FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

自民党総裁選の続き

自民党党則をよむと、第十一章役員の任期 第八十条 役員の任期は、総裁については三年とし、その他すべて一年とする。ただし住人は妨げない。
 ・・・ 中略 ・・・
4総裁は、引き続き三期(前項に規定する任期を除く)を越えて在任することができない。
 ・・・ 以下略 ・・・

その総裁公選規程の第二章選挙人等 第六条には次のようにかかれている。
「総裁選挙の選挙権を有する者(以下「選挙人」という)は、党所属の国会議員及び次の各号に該当するもので日本国籍を有する二十歳以上のものとする。
一前二年の党費を納入した党員
二前二年の会費を納入した自由国民会議員
三 ・・・ 略 …」

この総裁公選規程のこの文言は、先般自民党が役員会で、総裁投票年年齢を国政選挙と同じにする、会費の納入は2年から1年に引き下げることを公表している。
党の党則は総裁公選規程などは、国で言えば憲法や法律にあたるものです。それを、党員に問わず党大会にもかけずに、役員会だけで変えていいものだろうか。
ますます、今の自民党の執行部について不信の念がつのる。

党内でもこのようなことをするのなら、国政ではどのようなことをするのだろうか。これが安倍政権がいう法に従って粛々と進めるとなると。憲法や法律はあってないようなものではないか。
関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

自民党総裁選菅の石破氏封じ?

またまた、自民党は、なりふり構わずというか、性懲りもなくというか、報道への干渉、規制になることを口にしている。

自民党は、平成26年衆院選の際に、在京テレビ各局に報道の公平性確保を求める文書を送りつけている。それより前に、2001年にはNHKの従軍慰安婦の問題を取り上げた番組で、一年生議員であった安倍晋三らがNHKに押しかけて詰め寄って、「かんぐれ」とせまり番組の改変をせまり、44分の番組が40分になったのは有名なはなしです。
このように、自民党特に安倍晋三は報道に対して圧力をかけるの有名で、TBSやテレビ朝日には出演拒否したり、出演した生番組でアベノミクスに批判的な声が紹介されると、それに対して正面から反論すればよいのを、評価している声もあると批判することに対して批判しています。

今回は、自民党の総裁選において、党総裁選管理委員会の野田毅委員長名で、候補者のインタビューや取材記事、写真の掲載に関して、内容や掲載面積など「必ず各候補者を平等・公平に」扱うよう要請。各候補者のインタビューの掲載日が異なる場合には別の候補者の名も載せろ書いてある文書を配布している。
自民党総裁選は、わたしのように国民全体の関心のある問題だが、一国政政党の問題で一メディアが同報道するかは、他からとやかく言われる問題で当事者から言われる問題ではないです。最近スポーツ界でパワハラなどの問題が報道されているが、当のパワハラした人やその団体の責任者が公平公正に報道してくれと注文を付けるような事はできないです。ましてや民主主義の国政よいの場や、それに関することについて注文をつけるよなものではないです。
そのようなことが、当たり前のように行なわれるのは、専制政治といかいいようがなく安倍独裁国家になったのかと思うほどです。

総裁選管理委員会は公正公平というが、石破茂氏は政策ごとのテーマで討論会を求めていたが開かれないようです。安倍氏首相は一対一の討論会だけでなく、記者会見などで自由に質問に答える方法はとりたくないようで、一方通行の演説で安倍政権が行なった政策の成果を主張するのが好きなようです。討論会が行なわれないので、石破氏は自分の主張を表明するために、連日のように記者会見を開いたり応じて、メディアもそれを報じています。それが不公平だと自民党の総裁選管は言うようです。「かんぐって」みると石破茂氏をメディアから封じるのを狙っているとみることができる。
一方安倍首相は、首相であるので日中首脳会談を開くことや、訪ロ予定の報道や、トランプ大統領との電話会談や拉致問題に対しての対応などが、目であで報道され、国民への露出はし放題です。しかし、石破氏の個人的な記者会見の報道を規制してメデァアでの露出を押さえこむのは民主主義の国の政党のすることだろうか。

ついでに最近思うこと、ロシアのソ連時代に、*1「プラウダに真実なし、イズベスチヤに報道なし(プラウダ=共産党の機関紙、イズベスチャ=ソ連政府の機関紙)」と言われていた。朝鮮人民民主主義共和国とあるが民主主義とは到底思えないし共産党独裁で共和国と思えない。自民党の正式名称は自由民主党で英語でThe Liberal Democratic Party です。いまの自民党をみていて、そのなかに「Liberal」「Democratic」があるのだろうか。

続きを読む

関連記事

食にたいしての、嫌悪感 罪悪感

私は食事をするとき、食卓の上に並んでいる、食べ物とくに鳥や肉などが卓上に乗ると、その鶏が豚が牛がどのように飼育されてかを思うと、人間の驕りを感じ、罪悪感や嫌悪感がふつふつとわき起こることがる。しかし、それを感じながらその糧を食べ満足している自分に気づくと、その自分を忌みきらいあいそをつかすのである。
本来、養鶏場や畜産上で飼育されている動物たちは、痛みや苦しみを感じる生き物で、気ままに自由に行きたい欲望を持っているはずです。しかし、現代の養鶏や畜産牧畜場では、機械のように一つの製造ラインに商品として品質う管理がされ、生まれてから一定期間飼育され、屠場に出荷されていく。そこには、健康でよい状態に生かされるように管理される。
丁度チャップリンのモダン多イズムのように、工場で働かせられ時間が来れば、機械に食事を与えられ、機械に巻き込まれて歯車の中を通りながら、すぱなーでナットを閉めようとし続ける。これと同じように、乳牛は子牛産んでも取り上げられ、常に妊娠させられ乳を出し続け、鶏は狭い檻に閉じ込められ卵を産み続けさせられる。肉牛や豚も成長しきる前のドナドナと売られていく。すべて人間の胃袋に入るためにその、一つのシステムの中に組み込まれれられる。もっと酷いのは無理やり高カロリーのものを食べさせれれ、肝臓を肥大化させられるアヒルです。日本の牛は筋肉に脂らが溜まる遺伝子を持った牛だけが、抽出させられ霜降り肉に品種を改良させれれる。
しかし、一たびその鳥インフルエンザや、狂牛病やアフリカ豚コレラなどのウイルスに感染すると、大きな穴を掘り土の中に数万羽 数千匹の鶏や牛や豚が殺処分される。

それらにそれらにお構いなく、毎日この肉は美味しいあの肉はいま一つだとのたまいながら、肉をたべている。
いまのように産業が分担され農業中心に社会構造から、工場で働く人商店で働く労働者を農業牧畜がまかなう社会構造に変化していくと、それまで自分が食べる肉を自分で屠殺して食べ、肉以外の内臓も食べ骨はいろいろなものに加工され、皮は靴や鞄などにしていた。しかし町や都市で暮らす人たちは、そのようなことをしなくなり、ますますその傾向がつよまり、いま食べてる肉がどのように屠場で殺され、どのように解体され卓上にある肉が、その豚や牛のどの部分であるかを考えなくなる。それなのにロースだのヒレ肉だの五月蠅く言う人が増えている。そして、内臓は骨などの部分はどのように使われるかを知ることすらしない。

人間は産業を発展させてきたが、それにより欲深く貪欲になればなるほで、鶏や豚や牛のことを考えなくなり、野生の鶏や豚や牛を絶滅させてしまい、さらに、他の野生の生き物を絶滅危惧種にどんどんしていっている。ほんの50年程前まで人間の人口は36億人だったが、今はその倍の70億を超えている。しかしその反面野生動物は減っていき、人間が食べる動物は管理された環境の中で増え続けている。

そのようなことを考えると、いま私が生きているのは本当に許されるのだろうかと思う。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 地球温暖化の問題点
    竹林泉水 (01/15)
    年始葬送のコメントありがとうございます。
    今年もお互いに良い年でありますようねがっています。

    ハイ 温暖化問題の解決の一番は、私は人間活動に足るを知ることだと考
  • 津久井やまゆり園の裁判
    アジシオ次郎 (01/13)
     遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

     さてやまゆり園無差別殺傷事件の被告に対する初公判は、開廷して被告が謝罪したと思いきや突然口に手を突っ込むとい
  • 地球温暖化の問題点
    荒野鷹虎 (01/10)
    温暖化問題は難解ですねー。
    直ぐ原発再稼働に走りがちになりますのでとんだ飛躍ですよねー。
    水力や風力発電はいかがなものでしょうかね。
    恐ろしいことが現実化されてい
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    07 | 2018/08 | 09
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR