ききっていたので、その水を手に受けて飲みました。
その水はとても冷たく、美味しいみずでした。

そして、その水を飲むと、今まで疲れていた体が休まり、なんだか今まで以上に元気がでてきました。
「おお、なんだか元気がわいてきた!」。
泉の水を飲んだ、おじいさんは身体の底から元気があふれ出てくる感じがしました。
そして、頭もすっきりとして、今まで忘れていたことも思い出したり、考えもはっきりと解かるようになりました。
そして、泉の水面に映った自分の顔を見てびっくりしまた。
なんと、皺だらけの顔はピンと張っています。頭も薄い白髪だらけだったのが、ふさふさとした黒髪で、若者の精悍な面構が写っているのです。

じつはその水は、実は若返りの水だったのです。
お爺さんは、山を降りるときも少しも疲れず元気に降りることができました。

家に帰ってきたおじいさん見た、おばあさんは、知らない若者が家に入ってきたのでびっくりしました。
「お前さんは、どこのだれですか、いきなり人の家に入ってくるのは失礼じゃないですか」。
おじいさんは言いました、「ばあさん、わしじゃ」
「わしって、だれだ?」
「わしじゃ、わしじゃ、ばあさん。じいさんじゃ」
「だれがじいさんじゃ。この若造が、人の家に勝手に入ってきてわけのわからんことを、いいくさって」。
「ま、まってくればあさん、ほんとにわしなんじゃ。おまえのじいさんじゃ」。
おじいさんは、なかなか信じてくれないので、山で見つけた泉のことを、おばあさんに話しました。
おばあさんは、その若者の顔をよくみると、確かにおじいさんの若いころに似ています。

おばあさんは、「信じられんなあ。しかし確かにお前さんは、じいさんの若いころに、よう似とる」
「ばあさんや、本当にほんとなんじゃ。山の泉の水を飲んだら、ばあさんも若い娘っこに若返るんじゃ」
おばさんは思いました、「ほう、めんこい若い娘っこにのう…?」。そして、若返って若い男たちにチヤホヤされている自分を想像しました。

そして、おばあさんはおじいさんからその若返りの泉の場所をききました。
翌朝おばあさんは朝早く泉を探しに出かけました。

そして、道に迷いながらも、若返りに泉を見つけたおばあさんは、「この泉か。これを飲めば、若くめんこい娘になれるんだ」。そう言いながら、一口飲んで見ました。おじいさんからは冷たく美味しい水と聞きましたが、おばあさんには生ぬるくあまりおいしくない水でした。
おばあさんは、あのうそつきじじい、ちっとも冷たくとも美味しくともないではないかと言いながらも、若返りたい一心で、「この泉か。これを飲めば、若くめんこい娘になれるんだ」と言いながら、ゴク、ゴク、とお腹が一杯になるまで飲み続けました。

そのころ、おじいさんは家で若返りの水を飲みに行ったおばあさんを思っていました。
「ああ、若いってのはいいものだな。ばあさんもいまは欲張りで性格がゆがんでしまったけども。若いころは素直で可愛かったからなあ。若いころは性格もよかったからな、若返りの水を飲むとばあさんも昔の若いころにもどるだろうな。若くなったら、ワシへの扱いも優しくなるかもしれんな。うん。きっとそうだ」。と、おじいさんはつぶやきながら、おばあさんの帰りを待ってました。

ところが、待てど暮らせどばあさんは帰ってきません。いつまでたっても戻ってこないので心配になっておきたじいさんは、おばあさんを探しにいきました。
若返り泉についおたじいさんは、いくら探してもおばあさんは見当たりません。
おじいさんは「行き違いになったんじゃろうか」と思い、おじいさんが家に戻ろうとすると、泉のそばで赤ん坊の泣き声がします。
鳴き声のする方にいってみた、おじいさんが見た者は、おばあさんの着物に包まった赤ん坊でした。

なんとおばあさんは若返りの水を飲みすぎて、赤ん坊になってしまっていたのです。

いま、日本人はこの昔話の、おじいさんと、おばあさんと、それとそれを冷ややかに見ているこどもがいる。
いずれにしろ、このおじいさんにも、おばあさんにも、こどもにはなりたくないです。
また、特にこのおばあさんにはなりたくないですが、今の日本はこのおばあさんが増えているようです。

何でも度を越して欲をだしてしまうと、とんでもないことになるという教えですが、今の日本人は、不景気から脱出できたのかと、調子にのって欲をだし過ぎると、このばあさんのようになってしまわないようにしたいですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 100年前の教訓
    レインボー (05/09)
    初めてコメントします。

    100年前のスペイン風邪が流行ですが、与謝野晶子の指摘、感心しました。
    ご指摘のとおり、100年前と同じことが繰り返されているとは、驚きました
  • 東京五輪の延期は
    竹林泉水 (03/27)
    オリンピックの開催はようやく、1年程度の延期との結論がでました。
    ただ、政府は新型コロナウイルスの封じ込めにどこまで、本気でいるのかヨーロッパやアメリカや韓国など
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2020/06 | 07
    -123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR