FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

民主主義の敵

民主主義と言う制度は、最善の制度だろうか、チャーチル首相は、第二次世界大戦後の議会が割れ、決議に紛糾したとき、記者からの質問に次のように答えた「民主主義は最悪の制度だ、今までの制度を除いてだが」。
プーチンはロシアの今の政治制度は優れている、アメリカは民主主義ものごとを決めるので、時間がかかるがロシアは決められる政治だ、との趣旨のことを述べていた。
決められる政治の独走はよいのだろうか。いま、日本も含めて世界の多くの国では、代議員制民主主義です。国民から選挙で選ばれた代議員が、議会で国民の代表者として議案を審議し議論を戦わせてものごとを決めていきます。それには意見の違いの一致点を見つけるため時間がかかります。それがチャーチルが言った、「最悪の制度」と表現したしかし、その後の「今までの制度を除いてだが」につなげ、議論して時間が書かがその時間がかかるのが大切だと指摘している。
「これしかないと」と言って、丁寧な説明責任を果たさずに法案を強引に可決していく政党が、いつまでも政権を握っているどこかの国の市民は、この民主主義とは何かを自覚して考えないといけない。

民主主義を壊す敵はだれなのか、それは民主主義の的は外側にいるのか、それとも本当の敵は内側にいるのか。民主主義を壊すのは、兇悪な独裁者か善得な政治家か、また善良な市民か良識的な市民か、知性的な市民か、惑わされやすい市民か。私は、いずれもすべてが民主主義を壊す人になりかねないと考える。

兇悪な独裁者や全体主義的の考えを持っている政治家が、民主主義を壊すとは私は思わない。彼等には本来そのような力を民主主義の世の中では持っていない。彼らにその力をあたえるのは市民です。踊らされた市民といってもよい、自ら進んで踊る市民が多くなれば、暴君が民主主義の世の中で生まれる土壌が醸し出されていく。
ワイマール憲法下のドイツで、ナチスひきいるヒットラが政権をにぎった。日本でも普通のおばちゃん主婦が国防婦人会の運動の推進者なり、我が子を天皇陛下のため、国のためと戦地に送り出していた。それにより、あの悲惨な戦争の結末の一つの要因にもなった。そのように、世の中の空気に流され踊らされての可能性は誰でもあることを、知って気を付けなくはならない。特に日本人は「空気」というものまた、社会ではなく「世間」というものを重視して気にして生活している。


これは、他の国でも多かれ少なかれこの、「空気」というものに流されてしまうところがある。アメリカでもベトナム戦争は共産主義から自由世界を守るためだとして、正義の戦争として始められ多くのアメリカ国民の血がながされていた。

しかし次第にベトナムで行なわれている戦争の実態が知られるようになると、自国がしている戦争が捏造と不正の戦争に気が付き、自国を愛する人たちにより反戦運動が盛り上がり、ベトナム戦争からの撤退になっていった。
これは、アメリカ国民の多くが個人としての考えを持ち行動したから、国の戦争への暴走を止めることがが出来たのだといえる。それは、アメリカの建国の理念が自由と個人の尊重でもあり、アメリカ独立宣言や憲法ににもその重要性が明記され、アメリカ国民はそれを大切にし、その規範により生きていくよう教育されているからだろう。

日本国憲法にも、個人としての自覚を持ち行動することの大切さが書かれている。
憲法前文には。
 前略
「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 中略
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。」
また、第十三条には、「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」
とある。

このように、書かれているが、日本では世間の空気を読むや、組織のなかには上意下達の傾向があり、上からの文書や仲介者を介して行なわれるので、上位者の至高性・秘密性ができてしまい、盲目的に服従してしまう傾向が強い。その上、日本はボトムアップの土壌が育ちにくいようだ、政府が広くパブリックコメントを応募しても、その意見は少なくその前部が公開されないこともある。また政府が第三者の有識者会議を設置しても、その有識者を意選ぶ人が当事者であったりする。
これでは、個々の意見が百家争鳴や百花繚乱のようにでて議論がつくされることは望めなくなる。
しかも、アジア太平洋戦争ころの国家神道の下での国家主義的な社会制度の世間のなかで、封じ込まれえた個人は戦後にできた新憲法により解放された。しかし、それから75年たち長い不況で市民は疲弊したことにより、別の救済を求めてまた祖先帰りしてきているようだ。このままではまた日本の民主主義は封じ込まれてしまう。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    02 | 2020/03 | 04
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR