FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

「琉球王国」を読んで

岩波親書に高良倉吉の書いた「琉球王国」があります。

  

そのなかで河上肇がした講演による「舌禍事件」の事が書かれいます。

そのことを、前後しますが私の感じたことを書いてみます。

沖縄の民族学者 伊波普猷が明治40年に「郷土史に対する卑見」と題する講演をしています。
「私は沖縄人がこの一致している所を大いに発揮させるということは、即ち沖縄人をして有力なる日本帝国の一成分たらしむ所以のものであろうと存じます。もしこれまでの惰力で琉球固有のものをかたっぱしから、ぶちこわそうとする人があったら、これとりものさず、両民族の間における精神的連鎖を断ち切るのであります。歴史を無視するのだります。只今申し上げた通り、一致している点を発揮させることは、もとより必要なことで御座いますが、一致していない点を発揮させる事も一入必要であります。一致していない点といえば少し語弊がありますから、他人が真似ることが出来ない点といっておきましょう。」

その後、伊波と親交のあった。河上肇は明治44年に沖縄に土地制度の調査にいったときに、那覇の松山小学校で「新時代来る」という講演をしています。
「沖縄を観察するに、沖縄は言語、風俗、習慣、信仰、思想、その他あらゆる点に於いて内地と其の歴史を異にするが如し。而して或いは本県人を以て忠君愛国の思想に乏しいと云う。然れどもこは決して嘆ず可きにあらず。余は之なるが為に却って沖縄人に期待する所多大なると同時に、又最も興味多く感ずるものなり。……故に仮い本県に忠君愛国の思想は薄弱なりとするも、現に新人物を要する新時代に於いては、余は本県人士の中より、他日新時代を支配るる偉大な豪傑の起らん事を深く期待し、且つ之に対して特に多大な興味を感ぜずんばあらざるなり。」

しかし、この講演は沖縄の旧支配者や本土から来た官僚や寄留商人などが聞いており、それに対して地元の琉球の新聞は猛烈に非難を浴びせたのです。沖縄県民に忠君愛国の誠が欠けていると受け取れかねない講演には、当時の地元の沖縄のリーダからしてみて、それに同調することは「琉球処分」がされたことを考えても非難せざるを得なかったのでしょう。


講演の二つの講演を読んでいると、民俗学など学問や芸能の分野においては、本土と沖縄の違いが研究され認め合われていますが、政治の世界では今も昔もそれほど変わっていないように思えます。

江戸時代に、薩摩は幕府の許しを得て、琉球を支配しようし、奄美を薩摩藩のものにしてしまいます。そして明治のなると琉球王国は琉球処分により、日本の支配下におかれ沖縄県となっていまします。そして、それ以降は沖縄の日本化がはかられていきます。
それにたいして、伊波普猷は、控えめに「一致していない点が大切だ」といいますが、その一致していない点を棄てる施策が押し進められていきまいます。
河上肇は、はっきりと「あらゆる点に於いて内地と其の歴史を異にする」その点が重要だといっていますが、沖縄の元から住んでいる人からも、今さら何をいっているのだ、そのようなことをしたらますます、沖縄人は虐げられてしまうと非難をあびていまいます。どれほど沖縄人は本土のに気を遣い我慢しているのでしょうか。政府は、気を遣い我慢をしていることに対してそれを考えたことがあるのかと思う昨今です。
沖縄の基地問題も常に、アメリカとの関係や政府や内閣の都合のいいように進められ、当事者の沖縄人のことは念頭にないようです。いままで、幕末末期から明治大正昭和、そして戦後の占領時代、平成になり、民主党政権になってもそでしたし、自民党に政権が戻っても、それは続き沖縄は虐げられているようです。

この後この本「琉球王国」は、考古学の面から切り込み、歴史的ながれがのべられる第二章「古琉球の時間」とすすみ。
第三章「アジアの中での琉球」
第四章「辞令書王国」
第五章「「王国」の制度を探る」
終章として、古琉球が提起するもの、自己回復するために。と続いていきます。
沖縄について考えるよい本の一つだと思います。

そして、沖縄が奄美を島津藩の侵入によりとられ、明治維新後に琉球処分により、強制的に日本に編入されたことにより日本社会の一員として。日本の発展のために尽くしてきました。そして世界大戦では日本を守る盾として、県民は一丸となり日本を守りました。しかし、それに対しての敗戦後の政府の仕打ちは沖縄を見捨てることにより日本の発展をなしとげました。そしていまだに沖縄は米軍基地を押しつけ見捨て続けててきました。本土の日本人は今の日本の発展があるのは、そのような沖縄の歴史があることを知り、今までのそれに対する礼をつくすのが、同じ同朋としての礼儀であると思います。

そして、伊波普猷が言った、「一致していない点」それは、個性でありアイデンティティが大切だと言うことです。
各地域の伝統や文化をお互いに認め合い、お互いの価値観を大切にし合うしことを改めて考えてみたいと思います。
いつの時代にも隣に住んで地域で一緒に暮らしている人は、お互いに融通し合いながら暮らしています。時には一寸した週刊などの違いから、誤解が生じることがありますが大抵は概ね以外見合うことはないです。
ところが、そこに同じようなことをしないといけない、画一化されているのがよい。宗教などでいうなら教義がこうだからと原理主義的になると、諍いが生まれ互に不信感をつのらせるようになります。それは今地球で起きている諍いをみれば、民族間や宗派間などの争いが頻発しているんを見れば自ずと知れたことでしょう。

今から100年以上前に言われた言葉が新鮮に感じるのは私だけでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 地球温暖化の問題点
    竹林泉水 (01/15)
    年始葬送のコメントありがとうございます。
    今年もお互いに良い年でありますようねがっています。

    ハイ 温暖化問題の解決の一番は、私は人間活動に足るを知ることだと考
  • 津久井やまゆり園の裁判
    アジシオ次郎 (01/13)
     遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

     さてやまゆり園無差別殺傷事件の被告に対する初公判は、開廷して被告が謝罪したと思いきや突然口に手を突っ込むとい
  • 地球温暖化の問題点
    荒野鷹虎 (01/10)
    温暖化問題は難解ですねー。
    直ぐ原発再稼働に走りがちになりますのでとんだ飛躍ですよねー。
    水力や風力発電はいかがなものでしょうかね。
    恐ろしいことが現実化されてい
  • 日韓関係が戦後最悪
    竹林泉水 (01/05)
    北朝鮮脅威論や韓国敵視政策をとるような国の指導やがいるが、韓流ブームもあるし民間の間では、一部の政治の指導者が選挙の票集めのために嫌韓を煽っても、それは、一部の
  • 伝統食
    竹林泉水 (01/05)
    そうですね、食が便利にないり、曹洞宗の五観の偈のようなことを考えずにいることが多くなっています。
    だから、テレビ番組で、食べ物を笑いものに扱うような番組が制作さ
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    01 | 2020/02 | 03
    ------1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR