FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

化け物の進化

物理学者の寺田寅彦の随筆に「化け物の進化」(昭和4年)というのがあります。
その中で、寅彦は人間文化の進歩に中で、発明想像されたなかで「化け物」がもっともすぐれた傑作だと書いています。
そして、「化け物もやはり人間と自然の接触から生まれた正嫡子であって、その出入する世界は一面には宗教の世界であり、また一面には科学の世界である。同時にまた芸術の世界ででもある。
いかなる宗教でもその教典の中に「化け物」の活躍しないものはあるまい。 化け物なしにはおそらく宗教なるものは成立しないであろう。 もっとも時代の推移に応じて化け物の表象は変化するであろうが、その心的内容においては永久に同一であるべきだと思われる。」と書いています。

昔の人は自然の不可思議なできごとを、化け物のしわざとして解釈し納得しようとしました。雷さまの現象を虎皮の褌を着けた鬼の悪戯だと思ってきました。科学の進歩した現代では空中電気放電だと理解しています。しして、それでなんだか理解して納得した気になります。しかし、よく考えてみると、電気放電が何故大きな音を出したり、光ったりするのか、そして大木を倒してしまったりするのは理解しえいません。結局電気と言う名の怪物の仕業だということになります。
以前にここ数回このブログに私は、人が妖怪を出会わなくなった、キツネに騙されなくなったと書きましたが、その答えがこの随筆を読むと、なるほどなと思うところがありました。。

このことについて寅彦は次のように言っています。
「しかし不幸にして科学が進歩するとともに科学というものの真価が誤解され、買いかぶられた結果として、化け物に対する世人の興味が不正当に希薄になった、・・・・」。


物理学者の寅彦は、学校での理科教育について、今の理科教育は科学的な考え方を植え付け得ないで、理解嫌いを増やしてしまうと、言うようなことも書いています。
「不幸にして科学の中等教科書は往々にしてそれ自身の本来の目的を裏切って被教育者の中に芽ばえつつある科学者の胚芽を殺す場合がありはしないかと思われる。実は非常に不可思議で、だれにもほんとうにはわからない事をきわめてわかり切った平凡な事のようにあまりに簡単に説明して、それでそれ以上にはなんの疑問もないかのようにすっかり安心させてしまうような傾きがありはしないか。そういう科学教育が普遍となりすべての生徒がそれをそのまま素直に受け入れたとしたら、世界の科学はおそらくそれきり進歩を止めてしまうに相違ない。」
この随筆は、昭和4年に出されたものです。当時と学校教育のなされ方が変わってきていますが、今の学校での理科教育はさほど科学者の芽を育てるまでにはいっていないようにおもいます。戦後から文部省や文科省の調査で、生徒の理科嫌いが問題になり、それを受けて理科振興の対策がとられて、それに沿って学習指導要領が作られ理科教育が行われてきました。しかし、一向に理科の成績が上がったり理科好きが増えたりしません。それを考えると、80年以上前と対して変わりが無いようです。いまの科学至上主義で何でも答えを出そうとすることはいささか同じ道を回っているだけでは無いだろうかと思う。

「化け物」の存在をその現象の事実として受け止めていました。また、以前に科学者の信じていた事実も、科学の進歩によりその理論的事実は否定されてしまったものもたくさんあります。そして、科学の進歩発展の速さが速くなった今、ますます事実とされていいたものが否定されるものが多くなり、新しい新事実があるようです。
このことからして、「化け物」「妖怪」の話は、当時の人としては、不思議な奇怪現象であれ、起こっている現象は事実でありそれを、「化け物」「妖怪」のこととして記録に残されていることは、大変な意味があることだとおもいます。
万が一それらの「化け物」「妖怪」を迷信として記録に残されていなかったら、今の科学の進歩などはないでしょう。
小学校や中学校の理科の授業でいうなら、単に科学的な事実を理論的に納得させてしまうと、それ以上の興味はおこらないでしょう。この奇怪な不思議な現象はなんだろうと疑問を起こさせそれを突き止めようとする心の動きを育むのが大切だと思います。

寅彦は次のように言っています。
「化け物がないと思うのはかえってほんとうの迷信である。宇宙は永久に怪異に満ちている。あらゆる科学の書物は百鬼夜行絵巻物である。それをひもといてその怪異に戦慄せんりつする心持ちがなくなれば、もう科学は死んでしまうのである。」

この寅彦の言っていることばは、単に、物理学や化学や生物学などの理科分野だででなく、社会科学や心理学などの分野に言えることとおもう。世の中の現象をどのように見るかによって、「見ていて視ていない」か、「視てただしく視ている」かにわかれてくるでしょう。その意味でわたしは、妖怪や化け物を信じる心の目をもてるようになりたいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 地球温暖化の問題点
    竹林泉水 (01/15)
    年始葬送のコメントありがとうございます。
    今年もお互いに良い年でありますようねがっています。

    ハイ 温暖化問題の解決の一番は、私は人間活動に足るを知ることだと考
  • 津久井やまゆり園の裁判
    アジシオ次郎 (01/13)
     遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

     さてやまゆり園無差別殺傷事件の被告に対する初公判は、開廷して被告が謝罪したと思いきや突然口に手を突っ込むとい
  • 地球温暖化の問題点
    荒野鷹虎 (01/10)
    温暖化問題は難解ですねー。
    直ぐ原発再稼働に走りがちになりますのでとんだ飛躍ですよねー。
    水力や風力発電はいかがなものでしょうかね。
    恐ろしいことが現実化されてい
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    02 | 2020/03 | 04
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR