FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

ペットボトルのリサイクル

ペットボトルのリサイクル

使用済みペットボトルの回収施設での体験。

ペットボトルの回収センターでのその仕事を実際に体験してみました。

始めに使用済みペットボトルが回収施設から出庫されるまでの流れを見てみます。


ペットボトルは色々な方法で回収されています。
・自治会などの地域の回収事業。
・スーパーなどの回収ポット。
・自治体の家庭対象の回収。
  (この三つはそれぞれの取り組み方にもよるが、ペットボトルを洗う、キャップを取る、ラベルを剥ぐなどがされマナーはよいと思います。)
・会社などの事業所からの回収。
  (事業所のペットボトル回収の取り組み姿勢が前向きかなおざりかによって違があるようです。)
・自動販売機の回収箱。
・交通機関の駅などからの回収箱。
・コンビニなどの回収箱。
  (これらは、その場で飲んでその場で捨てるので、ラベルが付いたままが多いようです。)

上記のようにいろいろと、回収方法があります。そしてそれらの回収に於いて、ラベルを剥がす、容器を洗うなどの資源ゴミとして出す上での、マナーの質に差が大きくあるようです。

PETボトルリサイクル推進協議会が作成してる、啓発ポスターを以下に紹介してみます。

   PETボトル再商品化の流れ PETボトルリサイクル推進協議会
(PETボトル再商品化の流れ(PETボトルリサイクル推進協議会)

ここからが体験したことです。
ペットボトル回収施設に、各地から集積されてきたペットボトルが、パッカー車から降ろされます。降ろされると言うより吐き出されると言った方が正確な表現でしょう。

   パッカー車排出


降ろされたペットボトルは、ビニール袋に入っているので、まずはそれを破り袋から出します。
各地の回収所から集められたのを、回収所ごとに分けて降ろされたらいいのですが、現実にはそれは無理のようです。ラベルが外されはずされきれいに洗われたのと、中身が残っていたりラベルが付いていたりするのと、同じ場所に降ろされて混ざってしまいます。

ところで、ペットボトルにリサイクルに出すマナーは、地域により大きな差があるそうです。新興住宅地のニュータウンなどは、リサイクルに出すマナーは良いそうですが、旧市街地や農村部のペットボトルの出し方は、ゴミとして出す感覚が強くマナーが悪いそうです。
もともと農耕産業は循環型の産業なので、資源の再利用を昔からしてきたと思うのですが、現代産業経済構造のなかでの、リサイクル事業への意識は低くマナーが悪いのは何故でしょう。


袋からだされた様々なペットボトルはコンベアーに乗せられ移動しながら、ラベルがついてあるもの、キャップがついているもの、中身が残っているもの、異物が入っているもの、汚れているものなどは、人の手で選別し跳ねられてます。

跳ねられたものはそれぞれ、人の手によりラベルが剥がされ、キャップをはずされ、中身は出されます。
極端に汚れて物はリサイクル出来ずに捨てられます。

    ベルトコンベヤー


ラベル剥がしは、剥がしやすいメーカのペットボトルと、剥がしにくいメーカのペットボトルがあります。また、ペットボトルの潰され方によっても、レベルの剥がしやすさや、キャップの外す易さが変わってきます。中身が入っているものは、中身を棄てるのですがラベルを剥ぐときに、身体に被ったりすることもあります。古いものは中が腐って悪臭をはなつものもあります。
ペットボトルが潰されたものもあります。横に平坦に平らに押しつぶされた物はよいですが、縦方向に圧縮されたり、捩じれて潰されたように押しつぶされたのは、蓋も取りにくくラベルを取るのも一苦労します。
ここで、汚れがひどいものや、中に異物が入っているもの、塗料などが塗られているものは、ゴミとして捨てられます。

ラベルやキャップが取られたペットボトルは、再びベルトコンベヤーに乗せられ、ペットボトル300個程が一塊に圧縮されバンドが掛けられます。一つの重さが15kgほどだそうです。それを、ベール化と呼ぶそうです。そして、それが再処理工場に出荷されるわけです。

    ペットボトルのフレーク


その後の処理の流れは、再処理工場でバンドで縛られたペットボトルは再び解かれ、洗浄され、人海や戦術や機械などによるセンサーなどにより、塩ビボトルの除去やカラーボトルの除去がなされます。そのご粉砕されて洗浄され、風力分離や、比重分離などにより、均質な8mmほどに砕かれPETのフレークにされます。その後、さらに加熱融解処理され粒状のペレットとなります。

このペレットが糸となり繊維になりシャツになったり。フイルムやシートになったり、ゴミ箱などの成型品などになり、再び私たちが手にするのです。

しかし、毎日大変な量のペットボトルが、リサイクルセンターに持ちもまれます。そして、リサイクルされるために毎日、分別仕分けやラベル剥がしや、キャップ外しなどが人海戦術により行われているのです。その仕事の内容は3K(危険、汚い、きつい)であり、安い労賃での仕事です。しかしその仕事をしている人がいるから、現代の私たちがペットボトルをふんだんに使う生活をすることができているのです。
すこしでも、ペットボトルを資源ゴミとして出すとき、綺麗に洗い、ラベルを剥ぎ、キャップをとることをしないといけないと改めて思いました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 夏のサンマ
    竹林泉水 (06/02)
    逆に一年間漁をやめるなどしてはどうだろうかと思うが、それでは漁業者の生活権を奪うことになる。また、今まで、外国人に日本の美味しい食材を紹介して、それを海外に売り
  • 夏のサンマ
    荒野鷹虎 (06/01)
    漁獲量は年々細くなっていますが、資源本来の減少も一因と思います。期限を撤廃するのは大きな間違いと思います。
    資源は有限ですから資源保護政策をとる必要はあると思い
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    07 | 2019/08 | 09
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR