FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

妖怪はどこへ

妖怪まんがの第一人者である、水木しげるが次のように書いています。
「・・・・・・・
行灯の光が妖怪を繁殖させていったんです。
行灯の光は妖怪の雰囲気に最高なんですよ。
想像力とか、幻想を抱かせる光じゃないですか。
けれども、いつの間にか、わたしたちの生活から行灯が消えてしまった。
・・・・・
ほんの少し前のこと、妖怪が行灯の光に守られているころは、
妖怪的な感度が発達した人間がたくさんいた。
だから、日々の生活のなかに妖怪が息づいていたんです。
いまの人は電気のある生活に慣れてしまったから、
妖怪的な感度が鈍ってしまっている。」
 ・・・・・・・(ゲゲゲ妖怪百物語 宝島文庫)


森づくりフォーラム代表理事で、独自の存在論、自然と共に生きることを提唱している、内山節しは、「日本人はなぜキツネに騙されなくなったのか」の本の中で次のように述べています。

「日本では、伝統的には、自然を人間の外に展開する客観的なものとしてとらえる発想がなかった。その理由は村の自然としてつくり変えたものが自然だったからである。・・・・」そしてそれが崩れだしたのが、1965年頃からで、「・・・・高度成長の展開、合理的な社会の形成、進学率や情報のありかたの変化、都市の隆盛と村の衰弱。さまざまなことがこの時代におこり、この課程でむらでも身体性の歴史や生命の歴史は消耗していった」。
この、身体性と生命の歴史は消耗が、人がキツネにだまされなくなった要因の一つだと言っていある。

現代の世の中は、灯明や行灯や囲炉裏やランプなどの明かりでなく、電気による明かりで最近はLEDライトで非常に明るくなって、妖怪に会わなくなっり、キツネにもだまされなくなってしまったのはよいのでしょうか。また、妖精の存在もみな信じなくなり、存在も想像しなくなってしまいまました。
そして、妖怪を恐れ怖がりながらも、なぜか「水木しげる」がもてはやされ、鳥取境港の「妖怪ロード」は観光スポットになり、ハリーポッターの人気は高いです。
ただ、それらはITなどが生み出した映像の世界や空想の世界で、昔と違うのは生活の中から生まれてきた妖怪とが大きな違いと言えるでしょう。

すこし、私の昔の記憶を頼ると、私の小さいころは「墓場の鬼太郎」と言っていたように思う、そして今のように、人間に悪さをする妖怪をたしなめるのではなかった。大人を小馬鹿にした悪ガキのような、まさにキツネが人を化かすような鬼太郎が記憶からよみがえるるのです。
そして今から考えると時々、目が無いのが逆の鏡像世界の鬼太郎が現れたように思うが、どんな鬼太郎だったかは思い出せない。それらが、いつの間にか親しみのある「鬼太郎」になったのと、人は妖怪に会わなくなり、キツネに騙されなくなったのと、ちょうど時期が重なるように思えるのは偶然でしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 地球温暖化の問題点
    竹林泉水 (01/15)
    年始葬送のコメントありがとうございます。
    今年もお互いに良い年でありますようねがっています。

    ハイ 温暖化問題の解決の一番は、私は人間活動に足るを知ることだと考
  • 津久井やまゆり園の裁判
    アジシオ次郎 (01/13)
     遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

     さてやまゆり園無差別殺傷事件の被告に対する初公判は、開廷して被告が謝罪したと思いきや突然口に手を突っ込むとい
  • 地球温暖化の問題点
    荒野鷹虎 (01/10)
    温暖化問題は難解ですねー。
    直ぐ原発再稼働に走りがちになりますのでとんだ飛躍ですよねー。
    水力や風力発電はいかがなものでしょうかね。
    恐ろしいことが現実化されてい
  • 日韓関係が戦後最悪
    竹林泉水 (01/05)
    北朝鮮脅威論や韓国敵視政策をとるような国の指導やがいるが、韓流ブームもあるし民間の間では、一部の政治の指導者が選挙の票集めのために嫌韓を煽っても、それは、一部の
  • 伝統食
    竹林泉水 (01/05)
    そうですね、食が便利にないり、曹洞宗の五観の偈のようなことを考えずにいることが多くなっています。
    だから、テレビ番組で、食べ物を笑いものに扱うような番組が制作さ
  • 日韓関係が戦後最悪
    omachi (12/17)
    お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で
  • 日韓関係が戦後最悪
    風と雲 (12/13)
    全くお説の通りだと思います。小生古希を過ぎていますが、この歳になっても、何故日本国民の中に 嫌韓とか韓国人を蔑むような輩が居るのかよく分らない。右翼系のある団体
  • 伝統食
    アジシオ次郎 (12/03)
    おはようございます。

    食の多様化による一方で加工食品やファストフードなどの台頭もあり本来の食文化をすすんで食べるという意識が低下したり、前述の加工食品やファス
  • 人工知能
    荒野鷹虎 (11/23)
    今年も終わりますが、白内障手術の結果が悪く、
    昨日は瞳孔を開いたのでまぶしくPCを開けませんでした。それに結果が悪かったもので気落ちもしましたしたしね^^。泣き)
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    12 | 2020/01 | 02
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR