FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

太極拳の練習の要諦

簡化二十四式太極拳の練習の要諦

参考図書 李天驥著 楊式簡化太極拳【24式】

 第一段階の功夫
・太極拳を学ぶ第一段階は、太極拳を行なう姿勢・動作の動きの基礎を確っりと身につけ、套路の手型、手法、足型、足法、身型、身法、腿法、眼法を理解し身につけ柔軟に行えるようにする。その中に、端正、安定、伸びやかさ、軽快柔和がもとめられる。
・端正 身体が片寄らず中正で伸びやかに、軸の通った姿勢を保ち、背筋を伸ばし肩を沈めて肘を垂らす、腰を弛めて、臀部を引き締め、身体を自然に真っ直ぐ軸が通りリラックスする。特に、腰と脊柱を中正にし、肩や腰、股間の力を抜く。身体の他の部分も力を入れ過ぎず剛柔のバランスをとることを心掛ける。
・安定 上体を端正に伸びやかな動きをするには、下肢の安定が大切で、歩型・歩法が太極拳套路の動作の基礎となるので疎かにしてはならない。歩法の幅が狭すぎたり広すぎたり、足の位置の角度が大きすぎたり小さすぎたりすると、虚実が明瞭でないので、次の動作に移るときに身体が不安定になる。
・伸びやかさ 特に伸びやかさは入門まもないころは、姿勢や動作への伸びやかさに意識する必要がある。特に初心のころは、頑張ろうとして無駄な力をいれてしまったり、不必要な緊張が入ったりしてしまうので、伸びやかさに気を意識するのがよい。
・軽快、柔和 太極拳の動作の大切さは、軽快、柔和、緩慢な動作にあり、それを早く身につけるには、動作はゆっくりと、柔らかく、力は入れ過ぎず軽く均一になるよう心掛けるのがよい。
 第二段階の功夫
・太極拳動作の特徴や法則を理解し、連綿と流れるように円滑した、上下のバランスが強調一致するよう心掛ける。
・連貫 太極拳の各套路が出来るようになれば、それぞれの套路がなめらかにつながり、水が流れるように動作の前後がつながり、動作の終わりが次の套路の始まりとなるように心がける。
先日、簡化二十四式太極拳套路の詳細にに書いた、一つ一つの套路を分解して行いそれをつなげる練習をしてもよい。しかし、24の套路と各の詳細の套路が、リズム感があり連綿と流れる減り張りをつける。
・協調 太極拳は全身の運動で、上下が相したがいバランスよく動き、全身各部の運動を協調一致が保たれるようにする。
・円滑 太極拳の各動作は弧形の曲線の動きによって構成されている。これを意識することにより、直線的な動きや、無駄な動きや動作が停まることが避けられ、円滑で滞りのない動作が生まれる。特に動作の要は、腰椎からの腰を軸とすることにより、四肢の動きが導かされるので、腰への意識は重要になっる。

 第三の段階功夫
・熟練してきたら、意を練る練習、気を練る練習、勁を練る練習とも呼ばれるが、その練る要点には次のようなものがある。
・太極拳であはよく、虚実を明確にと聞くが、太極拳でとは、動作の変転の化ええいを「虚」といい、動作が終わり定勢に達したときを「実」と言う。
主として、体を支える腿を「実」とし、支えを補助する腿を「虚」とする。また、動作の表現を主に具体的あらわす腕を「実」とし、補助し組み合わせる腕を「虚」とする。
これは、動作が定勢になるか、定勢の完成に近づいていくと、腰椎や関節を緩やかにし安定させる。逆に動作を変転・転換する運動になるときは全身の関節を揺ったりと活発化させる。このように、動作の虚実の緊張と弛緩を交互に変化をさせ減り張りをつくる。
・動作を連貫し協調し、円滑にして、力が連綿と断つことがないようにする。
・太極拳の動作は、套路の名前に「白鶴亮翅(白鶴が翔を広げる)」や「手揮琵琶(琵琶を抱える)」などの名称がついているが、それらをイメージして意念を思い描き、その動作を導きだす。太極拳に「意志の体操」という形容があるが、意識が動作を導くと言う意味です。
・勁力の剛柔・緊張・弛緩との相一致と、意識の活動と勁力の働きを協調させることで、沈着にして硬くならず、軽快にして浮つかないことである。
・呼吸は自然に動作に合わせ、心を穏やかに静め、呼吸は軽に自然にし、息は深く長く細く均一にし、動作と協調一致させることが肝要です。

 太極拳の基本、身法、手法、歩法
主なものを簡単に紹介しておく。
 身型・身法
・頭の百会に天上からの鉤に引っ張られているような感じで。頸筋の力を抜き、傾いたり揺れたりしない。
・中正で伸びやかで、身体の軸を意識して動かし回す時は柔軟で機敏にし、自然に穏やかに流れるようにする。傾いたり寄ったりしない。
・動作は腰を軸として四肢のバランスをとり動かし、ギクシャクしないようにする。
・気を落ち着かせ、緊張しすぎたり漫ろにな気持ちででしない。
 眼法
定勢で動作を決めるとき、眼は前方を平らに見るか、また手を注意して見、動作の転換の際は、眼と手法と身法を協調一致させる。
 手型・手法
・拳(チェン) 5本の指は自然に握り込み、親指は人差し指と中指の第二関節の上に添えつける。
・掌(ジャン) 5本の指はわずかに曲げ自然に開き、掌心にやや丸みをもたせる。虎口(親指と人差し指との間)は弧形にする。
・勾手(コウシュ) 塩を摘まむように、5本の指の指先を自然に摘まみ寄せ、手首を曲げる。
・手法には、(手+朋ポン)、(手+爪+寸リュ)、擠、按、雲手、打拳、撩拳などさまざまなものがある。
 歩型・歩法
・弓歩(ゴンブ) 前腿は膝を曲げ、大腿は地面と斜めになる。膝は爪先より前に出さず、爪先は真っ直ぐ前に向け、足底を地面につける。後腿は自然に伸ばし、爪先は斜まえ45度に向ける。
・虚歩(シュブ) 後腿を曲げ踏みしめ、爪先は45度に向け踵と臀部は相対にし、前脚はやや曲げ足先は前に向け爪先をつける。両足の横間隔は10cmを越さない。
・仆歩(プブ) 軸軸足はつま先を斜め前に向け、膝を曲げ腰を落とす。前に出す腿は自然に体側そって真っ直ぐ伸ばし地面に近づける。両脚は完全に地面につける。
・独立歩(ドゥリブ) 体を支える軸足は自然に伸ばし安定させ、爪先は下を向ける。もう一方に腿は膝を曲げ躰前に上げる。大腿は水平より高くする。
・開立歩(カイリブ) 両足を肩幅に広げ足先を前に平行に向ける。
・馬歩(マブ) 脚を広く開け爪先は平行にする。大腿が地面と平行になるぐらいに腰を落とす。
 動作の要領
・身体をリラックスさせて、心を穏やかに静め、呼吸を軽やかで自然にする。息は深く長く細く均一にし、動作と協調一致させる。「虚吸実呼」「開吸合呼」「起吸落呼」で、息を止めたり無理な呼吸にならないようにする。
・動作の転換は弧形におこない直線的やかたくならないで、虚実をはっきりさなめらかにする。
・腰を軸とした動作で四肢のうごきは、上下の動きは一体におこない、円滑する。
・動作は等しく連続して、連綿と途絶えず流れるように行なう。発勁や拍脚の動作はこの限りでなく速度に変化がある。
・全体の動作の流れは、軽快で機敏にして沈着で安定していて、剛柔を備え剛のなかに柔をふくませる。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    07 | 2020/08 | 09
    ------1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031-----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR