FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

健康、長寿への投資 02

仕事をしていて遣り甲斐のある仕事についている人はどれぐらいいるだろう。いまのある仕事をみてみると、昔は人口御大半を占めていた、農業や工業などの仕事はその生産人口はどんどん下がり、ロボットに置き換わっている。では知的な研究などの仕事はどうかと言うと、その専門知識を活かす仕事に就く人は限られている。では他の人はどのような仕事に就くのだろうかとみると、小売業の売り子などしかないようにみえる。大手小売店の売り子の仕事でどれほどの遣り甲斐を感じることができるだろうか。しかも賃金は安いうえ生活費を得るために馬車馬のように働き続けなくてはならない。そのような人の人口が増えることで、明るい未来はあるのだろうか。一部の高給をえている人や投資家などは、裕福な生活をして健康にたいしての投資をして、100歳になっても健康で生きられる生活ができるだろうが。
そうでなく、低賃金で働かされている人にとっては、いくら先進的な健康や病気治療があっても、それは高額すぎて受けられない人が殆どになるのではないだろうか。

国民健康保険も国民年金の負担金も、多額の負担金を納めているのに、それによる恩恵を受けられるのは高額な納付金を納めた高額所得しゃで、低額所得者は受けられないことにならないだろうか。
わたしの20代ごろまでは、高額所得者は高額の負担をして、低額所得者は負担金はすくなかった。つまり、そこで富の再配分がなされていたが、いつのころか。高額負担者の税金や社会負担金は、高額で重過ぎると声をあげられ、高額所得者の負担はどんどんと軽減さてきている。しかし、それでも中間層以下に比べると、はるかに支払う負担額は少ないのです。
むかしは、いや今でも、超高額所得者は自分のその収入の幾ばくかを、社会に還元する活動をしている。
その還元の仕方は行く先はいろいろありその人の価値観や社会観によって変わってくる。税金だと自分がこのように使ってほしいと思っても、時の政府の方針やせいさくにより、使われたくないものに使われる。しかし、自分が基金を作れば、その基金の活動方針に沿って使われるので、自分の社会貢献をしたものに使われ理に適っているともいえる。
しかし、社会保障などを自己責任として政府はそれに対しての支出を抑えるなら、中間層以下の人たちの社会保障の質は、基本的な文化的な生活を維持できる生活ができるとは限らないです。

また、超高額所得者のなかにも、社会還元などに関心がない人も多くいる。そのような人にはやはり富の再配分として相応の税負担をしてもらうのが酔うのではないだろうか。
また、社会還元への基金もその偏りが起きる恐れがあるので、そのバランスがとれるようにする何らかの方策も必要でしょう。

まずは、高額所得者の収入のなかの税金や社会負担の割合が年々下がっていることは、本当によいことだろうか。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 伝統食
    アジシオ次郎 (12/03)
    おはようございます。

    食の多様化による一方で加工食品やファストフードなどの台頭もあり本来の食文化をすすんで食べるという意識が低下したり、前述の加工食品やファス
  • 人工知能
    荒野鷹虎 (11/23)
    今年も終わりますが、白内障手術の結果が悪く、
    昨日は瞳孔を開いたのでまぶしくPCを開けませんでした。それに結果が悪かったもので気落ちもしましたしたしね^^。泣き)
  • 安倍首相の愛国心とは
    竹林泉水 (09/12)
    > 戦争に洗脳させるため

    皇祖皇宗の天皇の国であるから、その臣民は天皇のために命を捧げることを惜しんではいけない。

    戦後教育を受けた私には、受け入れられないこ
  • 安倍首相の愛国心とは
    本当に教員? (09/10)
    興味ある内容なので拝読したが「教育勅語」を親孝行等の道徳ではなく戦争に洗脳させるためだとか思い違いも甚だしい。
    貴方が現役の教員であれば授業中が退屈で眠気が襲っ
  • トランプは白人至上主義者か
    アジシオ次郎 (08/07)
    おはようございます。

    アメリカにおいてまた立て続けに銃乱射事件が起こったけど、テキサス州・エルパソでのケースは容疑者がヒスパニック系に対する憎悪感丸出しの書き
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2019/06 | 07
    ------1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30------

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR