FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

明仁上皇の立憲主義観

平成から令和になり二ヶ月が過ぎるが、徳仁天皇は立憲主義についてどのように考えられているのだろうか。

明人上皇は、一九歳のとき、エリザベス女王の戴冠式に出席するため英国を訪問したときに、チャーチル首相から午餐会の歓待をうけ、そのときチャーチルのスピーチから立憲主義の大切さを諭されたようです。

そのことが、「明仁皇太子エリザベス女王戴冠式列席記 波多野 勝著」に詳しく書かれている。

第8章イギリス訪問 チャーチル首相の”策略”P211 に書かれているが、要約を紹介してみる。

第二次世界大戦が終わってまだ8年ほどで、イギリス国内では反日感情が強く、皇太子の来英に反対する動きもあった。
そんなか、エリザベス女王の戴冠式に天皇裕仁の名代として明仁皇太子が参列するのに対して、戦前からの閣僚で東アジアの権益を継続することを主張しっていた、イーデン外相が午餐会を主催する予定だった。
しかし、イーデン外相は病気で出席できなくないり、チャーチル首相の主催で開かれることになった。
まだ、国民の中に日本の皇太子の来英に反対する人もいるなか、チャーチルは日英の親睦を深めるために、一計を企てた。イーデン外相の病気は本当のようだが、午餐会の主催をできないほどではなかったという見方もある。

チャーチル首相が明仁皇太子を気遣い、また、英日の友好の機会としようとして午餐会を開いた。
英外務省、チャーチルは午餐会の出席者の選考では、なかなか名簿は確定しなかった。そこには先にもあげたように反日勢力や雰囲気を静めるのに人選が難航したといわれている。

出席者は、労働党のクレメント・アトリー党首、セルウッィン・ロイド国務大臣、ハロルド・アレクサンダー国防相、反日論を展開していたデイリー・エクスプレス紙のビーバー・ブルック卿、知日派のハンキー卿、スコットランド銀行頭取のバックルー卿、ハリー・クルックシャンク保守党院内総務、ブッチャン・ヘップバーン大蔵政務次官、労組会議書記長のビンセント・チューソン卿、サンデー・タイムズ紙主筆のケムスレー卿、デイリー・メイル紙等の会長のロザミーア卿、ラウンド・オーク製鉄会社会長のダッドレー卿、元労組会議書記長のシトリン卿、チューター・イード労働党議員、トム・オブライエン労働党議員
レディング外務政務次官、日本研究家のジョージ・サンソム、源氏物語を翻訳したアーサー・ウェイリー博士、知日家のビゴット少将などで。当初の二〇人が二七人になっていた。

午餐会 でのチャーチル首相の予定のないスピーチした。参列していたジョージ・サムソン卿が、そのときの様子を吉田首相に書簡で伝えている。

「殿下のためにスピーチ及び乾杯をしたい。

この機会に一言したい。
・・・・・現在のイギリスの多様な政治的見解ーー政府、国会、組合、マスコミなどーーはイギリスの特徴であります。そして、イギリス人はたとえ意見が食い違っても、英国式生活を大切????の守ろうとする点で団結するのであります
・・・・中略・・・・
我々の体が呼吸をし、血が血管を流れるうちは(国を)守り通すのであります
・・・・中略・・・・
〔立憲主義について〕
英国式生活が引き続き安定しているのは、国家体制、特に立憲君主制に負うところが大きいのでああります。君主は『君臨すれど統治せず』(である限り)君主が(政治的な)誤りを犯すことはなく、もし政治家が間違いを犯せば、国民と国民の選んだ議会によって代わりの人間にとりかえられるのであります
・・・・中略・・・・
事実上、政府は間違ったことばかりやっているという人がいるかもしれません

我々の年若な女王がイギリス人に信頼と親密感をもたらした
殿下がイギリスを楽しみ、英国式生活を垣間見ることで益を得られることを願っております。・・・・・・皇太子はまだお若くて幸運であります。過去を振り返らざる得ない者は、成功だけでなく失敗や不運の記憶もあるもので、皇太子のような若者は未来の興味や功績を夢見ることができるのであります」

そして最後にチャーチルは母親が以前、日本訪問したときの楽しい思い出を聞かされたと語り、

「これからは、「国家の財産が戦闘機や軍艦の建設でなく、芸術に投資されることを祈るものであります」としめくくった。


このスピーチの言葉、決められる政治といって、十分に審議もせず納得のいく説明もせずに、議席の数の力で次々と重要法案を強行採決をしていく、
今の政権の人たちにもじっくりと考えて読んで見てほしいものです。

この本は212年に草思社から出版されたものだが、文庫本などで出版して多くの人に読んでもらいたいと思った本です。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2019/06 | 07
    ------1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30------

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR