FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

AI技術と台湾の特急列車事故と人間

台湾で起きた特急電車の脱線事故は、当局の初期調査結果が公表報告された。それによると、整備上の問題や運転士の技量不足などが重なって起きたとしている。
列車は脱線前からブレーキに関する装置異常があり、何度も列車が強制的に止まる不具合が続きいていたが、それは脱線事故の直接の原因ではないとしている。運転士と列車の中央司令室とは交信を続けながらも、運転手の対応が遅れ事故を防げなかった。
問題は、運転士が不具合への対応に手間取り、列車を自動的に制御する安全装置を切ったことにより、列車がカーブでの減速をしない速度のままカーブに入り脱線したという。

この公表された報告を見て感じることがある。
現代の世の中はAI技術により便利になってきている。昔は一つ一つ手動で行っていたことが、今はコンピュータ制御になり人が直接操作することは少なくなってきている。これは別に、列車の運転に関わる事だけなく、自動車の運転もそうだい、ほかの工業産業や日常の生活においてもそうです。
そのために、さまざまな技術が継承されなくなってきていいると言う。いろいろな町工場でもまた、日常生活でもご飯を炊くことも洗濯をすることもすべて、家電製品がしてくれいくつかあるボタンを押すだけです。
それにより、お竈さんでお釜に米を入れてご飯を炊くのも、薪をくべての火加減などに気を使う必要がなくなり、「はじめちょろちょろ後先ぱっぱ赤子泣いても蓋取るな」などは、誰も知らなくなってしまっている。

話を列車の運転についての話に戻すが、列車がコンピュータ制御され、自動化されたが今回の事故をみると、人の関われ大切だと言うことがわかる。しかし、列車の運行の自動化がすすみ、運転手が運転技術特に、非常時や緊急事態時の対応のしかたは、AIによる自動化のためそのときの対応は、以前より複雑で難しくなって来ているのではないだろうか。
これから、何でもかんでもAIが組み込まれ、さらにIoTと呼ばれる、インターネットにあらゆるものが接続されさらに、いろいろなものは便利になると言われているが。いざと言うときに、手動やアナログ操作が出来なくないで困ることはないだろうか。いや手動でできても手動操作ができる人がどれだけいるだろうか。

自動運転車などが話題になっているが、クラシックカーを運転できる技術も持って起きたいものです。
関連記事

民可使由之 不可使知之

論語に次の言葉がある。

子曰
民可使由之 不可使知之
子曰わく
「民は之に由らしむべし之を知らしむべからず」

「人民は法律に従わせておけばよいもので、その意義や道理を理解させる必要はない」と解釈されることがあるが、正しくは。
「人民を従わせることはできるが,なぜ従わねばならないのか,その理由を解らせるのは難しい」という意味が正しい。

国民は法律を守らなければならないが、その法律がなぜあるかを国民に理解させるのは難しい。ということです。

しかし、孔子がこの言葉を述べた時代と今は違う。
孔子の時代は一般大衆の人民は文字を読めなかった。それによりその理由を納得させるのは難しい。
しかし、現代は誰もが文字を読め、教育も受けているのでりか理解力はあります。

今の安倍政権の国会での質疑に対する答弁を聞いていると、丁寧に説明すると口ではいうが、的外れな事を言ったり、長々と回りくどく説明している。どうせ解らないのだし、答弁する自分も本当のところよく解らないので、国民も解らないから適当に答えていればいい。どうりで、官僚の作った答弁書を棒読みしているわけです。これでは、まるで国民がわからないのだからと、今のような国会答弁は愚民政治ではないかと思う。
いや、ひょっとして漢字を読み間違えるのだから、愚かなのは政治家の方といえる。まるで裸の王様です。

そう思うと、
政権の答弁を聞いていると、この孔子の言葉を間違って解釈していてそれを実践してかのようです。
関連記事

中国のゲノム編集ベービー

今日は、遺伝子工学でのゲノム編集の研究は進み、その技術も日々進化し発展している。
トウモロコシや稲や野菜など、収量が増えたり実が大きくなたり、害虫に強かたり、人に害がない特定の農薬に対して効く一代限りの野菜の種子とセットで売られていたりする時代です。
それは植物だけでなく、、乳がよくでる乳牛や、卵をよく産む鶏、早く成長する牛や豚などの、家畜の牛や豚や鶏などでもゲノム編集が行われている。
それは、人間に対してのゲノム研究は進められているが、中国でエイズに感染しない双子は生まれたと、南方科学大学の賀建 准教授が動画をインターネットに公表した。
これに対して、中国はもちろん世界中から批判があいついでいる。
今までの科学技術の発展をみると、つねにフランケンシュタインの誘惑とシンギュラリティが問われてきている。

先月26日、中国広東省深センの南方科学大学の賀建奎准教授が、インターネットでゲノム編集の技術で遺伝情報を書き換えエイズウイルスに感染しないよう受精卵を操作し、双子の女の子が誕生したと発表した。インターネットでは、その投稿に研究者からは、事実とすれば安全性や生命倫理の点で問題があると指摘が出ている。
中国こくないでも、

科学者など120人あまりが連盟で「人体実験であり、常軌を逸していると言わざる得ない。計り知れないリスクがあり『パンドラの箱』が開かれた」と声明を発表し、公表された内容について「科学者として断固反対し、強く避難する」と批判してた、また、中国の感染症の専門家や細胞生物学の学会も反対の声明を発表し中国国内では批判が相次いでいる。世界各国の科学者なども、「ゲノム編集技術を受精卵に応用すれば、予期せぬ影響が後世に引き継がれる恐れがある」と現時点での人間への応用は慎重にすべきとの意見が多く、また倫理的な是非もとわれるだろう。また、論文などが発表されていないので、実施されたことを疑問視する人もいる。
いずれにしろ、ゲノム編集という今日の生命科学の最先端の行き先につてどうあるべきかが今後問われるだろう。

此の記事をかいていて、アメリカの人気テレビ映画の「宇宙大作戦」のエピソード「宇宙の帝王」を思い出す。優れた人種で人類改造をされた優生人類が、人類の反旗を翻し地球の支配を目論む優性戦争を引き起こした人たちが、人口冬眠の宇宙船で地球から逃げていたが、エンタープライズのカーク船長たちが見つけ、蘇生させてしまう話し。この優生人類の題材は、そのご、劇場版映画の「カーンの逆襲」や、後のシリーズの「新スタートレック」や「DS9」や「エンタープライズ」にもその問題点などがとりあげられて、わたしたち人間にとってどこまで研究をしたらよいかが問われつづけている。
しかし、過去の科学者研究への探究心の欲望は押さえれないようです。止めようとしてもこの研究は止められないかもしれない。
寿命がいまの数倍の人が誕生したり、知能指数が遙かに高い人や、体力や筋力が数倍の人を誕生させられるかもしれない。そうなれば、スタートレックの「宇宙の帝王」が現実のもそう遠い話ではないかもしれない。
関連記事

厩戸太子の十七箇条の憲法

厩戸太子(聖徳太子)が作ったとされる、十七箇条の憲法。憲法と言うが 憲(いつくしき)法(のり)で、「いつくしき」を古語辞典で引いてみると、神威が盛んに発揮されいかめしい とあるが、厳しい厳重だある。という意味もある。また「のり」は、基準・規範・手本。となっている。
現代ん憲法とは違います。国を統治する為政者の心得を述べたものにあたると言われている。

十七条の憲法を見てみると、
四曰、群卿百寮、以禮爲本。其治民之本、要在禮乎、上不禮、而下非齊。下無禮、以必有罪。是以、群臣禮有、位次不亂。百姓有禮、國家自治。

四に曰はく、群卿百寮(諸侯と官吏(政治家と官僚))、礼を以て本と為よ。其れ民を治むる本は、要は礼に在り。上礼無きときは下斉ず。下礼無きときは以て必ず罪有り。是を以て君臣礼有るときは、位の次て乱れず。百姓礼有るときは、国家自ら治まる。


十四曰、群臣百寮、無有嫉妬。我既嫉人、々亦嫉我。嫉妬之患、不知其極。所以、智勝於己則不悦。才優於己則嫉妬。是以、五百之乃今遇賢。千載以難待一聖。其不得賢聖。何以治國。

十四に曰はく、群卿百寮、嫉み妬むこと有る無なかれ。我既に人を嫉めば、人亦我を嫉む。嫉妬の患、其の極りを知らず。所以に智己れに勝れば、則ち悦ばず。才己れに優れば、則ち嫉妬む。是を以て五百にして乃ち賢に遇はしむれども、千載にして以て一聖を待つこと難し。其れ聖賢を得ざれば、何を以てか国を治めむ。
[Wikipedia]

とあります。
憲法の四では、政治家官僚は国民に対して、礼をもって治めよ。上が礼をつくさないと世の中は治まらず乱れる。世の中が乱れていると時は必ず上に罪がある。政治家役人が礼をつくしている時は国は乱れない。世の中が乱れなていない時は、国は自然と治まる。

憲法の十四を見ると。この最後の段に、「聖人・賢者といわれる、すぐれた人材がなくては、国をおさめることはできない。」とあります。
今の自民党の政治家の放言を聞いていると、この前段にある、「政治家や官僚は、妬みや恨みをもってははならない。自分がまず相手に妬みや恨みの心をもつと、相手もまた自分に対してを気持ちを持つ。」で、とうてい政治家としてふさわしく人物としか感じることができない。

このままいけば、国民は政治家のしていることを倣い、好き勝手なことをするようになる。自民党の議員はよく、今の憲法は個人主義てきで権利ばかり主張されているというが、いまの自民党の議員の発言や議院運営は利己主義としか言いようがないのではないか。そうなれば国は乱れ滅びるおそれがある。自民党は愛国者のあつまりではなく、亡国者の烏合の衆に成り下がってしまっている。
関連記事

ピザを箸で食べる

イタリアの会社が箸の文明国を揶揄した動画を流して、今話題になっている。

このテレビでの報道を見ていて、講談社メチエの「文明史の中の明治憲法」(瀧井一博)に次のような事が書かれていたのを思い出す。P31
行儀作法が甚だ乱雑で、西洋人の侮蔑をまねくと、食事作法の指南書が配られていたというが、西洋について見聞きした書記官らは、御念の入った物と一笑に付した。
しかし、維新前夜の洋行での、テーブルマナーについて、久米邦武が後年に回顧している
「余が前に岡内重俊は、其の朝から、ソップ(スープ)を吸うのには態と匙音をさせ、皿を両手に持って音を立てて、ギューと吸い込みては舌打ちし、給仕には大声で指揮語の如く命じた。端にある田村新八は、ニヤニヤ笑う見ていたが、米国風の大ビステキ(ビフテキ)が出ると、右手にフォークを持って、芋刺しにし、口辺に持ち行いて喰切った。」
ここにでてくる岡内重俊の食べ方は、ピザを食べる中国人女性とそっくりでだ。岡内と同伴してた日本人はどう思っただろうか、また周りにいた西洋人はどう思ったのだろうか。

テレビでの番組では、ピザに箸を突き刺してかぶりついている事に対して、中国が過剰に反応している、日本ではこんな反応はしな、大人げないといっていた。
私はレストで食事をするときも、フォークやナイフを津閣よりも箸を使って食べる事の方が多いです。たぶん、この大人げないなどと言ったコメンテーターは、余り上品な箸の使い方をしていないのではないかと感じた。

逆のこの映像をみて私は、イタリア人は、ピザを手で持って食べるのではなく、ピザをホークで突き刺してかぶりついて食べるのだろうかと思ってしまった。
もし、日本人なり中国人がそのような映像を作り、インターネットに流すと、イタリア人はどのような反応をするのだろうか。

あの箸でピザを食べる映像は、箸文化を持つ国をバカにしているとしか私は思えないのです。
関連記事

よく対案を出せと言うが

NHKの世論調査によると、自民党の支持率があがり、支持しないという人が下がった結果がでた。
また、野党の支持率も下がっている。
今国会で自民党が今までと同様に、委員会で不誠実で強引な答弁を繰り返しているにも関わらずです。
与党はよく反対するなら対案を出せという。しかし、これにはまず二つの点で、それこそ傲慢でおごり高ぶった言い方です。

まずは、本当にその法案の必要性があるのか、必要性がないなら対案を示す以前の問題です。
もう一つは、法律なり政策案を作るには、そのために多くの調査結果などの情報が必要です。しかし、その情報は政府が握っているものが多く、それにより官僚が立案して、与党に提示して、与党が国会に提出して法律して成立して、その政策は実行される。

与党は官僚から集められた調査情報を分析して、施策ができあがるが、通常政権与党はそれを独占しなかなか、その元になる情報を外に公表あるいは公開しないものです。

つまり野党は法案を作ろうにも情報不足で法案を作ったとしてもそれは、不整合なところが多いものになってします。ということは、対案を出せといわれても対案を出しようがないことが多いのが事実ではないだろうか。

自民党が野党に反対するなら、対案を出せというなら、与党はその法案が作られた根拠となるものを、あまねく公にさらすべきです。
それにより野党は対案を出すことができ、国民もその公開された情報をもとに、与野党の法案のどちらがよいのかを判断できるのだといえる。

しかし、いま日本の国の中をみていると、自民党が対案を出せと言っても、対案を出さない野党は不甲斐ないとしてだけみてします。私たちは、権力者が横暴な振る舞いをしているかしていないかを、理性と知性を持っておかないとその様子を見抜くことができなくなる。そして、驕った権力というのは、国民がそのようになれば、ますますおごり高り、気がつけば国民は権力者の下部となりかねないです。そのようなことにならないように、私たち国民は心してかからないといけないと思う。
関連記事

授乳するクモ

NHKのニュースを見ていると、クモなのに授乳させて子供を育てる新種が発見されたと報じていました。
中国の研究グループが、アメリカの科学雑誌「サイエンス」に発表したことを紹介している。

そのクモは「ハエトリグモ」の一種で、母グモが分泌した体液を孵化したばかりの子グモに吸わせて育てているといっている。
この体液の成分を分析すると、タンパク質の量は牛乳の4倍ほどだそうです。研究グループはクモの卵の栄養分が体液である乳に変化したものだと考えられると指摘し、授乳期間はおよそ20日間で、その期間はこの乳だけを大きくなるといっているそうです。

わたしは、宇宙の誕生から地球の誕生そして生命の誕生から、人の進化のことなどを書いた本を幾つかよんだが、その中で授乳させる生命は脊椎動物である哺乳類だけだと書かれていたが、クモのような昆虫とは違う節足動物にも、授乳させる生態があるとは驚いている。もっと高等な生命体ならまだわかるがとても驚きです。

子グモは、誕生してから、およそ20日を過ぎると、徐々に昆虫などを捕まえて食べるようになり、およそ40日で母親の分泌物を吸わなくなり、いわゆる乳離れをする。しかももっとこのクモの特異な特徴は、母グモと離れずに一緒に暮らすという。
先にも書いたように、私が生命史についての本には、親子が一緒に暮らす生命たは、寿命が比較的長く高度な社会性を持つヒトやサルなどの脊椎動物でしか見られていいないと書いてあった。

このクモの生態の発見は画期的なもので、今後の生命体の生態やその新化の過程を研究する上での貴重な発見だと指摘する研究者がいる。
関連記事

ネタニヤフ首相と報道機関

イスラエルのネタニヤフ首相が、主要なニュースサイトに好意的な報道をしてもらう見返りに便宜を図っていたとして、地元の警察は、収賄で起訴そるように勧告したというニュースを見た。しかも、ネタニヤフ首相が収賄で起訴が相当だと勧告を受けるのは3度目という。

イスラエルの警察は、ヘブライ語の主要ニュースサイトに好意的な報道をしてもらう見返りに、2012年から5年間にわたり、ニュースサイトを傘下に置く国内の大手の通信企業に、認可の手続きで便宜を図っていたと、妻のサラ夫人とともに収賄の容疑で起訴するように検察に勧告したと発表した。

このニュースを聞いていて、我が偉大なる指導者である、安倍首相はどうなのかとおもった。

安倍政権は放送局の認可をする総務省の大臣が、報道のしかたによっては電波の停波もあり得ると発言したり、自民党は、報道の仕方は、公正公平でないといけないので、両論を報道するようになどと放送局に要望書を送ったりしている。
また、日本の安倍首相は度々報道関係者と会食をしている。このことは、放送局に圧力を加えていることにならないのか、安倍首相は会食で何を話しているのだろうか。話の内容によっては、ネタニヤフ首相と同じことになるかもしれない。

「李下に冠を正さず 」と、首相はよくいうが、報道のトップとよく会食をしているのは「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」 に当たらないのだろうか。
盗人ほど俺はしていないというが、どうだろうか。
関連記事

外国人失踪労働者の集計人数の違い

今国会の再重要法案の一つである、入管難民法の改正案について、法務省が集計したものを、立憲民主党が再集計したところ、政府が発表していることには表れてこないものが判明してきた。
立憲民主党の有田芳生参議院議員が、法務省が開示した失踪した外国人技能実習生を対象に実施した聞き取り調査のデータを再集計したら、6割が最低賃金以下で働かされていたことが判ったと指摘した。
法務省の提示では失踪した動機で最低賃金以下で働かされていたとしたのは、22人だったが、有田議員の集計では、1939人に上ることがわかった。

法務省は、個人が特定されると刑事訴追になる可能性があるとして、データの閲覧しか認めなかったが。ここまで大きな違いが出るのは、自民党の法案改正に都合のよいように、労働実態を隠したと指摘されても仕方ないです。

外国人実習生の受け入れで、日本に入国して受け入れ企業での嫌がらせやイジメや待遇の悪さがあり逃げ出すというケースもあるようです。
外国人技能実習生の受け入れのための、監理組合はあるがそれがしっかりと機能していてなく、アフターケアをしていない場合もあるという。いま新たな外国人技能実習制度が実施されようとしているが、このままでいくと、日本に働きに行こうと思う人が少なくなるのではないだろうか。
企業の中には優良な働かせ方をしているところも多いが、そうでなく安い賃金で使い捨てのように働かせられる制度として捉えている企業も少なからずあるようです。そのような現場で働いた外国人労働者が帰国したら、日本に働きに行こうと思っている人にどのように言うだろうか。日本の企業はブラックだと言うだろう。そのようことがないように、今回の法案は拙速に成立させるのではなく、十二分に審議して、外国人が働きやすい環境が作れるようにしなければならないだろう。
関連記事

人の動作を分析する監視カメラ

監視カメラのアルゴリズムは日々進化してる。今まで顔認証技術にる人の動向を追跡する技術は知られているが。
人の動きを分析するアルゴリズムも日々進化し、ドイツでは人の殴る蹴るの動きを検出し、暴力が振るわれているかを検出できる技術が駅などで使われそうです。
監視カメラでそれらが検出すると、監視員が見て警察の出動となるようです。人の動きは様々で子供がふざけあっているのと、喧嘩との違いは、実際に警察が判断することになるようです。

このような技術はどんどん進んでいき、私たちの生活や過ごしやすくなるのでしょうか。それとも、人の動きがつねに見張られてしまう世の中になっていくのだろうか。
関連記事

情報のとらえかた 見かた

上野千鶴子氏がノイズないところには情報は生まれないという。
Twitterはまさしくノイズの宝庫だ。そのノイズから違和感や疑問を持ちそれにこだわることにより、見えてくるものが大切だと言う。しかしそのノイズもただの雑音で、ただ不愉快に感じられる言葉や、無責任な批判の発言やうわさを拡散させるようなものもあるので注意が必要です。それらのなかから、よいものや必要なものを選び取り、悪いものや不要なものは捨てしまわないと、情報の迷路に迷い込んでしまう。

しかし、Twitterなどのサイバー空間だけでなく、最近のテレビや新聞での報道でも、時々違和感を感じるものがある。私自身社会情勢を分析する専門家ではないが、乏しい知識のなかでニュースを聞いていて、今までとちょっと違うなと思ったり、政治家の発言を聞いていて、なんか変だなと思うことがあるが、その変だなと思ったことをそのままにしておくのではなく、一度調べて見ることが大切だと思う。最近は便利な世の中になり、インターネットで検索すると、様々な情報を様々な観点から調べそれについての情報を得られる。ただ、インターネットの情報は、信頼できる公的な組織のWebサイトでのものはいいが、中には得体の知れない信頼性がないものや、また意図的に間違った情報を載せるところもあれば、それを発信している当事者はそれが正しいと信じ込んでいるが、それについて詳しく検証せずに載せてあるものもあるので注意が必要です。

一言で注意が必要だと言ったが、それらの様々な情報が氾濫している中から、自分にとって有益なものを見つけだしその中から、自分の考えや見方をまとめ、新たな自分の意見を情報として発信していくのが大切になってくる。
インターネットが普及する前は、何か調べ物をしようとすると、本屋さん行って本を買ったり、図書館に行って調べたりしていたので、手間のお金もかかったがものだった。そのため調べ物をするのにも、よく念入り調べた軽はずみに結論をださず注意深く物事を見てそれについて考えていた。
今のようにインターネットが普及し様々な事がわかるようになったが、そのため、その調べた内容は薄く軽い内容になってしまわないように、常に自分に言い聞かせていないといけないだろう。
関連記事

多用途運用母艦

多用途運用母艦これは、空母以外のなにものでもないと思うが、政府は空母となかなか言いたがらない。たしかに、甲板が短く最新鋭のジェット機などは離着艦はできないが、自衛隊が購入を予定している短距離で離陸し垂直着陸できるステルス戦闘機は離着艦できる。
その前に、専守防衛の自衛隊がステルス戦闘機を持つことには違和感を感じる。その上、今まで空母を持つことは専守防衛にそぐわないとしていたが、事実上の空母を持つこを決めたいきさつを、わかりやすく説明しする必要があるでしょう。

もう一つ気がかりな事がある。
それは、短距離で離陸し垂直着陸できるステルス戦闘機の安全性です。
オスプレーの安全性に疑問の声があるなかに、離着陸の態勢から、水平飛行になるときが一番操縦が難しく、そのときに事故が起きた事例がある。今回購入を決めている、垂直着陸できる戦闘機の飛行の安全性はどれほどのものでしょうか。

多用途運用母艦という言葉もなんだかしっくりと耳に入らないです。
武器輸出のことを、防衛装備移転と言い変えたり、兵站を後方支援と言い換えたりして、本来の言葉を使わず一見分なんか武器でないような感じを持つ言葉を使うのはいかがかと思う。もっともそれも、憲法9条にその原因があるのだろう。
自衛隊の階級なども、軍隊で使われる階級名称を使っていないのも、憲法上から軍隊でないとしないと整合性がとれないからでしょう。
それは、どうもごまかしのように感じる。安倍首相は9条の2項をそのままにして、自衛隊明記をする改憲を唱えているが、それはますます、整合性が9条の中で不自然なことが起きるのではないか。そうすればますます自衛隊の存在があやふやなものになってしまいそうです。
関連記事

違和感を感じたニュースいくつか

テレビのdボタンを押して、NHKの文字データ放送のニュースを読んで違和感を感じたこと。

1. 来年消費税が2%上げられが、そこで軽減税率の導入を検討している。その内容は、2%上げるのに、2%のポイントをつけて還元するという。ほかに小規模店に対し5%の還元ができるようにする。これでは実質減税ではないか。なら何故消費税をあげるのだろうか。ポイント還元ではなく、対象商品を一律消費税を上げなければよいのではないか。なんでだろ~ なんでだろ~

2. 河野外務大臣が記者会見で記者からの、北方領土どの問題の問いに対して「次の質問」と無視した。仮に外交上の問題で答えを「控えさせてもらう」というならまだわかる。しかし、一方的に無視するのは、国民への説明責任を果たしていない。これでまた、日本の報道の自由ランキングがまた下がる。ひょっとすると、中国や北朝鮮より下になるかもしれない。こまっちゃうな~ こまっちゃうな~

3. 米軍機どうしが接触し墜落した事故に対し、安倍首相はトランプ大統領にお悔やみのメッセージと同盟関係の強化を伝えたとうい。しかし、NHKの記事には日本に配備された飛行機が領海上での事故が起きたことに対して、遺憾の意などを伝えたとは報道されていなかった。NHKがそれを意図的に報道しなかったか、国内での事故に対して安倍総理が遺憾の意を伝えなかったのか。どちらなのだろうか。それを思うとなさけなや なさけなや。

4. 韓国の知日派としられる文喜相国会議長が「元慰安婦が望むのは
安倍総理の謝罪だ」と述べ、日本の政治責任者に誠意を求めた。さらに文氏は「韓国側が日韓合意を認めないと言ったことは一度もない。ただ、国民の大部分が合意に至るまでの交渉に問題があったとみている」とのべて、韓国政府の判断に理解を求めた。「元慰安婦が望むのは金ではなく、安倍総理大臣の謝罪の一言だ、歴史の前に時効はなく、首脳間の合意は何の役にも立たない。それができないのか。今からでも遅くない」と安倍首相の謝罪の言葉をもとめた。しかし、今までも経緯をみるとこの言葉は火に油を注ぐことになりかねないかもしれない。それをかんがえると夜も眠れなくなる。

5. 人工知能の技術はますます進んでいる、外国で人の動作を分析し喧嘩しているかを分析し、警備員を現場に行かせたり警察に通報する技術のニュースがあった。日本のコンビニで帽子を万引きして、コンビニの店内にある6台の監視カメラの分析で、客が店に入ってからその動きを関しし、商品を直接カバンに入れたり、レジを通さずに店を出る人を特定して、万引きした男を逮捕されたと伝えていました。ますます顔認識や動作分析の技術が進み、また追跡技術がすすみ、監視カメラ防犯カメラが人工知能を通じて結ばれると、知らないうちに特定の人の動向を監視することができるようになるだろう。いやすでにそれが使われているかもしない。おそろしや おそろしや。


6. 最近刑事事件ではなく、民事事件などで拘留された人が、保釈されず拘留し続けられることが多くなってきているのだろうか。
日産の元会長ゴーン氏もそうだし、森友学園問題の籠池夫婦もそうだし、沖縄の基地反対運動での指導的立場にあった人を基準線から一歩踏み込んだとしてなどなど・・・。警察や特捜などがこれは国のため国体のためじゃまだと思うと何でもできる世の中になってきているのだろうか。

7. 再び日本が空母を持つ問題、常時飛行機を載せないので、空母ではないと主張さらに、「専守防衛を逸脱する」には当たらないという。国際協力を視野に、日本主導の開発に早期に着手する」。憲法前文と9条2項をそのままにして、国際紛争に自衛隊の国際協力は日本国j憲法との整合性はどうとるのか。理解不能です。
関連記事

国民投票

イギリスのEU離脱の国民投票の結果、離脱に向けてのEUとの条約の内容に、国内でその是非が問われ混乱している。イギリスの離脱協定案が審議中だが、離脱の条約締結に対しての案に与野党のなかでも案に賛否がわかれ、イギリス国内で意見もわかれている。再度国民投票をとの声が上がるほど混乱している。
国民の離脱についての与論を見ていると、イギリス国民は国民投票は、EUの離脱の意味するところとその内容をよく知らないで、離脱するとイギリスの自主性が独自性が得られると短絡的に思い、冷静な判断ではなくそのときの雰囲気と表面的な気持ちだけで、離脱賛成に票を投じたように感じる。

そのイギリスの状況をみて、日本にとって対岸の火事として見るべきではないかと思う。

日本は国政につての国民投票は、憲法改正についてだけです。そのため日本国民は、国民投票にどのように挑んだらよいかを経験していない。そこで、イギリスのEU離脱についての混乱と同じようなことが起きないか心配になってくる。
しかし、イギリスのEU離脱の国民投票はそのやり直しができるが、憲法改正はそうはいかない、改正憲法を施行されたが、問題点があったからとかよくなかったからといって、憲法改正の国民投票をやり直すことはできない。その改正された新しい憲法をまた、改正する手続きを一からしなくてはならない。

自民党は、憲法改正のための国民投票法について、その投票のしやすさを高めるための法改正に意欲的です。しかし、憲法改正の賛否についての意見広告をテレビや新聞などについての規制を厳しくすることには消極的です。
賛否の意見広告が野放図にされると、資金力のある側の賛否についての意見広告であふれてしまうことになる。そうなると、憲法改正の一方だけの賛否についての考えが、刷り込まれてしまうおそれがあります。そうなると、憲法改正についてその賛否を雰囲気で判断していしまい。意見広告が多くなされた方に票が流れてしまうことになる。
これでは、EU離脱を国民投票で決めたイギリスと同じようになってしまう。
先にも書いたが、憲法改正が国民投票で賛成多数になると、新しい憲法が施行されるが、かりにそれはよくなかったからといって、前の憲法に戻すことはできない。再度一から憲法改正の手続きを踏まないといけない。

憲法は国の根幹となるものだから、憲法改正はその雰囲気だけでするものではないです。
まずは、今の憲法のよいところ不都合なところをよく知り考え、新しく出されている憲法の内容を、国民がしっかりと知り考えることができる環境をつくることが重要ではないだろうか。

もう一つ付け加えておく、国民投票法には、最低投票率にいて書かれていない。世界の国の国民投票法を見ても、だいたい50%以上の投票がないと有効にならす、それ以下だと国民投票は成立せず、開票もしないとなっているところが多い。今の憲法改正の国民投票法にそのことを書き込むべきであると思う。なぜならその方が国民の関心も高まり投票率が高まると考えるからです。
関連記事

トランプ大統領とグーグルの検索

アメリカのトランプ大統領や共和党の議員等が、グーグルの検索結果は自分たちに否定的なものばかりが表示されると主張して批判をしていたが、ピチュアイCEOが下院議会の司法委員会の公聴会に出席して、検索結果に政治的な偏向はないと強調したとニュースが報じていた。
下院の議員が、ピチュアイCEOに「「バカ」と検索すると、トランプ大統領の写真が表示されるのは何故かと」、ピチュアイCEOは、「あくまで関連性や新しさ、人気など200以上の項目について決まっているだけ」と述べ、検索結果に政治的な偏向はないと強調した。
このニュースを聞くと、自民党が大敗し下野した時の選挙は、マスコミの報道が自民党の批判ばかりしたと、大敗した原因を報道機関のせいにしたり。重要法案を審議している最中に、安倍首相が出席したテレビ番組で、法案に批判的な市民の意見が紹介されると、ニヤニヤした笑みをうかべて、これは批判的な反対声ばかり報じているが、賛成するしている人もいると、報道に批判的な発言をして、法案の反対意見に反論するようなことがあったが。トランプ大統領の言動はなんだか安倍首相ににているなと感じた。やはり似たものなのですね、だから仲がよい関係がつくれるのでしょう。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 安倍首相の愛国心とは
    本当に教員? (09/10)
    興味ある内容なので拝読したが「教育勅語」を親孝行等の道徳ではなく戦争に洗脳させるためだとか思い違いも甚だしい。
    貴方が現役の教員であれば授業中が退屈で眠気が襲っ
  • トランプは白人至上主義者か
    アジシオ次郎 (08/07)
    おはようございます。

    アメリカにおいてまた立て続けに銃乱射事件が起こったけど、テキサス州・エルパソでのケースは容疑者がヒスパニック系に対する憎悪感丸出しの書き
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    11 | 2018/12 | 01
    ------1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031-----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR