FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

妖怪はどこへ

妖怪まんがの第一人者である、水木しげるが次のように書いています。
「・・・・・・・
行灯の光が妖怪を繁殖させていったんです。
行灯の光は妖怪の雰囲気に最高なんですよ。
想像力とか、幻想を抱かせる光じゃないですか。
けれども、いつの間にか、わたしたちの生活から行灯が消えてしまった。
・・・・・
ほんの少し前のこと、妖怪が行灯の光に守られているころは、
妖怪的な感度が発達した人間がたくさんいた。
だから、日々の生活のなかに妖怪が息づいていたんです。
いまの人は電気のある生活に慣れてしまったから、
妖怪的な感度が鈍ってしまっている。」
 ・・・・・・・(ゲゲゲ妖怪百物語 宝島文庫)


森づくりフォーラム代表理事で、独自の存在論、自然と共に生きることを提唱している、内山節しは、「日本人はなぜキツネに騙されなくなったのか」の本の中で次のように述べています。

「日本では、伝統的には、自然を人間の外に展開する客観的なものとしてとらえる発想がなかった。その理由は村の自然としてつくり変えたものが自然だったからである。・・・・」そしてそれが崩れだしたのが、1965年頃からで、「・・・・高度成長の展開、合理的な社会の形成、進学率や情報のありかたの変化、都市の隆盛と村の衰弱。さまざまなことがこの時代におこり、この課程でむらでも身体性の歴史や生命の歴史は消耗していった」。
この、身体性と生命の歴史は消耗が、人がキツネにだまされなくなった要因の一つだと言っていある。

現代の世の中は、灯明や行灯や囲炉裏やランプなどの明かりでなく、電気による明かりで最近はLEDライトで非常に明るくなって、妖怪に会わなくなっり、キツネにもだまされなくなってしまったのはよいのでしょうか。また、妖精の存在もみな信じなくなり、存在も想像しなくなってしまいまました。
そして、妖怪を恐れ怖がりながらも、なぜか「水木しげる」がもてはやされ、鳥取境港の「妖怪ロード」は観光スポットになり、ハリーポッターの人気は高いです。
ただ、それらはITなどが生み出した映像の世界や空想の世界で、昔と違うのは生活の中から生まれてきた妖怪とが大きな違いと言えるでしょう。

すこし、私の昔の記憶を頼ると、私の小さいころは「墓場の鬼太郎」と言っていたように思う、そして今のように、人間に悪さをする妖怪をたしなめるのではなかった。大人を小馬鹿にした悪ガキのような、まさにキツネが人を化かすような鬼太郎が記憶からよみがえるるのです。
そして今から考えると時々、目が無いのが逆の鏡像世界の鬼太郎が現れたように思うが、どんな鬼太郎だったかは思い出せない。それらが、いつの間にか親しみのある「鬼太郎」になったのと、人は妖怪に会わなくなり、キツネに騙されなくなったのと、ちょうど時期が重なるように思えるのは偶然でしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 夏のサンマ
    竹林泉水 (06/02)
    逆に一年間漁をやめるなどしてはどうだろうかと思うが、それでは漁業者の生活権を奪うことになる。また、今まで、外国人に日本の美味しい食材を紹介して、それを海外に売り
  • 夏のサンマ
    荒野鷹虎 (06/01)
    漁獲量は年々細くなっていますが、資源本来の減少も一因と思います。期限を撤廃するのは大きな間違いと思います。
    資源は有限ですから資源保護政策をとる必要はあると思い
  • 維新の会 丸山穂高氏の発言 記事追加
    竹林泉水 (05/16)
    私は丸山氏の日頃の言動をよく知らないので、何とも言えないがマスコミやネットなどを見ていると、もともと議会制民主主義の国会議員としてのあるべき資質を否定しているよ
  • 維新の会 丸山穂高氏の発言 記事追加
    竹林泉水 (05/16)
    私は丸山氏の日頃の言動をよく知らないので、何とも言えないがマスコミやネットなどを見ていると、もともと議会制民主主義の国会議員としてのあるべき資質を否定しているよ
  • 維新の会 丸山穂高氏の発言 記事追加
    アジシオ次郎 (05/15)
    おはようございます。

    その場の勢いで言ってしまったと言えばそれまでだが、政治家がこのような発言をすることは大変不適切で国内外で問題になりかねないレベルです。

  • 日米首脳会談と拉致と核の問題
    竹林泉水 (05/04)
    北朝鮮が日本を攻撃する可能性は極めて低いです。しかし、在日米軍基地を攻撃する可能性はあるが、そうなうとアメリカは我が国の基地が攻撃されたとして真珠湾の時のように
  • 日米首脳会談と拉致と核の問題
    風と雲 (05/02)
    全くお説の通りと思います。北の非核化が進まない限り拉致問題は解決されないように仕向けているのは政権の狙いでしょう。国民の大半が拉致家族に同情していることをいいこ
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2019/06 | 07
    ------1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30------

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR