FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

いただきます ごちそうさま

「いただきます」「ごちそうさま」について、多くの人は「食材となってくれたものたちの命を奪うのでそれに敬意を表し、いただきます」「食材を育て用意してくださった方に感謝し、いただきます」「調理してくださった方に感謝し、いただきます」「食事の機会を与えられたことに感謝し、いただきます」とよく言われ、昔から「いただきます」「ごちそうさま」と言っていたと思っている人が多い。私もその中の一人だったが。
道元が著した「赴粥飯法」に、「一つには、功の多少を計り、彼の来處を量る。二つには、己が徳行の全缺と忖って供に応ず。三つには、心を防ぎ過を離るることは貪等を宗とす。四つには、正に良薬を事とするは形枯を療ぜんがためなり。五つには、成道の為の故に今この食を受く」。とあるが、そこにはいただきますとは書かれていない。

曹洞宗八屋山普門寺副住職の吉村昇洋が「精進料理考」で、戦前に国民学校で使われた「生活訓 『孝行導草』に、
「箸取らば、天地御代の御恵み、(主)君や親の御恩あぢわゑ」」とある。
この文言は、江戸後期刊の生活訓『孝行導草』から取ったものとされるようだが、戦前の昭和期の帝国主義統制下の教育の国民学校で使われたことを考えると。教育勅語とでは、「臣民は朕の子どもであり、親を敬い朕や国に一旦緩急があれば、一身を捧げて皇室国家の為につくせ」とある。これとセットで考えると。
天の恵みとこの時代の主君たる天皇陛下、そして自分の父母に対して感謝を述べ、続けていただきますと言って、食事をすると指導する趣旨がある。

しかし、この「箸取らば、天地御代の御恵み、(主)君や親の御恩あぢわゑ」は江戸後期刊の生活訓『孝行導草』ともいわれているので、君なら帝で天皇になる。しかし、君ではなく、括弧がつき(主)君となっている。主君となると自分の仕えている君主・殿様あるいは、商家など市井なら旦那などになる。江戸後期の生活訓『孝行導草』どのように書かれているか私は確認できないのでわからない。ただ、江戸時代は句読点や括弧などをつける習慣がないので、「(主)君」は後で(主)がつけられたのではないだろうか。また、江戸時代は、京の都に住んでいる人ぐらいしか天皇の存在を感じていなく。江戸の町では公方さんといい徳川将軍を身近に感じていたので、この「箸取らば・・・・」は、戦前の昭和期の帝国主義統制下の教育政策でつくられたのだろうか。


それはともかく、戦後の学校でも食事の作法としてその「箸取らば・・・・」は、軍国主義できだとされ、「いただきます」「ごちそうさま」のフレーズが、残ったのだろう。
戦後の学校給食での「いただきます」が、親の世代のなても家庭で子の世代に引き継がれていったと考えられる。

しかし、私は中学校の教師をしていたが、お弁当の昼食指導のとき、クラスで皆で食べるとき、一年生の日番の生徒が、「いただきます」ではなく、「おあがりなさい」と言う生徒がいた。その生徒は小学校の時に担任が「おあがりなさい」と言っていたのだろか。わたしはそのような時「おあがりなさい」は命令形で、人間に対して使うものではない。イヌやネコに対して言うもので、食事に関しては上下関係はなく同等なので、「いただきましょう」でもなく「いただきます」と言うのがよいと指導をしていた。

しかし、「いただきます」「ごちそうさま」は、食事をするときに手を合わせて「頂きます」「御馳走様」というのは、無意識的にしている。そう考えれば、「箸取ば・・・・・御恩あぢわゑ」は帝国主義ていだが、「いただきます」「ごちそうさま」はよき習慣だといえる。
できれば「赴粥飯法の五観の偈」を唱えなくとも思いいただきたいものです。


ところで、私は中高とミッションスクールだたので、昼食の時間でつぎのようにしていた。
食事前に十字を切り
父よ、あなたのいつくしみに感謝して、この食事をいただきます。
ここに用意されたものを祝福し、
わたしたちの心とからだを支える糧としてください。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
食後に
父よ、感謝のうちにこの食事を終わります。
あなたのいつくしみを忘れず、すべての人の幸せを祈りながら。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

と唱えるか黙想する。(父とは神のこと)

イスラム教やヒンズー教
イスラム教はわからなかったが。

ヒンズー教ではネットで調べると次のようになっていた。
食事の前の祈りは、神のためのものではなく、自分のためのものです。神からの祝福をいただいて、食べものを清めるためだとされている。
捧げることは神であり、捧げるものも神である。
神は聖なる炎であり、その炎に捧げるものも神である。
神とひとつになる者とは、
すべての行為が神とひとつとなっている者だけ。

わたしは火の神ヴァイシュヴァーナーロー
すべてに広がる宇宙の力、
いのちの身体(からだ)に宿る者。
吐いて吸ういのちの呼吸とひとつになって、
すべての食事を消化する。

日本の神道ではどうなのだろうか、日本の神道はおのおのの神社に祀る神によって違うだろうが、聞くところによると神社本庁が、食前の感謝として先導役が合図うし、「たなつもの 百の木草も 天照す 日の大神の めぐみえてこそ」詠へ。
食後感謝として、「朝よひに 物くふごとに 豊受の 神のめぐみを 思へ世の人」と詠いようです。

また、日本の各地のやまびとや猟師や漁師など、それぞれの食事に対して自然の恵みを感謝す儀式をしたり、祈りをしたりする。
やはり、「いただきます」「ごちそうさま」は、自分たちのからだの糧となる食事への感謝を忘れないでいることが大切だろう。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    11 | 2019/12 | 01
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR