FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

ホモサピエンスは尊大でいいのか 2

昨日は、人類であるホモサピエンスが知能・知性を発達させ文明・文化を発展させ豊かな社会を築いてきた。それにより動物を家畜に支配してきた。それに対しって私は地位さときから疑問に思ってたとかいた。
また、三大発明をし、蒸気機関を発明し産業革命以降めまぐるしく文明を進化?さえてきた、そして1940年あたりから、科学が等比級数的に進化して発展してきたいま、今まで大きな自然の力や理解しがたいことは、神の仕業と解釈したりしてきた。しかし、分子生物学やIT技術の発展により、人類は「我はゴッド」の智慧や力を得たりといえるまでになってきたことに疑問があると書いた。

私はもう一つ小さいときから、疑問というか分からないことがある。それは人間には感情とか情念と言うものもっっているとされている。それが動物との違いだと説明されてきた。しかし、私は本当に動物にはそのようなものをもっていないのだろうか。他の動物ももっているのに、人間が理解したり感じたりする事ができないだけではないだろうかと。
家畜とペットでは、明らかに牛や馬や犬や猫とはそれぞれ違い、飼い主などに対しての接し方が違い、特にペットは飼い主の思いを感じとっている。多くの学者は動物には意識はあるが、人間のように自分自身を唯一無二のものとしての自己意識がないと言う。しかし、私はいや多くのひとはそのように思ってだろうか。
昔から寓話や民話や神話などで、動物を擬人化したり、神が宿っていると描かれている。また現代ではアニメなどで、多くの動物を擬人化してストーリーを展開させている。そちらの方がわたしたあち一般人には受け入れやすい。
しかし、目の前のいる動物やペットなどに対していくら思い入れを持っていても、主人と動物の関係は、人間でいうと雇い主と雇用人の間には、その前提として人間としての人権が前提としてある。しかし、ペットにはそれはないのはよいとして、自然界で自然に自由に生息している動物は、それなりの動物としての生息権などの権利を認めてよいのではないかと思っていた。
私が小学生のころ、小学校の裏山がブルドーザーで切り開かれていったが、そのとき思ったのはここに住んでいた、リスやイノシシなどの野生動物は、どこに追いやられたのだろうかと思った。
私が30代前の勤務地の前の広がる緑の丘陵が、1年の間に瞬く間に切り開かれてしまった。そして今では多くおの人間がそこで暮らしている。
いま、私たちの便利な生活を支えている、電気エネルギーや電化製品などの原材料は、自然豊の地の森の木を伐採して採掘されている。そこの暮らす動物や植物には何ら了解をとっていない。
私たちは別段動物の許可を必要だと思っていない。自然保護団体や動植物保護活動をしている人も、多くの人はそれらを絶滅させてしまったら将来自分たちに降りかかってくるものがあるとして、それらの保護活動をしている。
だれも、人間がその生息圏に入る前から生息している動植物のことを中心には考えようとしない。

わたしたち、人類はあまりにも増えすぎてしまっている。だからといって、この宇宙船地球号の一員は人間だけであるという考えをあらため、たのあらゆる生物も同じ一員だという考えでこれから生きていくことはできないのだろうか。
関連記事

健康増進法改正に思う

健康増進法の改正により、7月1日から、学校や病院、行政機関などの屋内で全面禁煙になった。
これは、たばこを吸っていないひとが、他人の吸ったたばこの煙を吸い込む受動喫煙を防ぐためだが、何故いま頃この法律が施行されたのだろうか。
私が勤務していた市では、教育委員会が管轄しているすべての幼小中高特別支援学校高専などは、屋内ではなく敷地内全面禁煙でした。
たばこを吸いたい人は、敷地を出て道路で吸っていました。屋内のみの禁煙では不十分でしょう。教師が校舎を出てグランドなどでたばこを吸うのはどうかと思う。道路で吸うのももちろん問題があります。
わたしが通勤していた経路の街中に、大学のキャンパスがあったが、その大学も全面禁煙のようでした。休み時間になるとコンビの前に行き多くの学生がたばこを吸っていました。

受動喫煙とたばこによる健康被害についてもっと一人一人が考えるべきでしょう。
今の時代、糖尿病と喫煙による肺ガンで死亡する人は、今全世界で戦争などの戦闘で死亡する人より多いといわれています。まこと飽食と喫煙は実に愚かなことだと言える。
そのようなことから、禁煙の推進はもっと押し進めていくべきではないだろうか。
関連記事

残留遺骨のDNA鑑定

アジア太平洋戦争で外地での戦没者の遺骨は今まで焼骨して日本に帰還させていたが、それではDNA鑑定ができないのでので、遺族から遺骨を焼かずにそのまま持ち帰ってほしいとの要望があった。それにより、今回、厚労省は、今後遺骨を焼骨せずにそのまま、日本に持ち帰るようにすることが検討されている。
DNA鑑定などの技術がなかったころは、防疫などのりゆうからか焼骨していたのだろうが、DNA鑑定はいまは太古の骨からもDNA鑑定によりその骨の主の進化の系統がわかる時代です。また、犯罪捜査にも使われている時代です。今まで、何故DNA鑑定ができるように、遺骨をそのまま持ち帰らなかったのだろうか。

遺骨は焼骨して持ち帰るので遺品などがなければ身元が分からないままになり、現在では身元不明のまま、千鳥ヶ淵戦没者墓苑に納められている。
それが、DNA鑑定を活用できるようになり、遺族のもとに届けられるようになり、亡くなられた御霊や遺族にとってよいことだろう。

厚労省によれば、いままで、身元が特定できる名前が書いてある遺留品などがある場合に限ってDNA鑑定をしてきたので、シベリアに抑留され死亡したひとの埋葬記録が残っている人のDNA鑑定が行われたしている。
しかし、南方での遺骨には特定できるそのようなものがほとんどないので、遺骨をできるだけ早く弔うために、荼毘に付すため、焼いて持ち替えていたという。それはそれで意味のあることだったが、DNA鑑定技術が確立しているいま、厚労省の今回の検討は当然で早く、決定することがよいだろう。
関連記事

安倍政権のありよう

ぜ安倍内閣で公文書の改竄や水増しや不法廃棄が問題視されるのか。それは、現代社会は政治の世界でも商取引のせかいでも、行政システムのなかでも、文書の記録が神聖視されるからだろう。
その最悪の一つの例が、毛沢東が1958年に打ち出した大躍進政策だろう。中国を一気に超大国に変えよとして、農業生産の余剰を、産業事業や軍事事業の資金の供給源にしようとした。そのため、農業の生産量を2倍から3倍に増やすように命じた。この毛沢東の命令は、上意下達で中央政府の官庁から官僚と下り、地方の行政感を経て、各地方の尊重に下達され、人民公社に伝えられた。しかし各末端の現場では実現不可能なことをよく知っていたが、地方の役人や人民公社の社員は、無理なことを口にすることは恐ろしくてできなかった。それにより上に報告される報告書は、その達成目標への数字は捏造され水増しされ、いつの間にか0が増えていたりしたという。そのため農業生産量は現実より多く報告され、その数字を信じた中央政府は余剰分を海外に売却して外貨をえたが、そのため中国国内では食糧不足で飢饉が起きたと言われている。

アベノミクスの成功、年金基金ば盤石の安全制を掲げている安倍政権にとっては、景気の減速や年金の先行きの不安は、あってはならないことです。しかし、このところいろいろとそれに不都合な調査けっかや報告書がでてきている。そのため、それらの数値を隠蔽したりなかったことにしようとするのでしょう。
「あるものを無いとは言えない」ある元官僚が言ったが、「あるものを都合が悪いから無いことにする」というのは、例にあげた中国の大躍進政策の失敗と同じ轍を踏むのではないだろうか。

「文書と現実が衝突したとき現実の方が道を譲る」という言葉を聞いたことがる。自分たちが作った物語が現実似合わなくなると、物語を変えるのではなく、現実を物語り似合うように変えてしまう。つまり無理矢理に現実と物語を合わせようとする。

安倍首相の「三本の矢」がだんだん中国の1958年の「大躍進政策」と同じように見えてきた。そのように見えるのは私だけだろうか。その結果はだれが責任をとり尻拭いをするのだろうか。
安倍首相が党規約通り連続三期で引くなら、その責任はとらなくてすみ、その尻拭いは次の政権を担った人になる。もし、仮にだが再び自民党に愛想をつかし、野党連合の政権が誕生しても、今までの政策の尻拭いをに失敗して、やっぱり頼りにならない自民党でないとだめだとならないか。
このシナリオは最悪なものだが、自民党の驕りの暴走を止めるには、今度の選挙で自民党の議席減という鉄槌を食わさないと行けないだろう。
関連記事

韓国への輸出優遇措置の見直

政府は韓国への輸出優遇措置を見直し、半導体の原材料などの輸出規制を強化した。政府はこれは「徴用工」問題は関係ないしながら、両国の信頼関係が著しく損なわれているためだと言っている。徴用工問題との関係にちては、政府は否定しているしかし、どう見ても、信頼関係が損なわれているのは、徴用工問題が原因のひとつだから、それに対しての経済的な報復措置にしか見えない。

また、この輸出規制強化は、安倍政権は国民に韓国に対しては、毅然とした態度で接し、強い態度で接する姿勢を、参議院選挙前に示しておきたいからではないだろうか。
しかし、今の時点でそのようなことをすると、日本国内の嫌韓感情を助長し、反韓機運を高めてしまいかねないです。ますます、問題をこじらすことになるのは判りきっているのに、何故、政府は今の時点でこのような輸出規制の強化を打ち出したのだろうか。
やはりトランプのように強い日本を国民に示したいのだろうか。なんだか危険に感じる、今の日本の一部の国民はそれに同調して喝采を浴びうる少数者の大きな声が、国民の多数の声と勘違いして、ますます強硬な姿勢になっていくと、ますます両国間は冷え切ってしまう。

また、ニュースなどでは、G20大阪サミットでは、首脳会談は行われず夕食会でも別々の席に座ったとして、韓国側が歩み寄ってこなかったかのような報道がみえる。
両国の関係は冷え切った状態だったというが、G20を機会に善隣友好をつくりたいなら、まずはホスト国の日本が同じテーブルの席を設定するなど、その雰囲気を作り出す機会の主導権が日本にあるので、その機会はいくらでも作れたのではないかと思うが、それをしなかったのは安倍首相ではなかったのか。
関連記事

新しい時代

令和の時代の経済成長はどのような成長をするだろうか。以前から成長ありきの社会よりも、循環型経済社会をと訴える人がいる。江戸時代がその見本だというのだが、その人たちはなにも、何にも江戸時代に戻れと、乱暴なことを言っているのではない。
今の弱肉強食の成長ありきの社会に疑問を投げかけているのです。

現代の世の中は資本主義の原理として、成長をし続けることを念頭に経済活動が行われている。金融が滞ってしまうと景気は一気に冷え堕ちてしまい不景気になってしまう。しかし、経済成長をするために工業を盛んにすることにり、いまは、自然環境が破壊され人間生活にもその影響が及びだしている。森林破壊や水資源の汚染や地球の温暖化問題が深刻になってきている。循環型社会をと訴える人は、その解決さくとして江戸時代の経済活動に学んだらと考えている。

循環型経済社会はいわばゼロサムゲーム経済で経済成長がゼロに近い社会です。
ゼロサムゲームを日本語にすると、いわば差し引きの和がゼロなので、「零和ゲーム」となります。
平成から令和になったのだから、国家予算が100兆を超えたと喜び多くの借金により国家予算が成り立っていることを、見て見ぬ振りをするよりも、零和の国家予算のあり方を考える方が大切なのではないだろうか。

ゼロサム社会とは、経済成長が止まり経済が飽和して拡大していない社会で、成長の限界を超えていることになる。いわゆる循環型経済社会となる。
市場マーケットの観点からみると、市場のマーケットで得られる利益は一定であるから、一方が利益が増収したら、も片方は利益が減収したり損益を出したりするが、全体としてはその総和はプラスマイナスゼロとなる。つまり弱肉強食の経済で自己責任の社会ということになる。

令和の時代の零和社会は前者になるだろうか、後者になるのだろうか。
関連記事

商業捕鯨に思う

捕鯨について、私は賛成でも反対でもないが、商業捕鯨をするならそれなりの位置づけて理由が必要だろう。政府は「今後も外交努力を重ね、捕鯨の歴史や食文化について、各国に丁寧な説明を続ける」といっているが、こおの歴史と食文化をいうなら、クジラの食文化を世界遺産に登録申請をして、クジラを食べる食文化の正当性を訴えたらどうかと思う。歴史ある食文化という理由だけでは説得性に欠けるだろう。
そもそも、戦後の食糧難の時代ではクジラの需要があったが、今はそれほどのクジラの需要もないし、肉以外の部位は昔は骨など様々なものに加工されていた。靴ベラ、歯ブラシや楽器の弦や機械油やクリームなどに加工され商業利用されていたが、いまは石油製品などで賄われて、いまはほとんどは使われるのだろうか。例えば靴ベラなどに加工するなら、高級品として加工され採算がとれるほどの需要はないだろう。
どれほどのものが、利用されどれほどのものが廃棄処理されるのだろう。

国際捕鯨委員会を脱退し、商業捕鯨を始めたのは、このままでは先行き捕鯨ができなくなるのを恐れた、旧日魯漁業や旧大洋漁業や捕鯨業者などへの対策が本音ではないだろうか。戦後は野球球団を持てるほどの大企業だったが、それらの大手の捕鯨会社は捕鯨が占める儲けの割合はほとんどないだろう。

しかし、日本国内では、北海道の網走沿岸のツチクジラ漁や、和歌山の太子町のイルカ漁ように、IWC管轄外の小型捕鯨もあが、むやみに捕鯨をしていくと、国際司法裁判所が条約違反を認定する事態にる恐れもある。政府が言うこ伝統的な漁の存続までも危うくなってしまうのでないだろうか。
これからの、捕鯨の仕方を熟考して進めないといけないでしょう。
一部にカナダなどの先住民が捕鯨をしているが、彼らの捕鯨は自分たちの食生活のためにしているもので、日本の捕鯨の量と比べると比較にならないほど小規模です。
また、調査捕鯨をしていたら政府からの捕鯨調査費としての予算が毎年交付されるが、商業捕鯨となれば調査捕鯨の交付も受けられなくなると、捕鯨の採算が採れるだろうか。当然そうなれば、採算が採れるだけの捕獲量を捕鯨業者は要求してくるだろう。それにそれに対しt今後どのようにするのだろうか
関連記事

冷え切る日韓関係

政府は韓国への輸出優遇措置を見直し、半導体の原材料などの輸出規制を強化した。政府はこれは「徴用工」問題は関係ないしながら、両国の信頼関係が著しく損なわれているためだと言っている。徴用工問題との関係にちては、政府は否定しているしかし、どう見ても、信頼関係が損なわれているのは、徴用工問題が原因のひとつだから、それに対しての経済的な報復措置にしか見えない。

また、この輸出規制強化は、安倍政権は国民に韓国に対しては、毅然とした態度で接し、強い態度で接する姿勢を、参議院選挙前に示しておきたいからではないだろうか。

しかし、今の時点でそのようなことをすると、日本国内の嫌韓感情を助長し、反韓機運を高めてしまいかねないです。ますます、問題をこじらすことになるのは判りきっているのに、何故、政府は今の時点でこのような輸出規制の強化を打ち出したのだろうか。
やはりトランプのように強い日本を国民に示したいのだろうか。なんだか危険に感じる、今の日本の一部の国民はそれに同調して喝采を浴びうる少数者の大きな声が、国民の多数の声と勘違いして、ますます強硬な姿勢になっていくと、ますます両国間は冷え切ってしまう。

また、ニュースなどでは、G20大阪サミットでは、首脳会談は行われず夕食会でも別々の席に座ったとして、韓国側が歩み寄ってこなかったかのような報道がみえる。
両国の関係は冷え切った状態だったというが、G20を機会に善隣友好をつくりたいなら、まずはホスト国の日本が同じテーブルの席を設定するなど、その雰囲気を作り出す機会の主導権が日本にあるので、その機会はいくらでも作れたのではないかと思うが、それをしなかったのは安倍首相ではなかったのか。
関連記事

ノートルダム大聖堂火災による環境汚染

ノートルダム大聖堂の火災から3ヶ月になろうとしているが、環境汚染の問題が深刻かしている。

屋根に使われていた大量の鉛が燃え周辺に鉛の煙塵がまき散らされたからです。
周辺は通常の400倍の汚染が検出されるそうです。
聖堂ないに入って作業をするには、防護メガネと粉塵マスクと手袋と防護服をして作業をしなければならないという。しかし、すべての作業をしている人がそのようなことをしているかというと、暑さや作業効率が落ちるので、手袋やメガネなどをしていない人もいるそうです。

これを聞いているとなんだか、日本の原発作業員のように思える、しかし、原発はトータルの放射線線量が基準を超すと、作業ができなくなるので線量計の電源を切ってしまう人もいるそうだが、鉛には放射線はないのでその心配はないが、鉛を含む粉塵が皮膚についたり目などの粘膜から体内には言ったり、マスクをしていなければ粉塵を吸い込み肺ガンなどになる恐れもある。
いずれにしろ、昔建てられた建物はいまの環境基準がなかったので、解体したりするときは、周辺の環境汚染をしないように配慮しながら解体される。しかし、今回は、火災で燃えたので今の基準での汚染は深刻だろう。
そう思うと、戦争などの爆撃で破壊された建物や施設なども、その攻撃された施設に何があるかを、周辺住民はよく知っておかないといけないだろう。
関連記事

選挙後の日本はどこへいくか

参議院選挙が始まったが、その結果この国はどこ得進むかの転機になるのか。
最近、国連からの出される報告書に日本にとって不利なことや好ましくない報告がなされることがるが、それに対して政府は日本のことを理解していない、それにはあたらないと報告書を否定し批判している。それなら政府は、日本の説明の誤解を解くように、、改めて丁寧な説明するかとおもうが、それもしようとしない。
また、時には国連から命を受けた公式な調査官が、正式な報告をする前に、事前に草案の内容を公表したものに対して、菅官房長官などが、あれは私的な文書だとし、その内容を抹殺ししようとしたりしている。また、年金などについての調査の報告書を受け取らないと拒否したりしている。
この菅官房長官の記者会見は誰に向かって発言しているのだろうか、国連の調査官に対してだろうか、それとも国民向けなのだろうか。国民向けなら年金の報告書とどうように、国民を欺いていることになる。

つらつら考えていくと戦前の、満州事変のとき国際連盟がまとめたリットン報告書を思い出す。

また、アメリカは貿易摩擦やイランに対して強硬な姿勢を見せているが、日本もそれにならってか、国際捕鯨委員会を脱退したり、徴用工の問題では制裁的な輸出規制を強化したりしている。
アメリカは、国力も人口も資源も産業も工業量もいずれも日本の数倍あるからできるので、世界代3位の経済大国であるが、とてもアメリカの真似をしていては、思わぬ火傷をしかねないです。それを知ってか白いでかするのはお粗末としか言いようがない外交です。

そう思うと、リットン報告書が出た後、その報告書を批判し日本は、国際連盟を脱退して、戦争の道を突き進んでいった。これをみたら、いつか来た道と同じ道を進むのだろうか。

まあ、リットン報告の後、日本は国際連盟を脱退したが、国連は脱退はできないだろう。もしそうなれば国連憲章にある敵国条項がまだ生きているので、日本の米軍基地は、連合国の基地になり厚木、座間、横須賀、横田の米軍基地があるので、再び占領されるかもと心配してまう。
まあ、せいぜい国際捕鯨委員会を脱退しても、他のものは脱退のような愚かなことはしないだろう。
関連記事

参議院選挙

6月27日のロイター通信によると、プーチン大統領はフィナンシャル・タイムズのインタビューでドイツの移民政策について「リベラルな概念は何もする必要がないことを前提としている。移民・難民は殺人などの罪を犯しても、移民・難民としての権利が守られなくてはならないため、責任を免れる。これは一体どのような権利なのか。いかなる犯罪も罰せられなくてはならない」と述べ、さらに、「リベラルな概念は時代遅れのものとなった。国民の大多数の利益と相反するものとなっている」「多くの人々にとり、伝統的な価値観はリベラルな価値観よりも安定的で重要なものになっている。リベラルな価値観は消滅しつつあると考えている」と述べた。
ロシアのような中央集権の政治体制が、事を押し進めることができると国がよいだろうか。プーチン大統領が述べるように、リベラルな西欧諸国はいまさまざまな意見が対立し、混沌として混迷しているがそれはいけないことだろうか。
参議院選挙戦真っ最中だが、ねじれ国会になれば、決められない政治になるとし、単独過半数を狙う自民党だが、そこには他者の意見や声に耳を傾けず、自分たちを尊大と思いこみことを進めようとするのは、プーチン大統領の言っていることと同じで、トランプ政権も自分の意を解するものを傍に置こうとするのとよく似ている。

ヨーロッパではイギリスもフランスもドイツも議会が混沌としているが、それに対して民衆はいかなる答えを出していくのだろうか。

日本の参議院選挙もいかなる答えをだすか、議会が捻じれて混沌とするより、決められる政治として独裁的な暴走政治とどちらがよいだろうか、今回の選挙でどこに誰に投票するかよく考えよう。
関連記事

参議院議員の比例区

テレビなどのマスコミメディアのニュースうなどを聞いていると、自由民主党や立憲民主党や国民民主党、共産党などについては、その選挙活動が報道されるが、山本太郎が立ち上げた「れいわ新選組」という党などにつては報道されない。
れいわ新選組(https://www.reiwa-shinsengumi.com/#)の比例代表の名簿をみていても、大政党ではなかなか擁立しないひとが集められいる。比例区での候補者をみると、慨然の政党では名前を上げられない人が連なっている。山本太郎のその意気込みを感じる。

その人たちの経歴を見ると、障碍者や派遣労働者や性的マイノリティーなど、今までどちらかと言うと無視されてきた少数者が名をつらねている。
しかも代表である山本太郎は名簿順位の3番目で、彼の選挙に対する意気込みが感じられる。

一つ問題なのは、直接肉声で自分の意見を言えない人や、人工呼吸器を付けたり痰の吸引が必要な人がいる。国会や委員会では本人以外立つことができない決まりになっているので、この決まり医療的ケアの介助者や意思伝達の機器操作の支援者が、議場や委員会室に入れるように、にどう穴を空けるのかが課題になるだろう。そもそも、介助者や支援者が同席できないことが時代おくれなので、これらの人を議会に送り込みそのような時代遅れの制度を変える機会になればと思う。
関連記事

過労死、生活習慣病に思う

現代、過労死が問題になったり、生活習慣病が大きな問題になっている。
中国の太古の医学書の「黄帝内経素問」に、昔の人は100歳以上いきたが、今の人は50歳で衰えてしまうとかかれている。
黄帝内経素問は、いまから、前漢代に編纂されもので、いまから二千二百年ほど前にかかれたとする書物です。

それからすると、いまから100年前は人生50年といわれていた。そう考えると前漢の時代から2000年以上たっても、少しも変わっていないことになる。ここ数十年で医学の進歩や衛生科学や養生について飛躍的に進歩してきているが、ようやく2200年ころと同じレベルに達したのだともいえる。
しかし、今日、医学がいくら進歩し健康衛生管理がなされていも、美味しいものを追い求め飽食に走り、お腹を膨らますため脂っこいものをとる。また自分の今の生活をよくしようと、自分を振り返らずに働く。
また、人によっては低賃金の加重労働を強いられている人もいる。いくら医学や健康への意識が高まっても、肝心なところは黄帝内経素問がかかれたころと、ほとんど変わっておらず進歩していない。
それどころか、健康のためだと栄養剤や栄養食品やサプリメントなどを大量に接収すしたり、薬を服薬する人もいる。

いま一度、中国の医術書の古典の「黄帝内経 素問」を読んでみよう。
黄帝内経素問に次のようにある。(現代語訳 黄帝内経素問 東洋学術出版社参照)

余聞く、上古の人、春秋皆百歳を度えて、しかも動作衰えず。今時の人、年半百にして動作皆衰うる者は、時世異なるか、人はたこれを失するか。

 「私は『上古の人はみな百歳になるまで生き、しかも行動は衰えたりしてはいなかった』と聞いている。ところが、偏在の人は五十歳になるやならずで動作が衰えてしまう。これは時代環境がことなっているためなのか、それともお人々が養生の道にはずれているためなのか」

太古の人はみな長生きして100歳まで生きていたが、今の人は50歳になればもう人生の終わりだが、それはどうしてだろうかと問うているが、漢時代は今のような医学も衛生学もなかったので、成人になる前、十代で死んでしまう人が多かっただろう。また、機械かされていないので農耕もすべて人力と家畜の耕耘だったの、体も酷使されていた。一方支配階級の人は、これからいかに説かれている、不養生な生活を悦楽していたのだろう。たしかに、当時の一般の庶民は重労働のために、そんなに長く生きられなかっただろう。しかし、時に政権の支配階級の権力者などは、70歳以上生きている人も多くいる。しかし、上古の人が100歳まで生きられたというのあは、いくぶん白髪三千丈のようなものと解していいだろうが。
それ以降を読んでいると、私たちの今の生活を考え直さないけないと教わるところがおおくある。
関連記事

黄帝内経 

昨日は、黄帝内経 の冒頭で昔の人は100歳まで元気だったが、いまはその半分の年でもう衰えているのはなぜかだった。
その原因を、「黄帝内経 素問」にはさらに次のように書かれている。

岐伯対えて曰く、上古の人、其の道を知る者は、陰陽に法り、術数に和し、飲食に節あり、起居に常あり、妄りに労を作さず。故に能く形と神と倶にして、尽く其の天年を終え、百歳を度えて乃ち去る。
今時の人然らざるなり。酒を以て漿となし、妄を以て常となし、酔いて以て房に入り、欲を以て其の精を竭くし、以てその真を耗散す。満を持するを知らず、時ならずして神を御す。努めて其の心を快にし、生楽に逆らい、起居に節なし。故に半百にして衰うるないり。

 岐伯が答えて曰く「上古の人はほとんどは、養生の道理をわきまえ、陰陽にのっとり、術数にあわせ、飲食には節度があり、労働と休息にも一定の規律があり、妄に動くことはありませんでした。それゆえに肉体と精神とは、とても健やかで盛んであり、彼らが当然享受すべき年令まで生きて、百歳をすぎて世を去ったのです。
現在の人はそうでなく、酒を水のように貪り飲み、異常なことを平常として生活し、酔っては房事を恣いままに行い、色欲のおもむくままにして、精気を使い竭し、真元を消耗し散佚させてしまいます。充満された精気を保持することを知らずに、常々精力を用い過ぎ、一時の快さを貪り、養生に反して享楽しています。労働と休息とに一定の規律がありません。こんなことだから五十歳になるやならずで衰老してしまうのです。」

太古に生きていた人は、自然の中でいきて無理をしないで暮らしていたといっている。
私たち人類人間は、樹上生活から地面に降りくらすようにないり、狩猟採集生活をしていた。そのころは自分達が生活する上で必要ものを必要なだけ狩猟採集して、後はあくせくいまのように働いてはいなかったといわれている。また、集団の中では皆が均等に同じ役割をして働いていたと考えられている。
しかし、それが農耕牧畜するようなり、今のように耕運機などの機会はなく、すべて人力で作物を栽培し家畜を育てるようになる。そうなれば、狩猟採集のように全員でするのではなく。農業をするには農作業の計画をたてそれをしきする人がいるようになり。指揮をする人と農作業をする人の階層ができてきた。それにより重労働で働き詰める人と、働かず指揮をすることにより時間を余す人もでてきた。それにより、農民は働きすぎで体を壊し、支配者は暇をもてあまし不摂生な生活をして健康を損ねてしまうことになった。

今なの現代人は、黄帝内経が著された時代より、健康志向やそれに対する科学的な知識はあるが、酒を水のように飲み、足を知らず欲におぼれてやまない人も多い。そのよ不摂生不養生をする人もいる。
この、黄帝内経のこの部分を呼んでいると、坐禅のことについて書いた、天台小止観や白隠禅師の夜船閑話にかかれていることにも通じていることを感じる。
関連記事

黄帝内経 のつづき

私は毎朝、ウオーキングをして公園で太極拳をしているが、太極拳は中国の武術の一つだが、中国では健身・養生健康法としての太極拳が盛んに早朝の朝など行われているという。また、世界各国でも健康法の一つとして行われるようになっている。

一昨日と昨日は黄帝内経素問のはじめの部分についてかいたが、今日もその続きです。
はじめに太極拳のことを書いたが、太極拳のテキストにかかれているのと同じようなことがかかれている。昨日の最後に坐禅のテキスト書ともいえる、天台小止観、夜船閑話にも通じているとかいたが、それと同じことがいえる。

昨日の箇所と後には、「黄帝内経 素問」には次のように書かれている。

夫れ上古の聖人の下に教うるや、皆謂う、虚邪賊風、これを避くる時あり。恬憺虚無なれば、真気これに従い、精神内に守る、病安んぞ従い来らんや、と。
是を以て志 閑にして少欲、心安らかにして懼れず。形 労するも惓まず、気 従いて以て順。各おの其の欲に従いて、皆願う所を得。故に其の食を美しとし、其の服に任せ、其の俗を楽しみ、高下相い慕わず。その民 故に朴と曰う。是を以て嗜好も其の目を労すること能わず。淫邪も其の心を惑わすこと能わず。寓智と賢不肖と物に懼れず。故に道に合す。能く年 皆百歳と度えて、動作衰えさる所以の者は、其の徳全くして危うからざるを以てなり。

 「古代の修養の道理を深く理解した人は、人々を教え導くにあたって常にこう述べたものです。外界の虚邪賊風に注意して回避すべきときに回避すると共に、心がけは安らかで静かであるべきで、貪欲であったり、妄想したりしてはならない。そうすれば真気が調和し、精神もあた内を守ってすりへり散じることはない。このようであれば病が襲うというようなことがあろうか。と。
このため人々の心はきわめて閑かで、欲望は少なく、心境は安定していて、恐れることがありませんでした。肉体を働かせても過度に疲労することはなく、正気は治まり順調だったのです。それぞれ望むところは満たされ、食べたものをおいしく思い、着たもの着心地よく思い、習わしを楽しみ、地位の高低をうらやむことがなく、人々はいたって素朴で誠実でした。正しくない嗜好も彼らの耳目をゆりうごかさず、淫らな邪説も彼らの心情をまどわすことはなかったのです。愚鈍、聡明、有能、また不肖な人を問わず、何事に対しもまったく恐れることはありませんでした。してみると彼らがあらゆる点で、養生の道理に合致していたことがおわかりでしょう。だから皆が年百歳に達することだできて、しかも動作にも少しも衰えたところがなかったのです。これは彼らが養生の道理をすべて掌握していたからであり、こうであってはじめて疾病の危害を招かずにすむのです」。



修養するには、外界のよこしまな気持ちを持たず、俗風に気が取られることがないように注意し、

常に、気持ちを安らかに落ち着かせることが大切で、そうすれば真気が調和し、精神は内を守ってすりへり気が散ることはないとしている。そう心がけないと、気が散って貪欲になり、病が襲ってきてしまい、食を貪れば生活習慣病や糖尿病になり、酒に溺れれば肝臓を悪くしたり高血圧にになるだろう。
つねに、心安らかになるように心がけると、心はきわめて閑かで、欲望は少なく、心境は安定していて、恐れることがなくなる。それにより、身体は労働をしても過度の疲れることはなく、病気などにはならない、
また、食べ物も得られるもので満足をし過食をしなければ、偏食になったり肥満になったりはしない。また、つねにその心に心がけていたら、惑わされることはないだろう。昔の人は、周囲にあまりある豊かさが無かったので、いまのように惑わされることがなかった。この書がかかれたのは漢の時代のころです。
現代社会は、漢の時代よりさらに多くの誘惑があり惑わすものが多い、今後そのような社会でどの様に生きていけばよいのだろうか。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 安倍首相の愛国心とは
    本当に教員? (09/10)
    興味ある内容なので拝読したが「教育勅語」を親孝行等の道徳ではなく戦争に洗脳させるためだとか思い違いも甚だしい。
    貴方が現役の教員であれば授業中が退屈で眠気が襲っ
  • トランプは白人至上主義者か
    アジシオ次郎 (08/07)
    おはようございます。

    アメリカにおいてまた立て続けに銃乱射事件が起こったけど、テキサス州・エルパソでのケースは容疑者がヒスパニック系に対する憎悪感丸出しの書き
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2019/07 | 08
    -123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR