FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

西遊記と神話

中国の古典の三大奇書の一つの『西遊記』の書き出しに、次のようにある。

混沌はまだ分れておらぬゆえ
天と地は渺茫なんにも見えず。
盤古が卵を破ったその時から
天地はひらき清濁の別も生ず。
生きとし生けるを育くむ仁は
万物をつくり善へとみちびく。
創造の秘密を知りたいのなら
この『西遊記』を読みたまえ。
(岩波文庫 最遊記 中野美代子)

冒頭の中国語では次のように書かれている。「混沌未分天地乱 茫々渺々無人見」
この混沌と未分で渺茫でなにも見えないことは、中国の他に書物にも見ることができる。

中国には、ギリシャやエジプトやインドのような系統だった神話がないというが、袁珂が『中国古代神話』(みすず書房1960年4月20日)で次のように述べている。
中国の神話は、元来豊富でないとはいえないのだが、惜しいことに散逸してしまい、残ったいくつかの断片は古人の著作中のあちこちに散在して脈絡がなく、ギリシャ各民族の神話とその美しさを競いあうことができぬのは、大へん残念である。

とのべ、散逸した理由として魯迅の『中国小説史略』で、三つの項目を紹介している。
一は、中国の民ははじめ黄河流域にいて、自然の恩恵が少なく、その生活も苦しかった。だから実際を重んじて空想を退けた。まして古伝を集めて大文書にするなど出来ない相談である。
二に、孔子が出て、修身斉家治国平天下等の実用を教えとして、鬼神のことは口にしようとせず、太古の荒唐無稽の説はいずれも儒者の触れないものとなった。
三に、神と鬼とを区別しなかった。天神・地 ・人鬼は古は区別があったようでるが、人鬼もまた神 になることができた。人と神とが混 すれば、原始的信仰から脱却出来なくなる。
と、魯迅は『中国小説史略』(平凡社 東洋文庫618)で

天地開闢の神話など、中国に残存するものは、その構想がすでにかなり高くて、原始人の真面目を見ることができないのは、つまりその例であると言いきっている。

さらに、魯迅は、
『芸文類  三五歴記』を引いて
「天地は鶏卵のようにのっぺらぼうであった。盤古がその中に生れて、一万八千年。天地が開け、陽は澄んで天となり、陰は濁って地となった。盤古はその中にいて、一日に九たび姿を変え、天においては神となり、地にあっては聖人となった。天は日に一丈ずつ高くなり、地は一丈ずつ厚くなり、盤古は日に一丈ずつ丈が伸びた。そのようにして一万八千年、天は極めて高く、地は極めて深く、盤古は極めて大きくなった。その後になって三皇が出た」
を紹介している。

また、『列子 湯門』を引いて
「天地もまた物である。物として足りないところがあったので、むかし女?(女+咼)氏が五色の石をとかしてその欠落を補い、大亀の足を断ち切って世界の四隅のそれを立てた。その後共工氏が?(?+頁)?(センギョク)と帝位を争い、怒って不周の山に触れ、天を支える柱が折れ、大地を支える大綱が切れた。ために天は西北に傾き、日月や星はそちらに移り、地は東南に満たず、ためにすべての川や沼沢の水はそちらに流れるのである」
を紹介している。

『西遊記』では先にあげた詩につづいてつぎのようにある。
さても天地の秩序は、こんなぐあいになっております。すなわち、十二万九千六百年を一元といたしますが、その一元を十二の会に分けます。つまり、子・丑・寅・卯・辰・午・未・申・酉・戌・亥の十二支です。そこで、一会は一万八百年ということになります。(岩波文庫 最遊記 中野美代子)
これなど、芸文類  三五歴記の一節と似ているところがある。

しかし、この混沌は中国に限らず世界中の神話の中に見いだすことができる。日本の『古事記』を見てい見ると
そもそも宇宙の初めに、混沌とした根元がすでに固まって、まだ生成力も形も現れなかったころのことは、名づけようもなく動きもなく、誰もその形状をしるものはなかった。しかしながら、天と地とが初めて分かれると、天御中主神・高御産巣日神・神産巣日神・の三神が、万物創造の初めとなり、また陰と陽の二気に分れると、伊邪那岐・伊邪那美の二神が万物を生み出す祖神となった。(古事記 講談社学術文庫 次田真幸現代語訳)

また、キリスト教の旧約聖書を見ると
創世記 第一章 1-5
はじめに神は天と地とを創造された。地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。
神は「光あれ」と言われた。すると光があった。神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。神は光を昼と名づけ、やみを夜となづけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。
(日本聖書協会 1955年改訳)

ギリシャ神話では、世界の形成と神々の誕生について、青土社の世界の神話シリーズンのギリシャ神話(フェリックス・ギラン 中島健訳)でカオスとガイアについて次のように書いてある。
初めに混沌(カオス)があった、漠として暗かった、とヘージオドスは述べていうr。ついで、奥深い胸をもった大地ガイアが現われ、そしてついに「心を和らげる愛」エロースが現われた。それ以降、エロースの生み出す力が、生物・無生物の生成に常に主役を務めることになった。
カオスから暗黒(エレポス)と夜(ニユクス)が生まれ、ついでこの二つのものが結びつき、光(アイテール)とヘーメラスすなわち昼が生まれた。
ガイアは、まず、星々の冠を戴いた天空、ウーラノスを生んだ。「ガイアは、ウーラノスを自分と等しく雄大なものに生んだので、ウーラノスは彼女を覆いつくした。」ついで、彼女は高い山々と、波の美しく響あう「不毛の海」ポントスを創りだした。

このように世界の神話を見てみると混沌とした世界がまとまっていくところはよく似ている。

西遊記の話しで、孫悟空が天宮を大いに騒がす話や、玄奘三蔵の八十一難の話しなど、どうやら中国の古来からある神話など精神から作られた話のようです。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    12 | 2020/01 | 02
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR