FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

情報テクノロジーのこれから

昨日のブログの続きを考えみると。

印刷技術の発明により、新聞が登場したが、新聞はこれからいろいろなこと知ることができ、知性と教養が高まると期待するが、下らない情報も増え人の知性や教養は下落するとして危機感を抱く人もいた。しかし、それを何とか乗り越えていって人間社会は発展していったといえるだろう。
そして、ラジオが開発される。
ラジオは大量の情報を速報できるので、新聞以上に期待された。しかしまた、新聞の時と同じように、下らない情報が氾濫してしまうと、危機感を抱く人もいた。これも何とか乗り越えていく。
今度はさらに、テレビが登場し文字や音声だけでなく、視覚的に訴えることができることに、大きく期待されたが。これもラジオの時と同じように、よりくだらない情報が蔓延し、それが人の心の深く植え付けられると心配する人も多くいた。

それから40年ほどして、パソコン通信が登場し、さらにインターネットが普及し、そのインターネットの技術も格段にすすみいまは、ソーシャルメディアとソーシャルネットワークサービスが誕生し今にいたっている。
インターネットの黎明期草創期は、ーシャルメディアとソーシャルネットワークサービスなどもなく、インターネットをを使う人は少なくまた、使える人も良心的知識人だった、中には狂信的な知識人もいただろうが。そのネット上に流されてる情報は受けてもそれを処理できるだけの能力と知性があったと私は考えている。
しかし、この、ソーシャルネットワークサービスがメデァのように使われることにより、今までのラジオやテレビの時以上に、私たちの生活環境や情報環境を変えてしまうことになっている。
このソーシャルネットワークサービスは、だれでもが発信できるコミュニケーション媒体の一つになり、誰でもが自由にそれを使い情報を発信できるようになっている。いわば個人で自由に発信できる。電子の壁新聞のようなものになっている。
壁新聞と言えば、現代では阪神淡路大震災の時に情報インフラが機能い時期に、紙の壁新聞によって情報がつたえられた。また、一部で大活躍したのが、ガリ版の謄写版の手キン印刷の新聞だった、どれも原始的でアナログなものだが、それらは情報伝達に大きな役割をはたした。また発信する法もその情報の正確性を重視した。
しかし、今はほとんどの人がスマートフォンを持ち、それらは特定の地域だけでなく時空を超えて情報が伝えれるようになっている。そして、添えらから漏れ発信される情報の正確性や信憑性はあまり高くない。中にはフェイクが拡散されてしまうこともある。
いままで、ラジオやテレビなどの新しいメディアの危険性から何とかそれから切りぬけてきたが。今のソーシャルネットワークサービスからダダ漏れされる情報から、人々の身を護ことはできるのだろうか。教養主義はテクノロジーの進化により、今まで、衰退、没落、崩壊へと向かうのであろうか。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 地球温暖化の問題点
    竹林泉水 (01/15)
    年始葬送のコメントありがとうございます。
    今年もお互いに良い年でありますようねがっています。

    ハイ 温暖化問題の解決の一番は、私は人間活動に足るを知ることだと考
  • 津久井やまゆり園の裁判
    アジシオ次郎 (01/13)
     遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

     さてやまゆり園無差別殺傷事件の被告に対する初公判は、開廷して被告が謝罪したと思いきや突然口に手を突っ込むとい
  • 地球温暖化の問題点
    荒野鷹虎 (01/10)
    温暖化問題は難解ですねー。
    直ぐ原発再稼働に走りがちになりますのでとんだ飛躍ですよねー。
    水力や風力発電はいかがなものでしょうかね。
    恐ろしいことが現実化されてい
  • 日韓関係が戦後最悪
    竹林泉水 (01/05)
    北朝鮮脅威論や韓国敵視政策をとるような国の指導やがいるが、韓流ブームもあるし民間の間では、一部の政治の指導者が選挙の票集めのために嫌韓を煽っても、それは、一部の
  • 伝統食
    竹林泉水 (01/05)
    そうですね、食が便利にないり、曹洞宗の五観の偈のようなことを考えずにいることが多くなっています。
    だから、テレビ番組で、食べ物を笑いものに扱うような番組が制作さ
  • 日韓関係が戦後最悪
    omachi (12/17)
    お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で
  • 日韓関係が戦後最悪
    風と雲 (12/13)
    全くお説の通りだと思います。小生古希を過ぎていますが、この歳になっても、何故日本国民の中に 嫌韓とか韓国人を蔑むような輩が居るのかよく分らない。右翼系のある団体
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    10 | 2018/11 | 12
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR