FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

自民党の参議院定数6増

自民党の党利党略がますます露骨になってきている。
公明党は以前は、自民党の暴走を抑える役目をするといって、与党に組したが今やただの金魚の糞にしか過ぎないのではないか。
自民党は国会議員の定数削減が言われている中、一票の格差の是正と合区のの解消だといって、参議院の定数を6増やす案を、それに対する審議も十分せずに来期に選挙に間に合わためだとして、強引に可決しようとしている。
消費税導入を前に国会議員の「身を切る改革」の必要性があるといったが、それはどこいいったのだろうか。

民主党政権時代に、「参院全体の歳費が増大しないよう十分な検討を行う」との付帯決議を自民党はさせ、民主、自民、公3党が消費税増税方針に伴って約束したはずの「身を切る改革」はどこかにいってしまっている。

そもそも、選挙制度は民主主義の根幹に関わる問題です。それを政権党が好き勝手に変えてしまうことは、民主主義を揺るがす暴挙といえるでしょう。
関連記事

防犯カメラ

私の子どものころは防犯カメラなどなかたが、今は店の店舗の中だけでなく、街中いたるところにおかれている。数年前大阪の梅田周辺に設置されている防犯カメラ?監視カメラ?に映っている画像を、画像認識ソフトで街を歩いている人の顔を識別して、AIコンピュータでその街に設置されている複数のカメラのビックデータを処理して、任意の人を特定しその人の行動を追跡する実験が行われようとした。そのニュースが流れると反対と抗議の声が上がりその時は中止された。しかし、その後どうなっているのだろうか。
中国のある都市では、警察官が顔認識カメラのついた、眼鏡をかけてパトロールを始めたといいます。イベント会場などでのテロリストを見つけ出しテロを未然防止するためだという。
また、中国の新疆ウイグル自治区では、民族問題によりテロなどが起きていることから、特定の人物が通勤路から300m以上離れると、監視カメラの顔認証カメラがそれをキャッチして、公安などの当局に通報するシステムが作動することになっているそうです。

いまは、会社や研究機関などでは、身分証の提示やIDカードとパスワードの認証が必要なところも多くなってきた。顔認証の制度があがると、その個人の認証があらゆるところで行われるようになるだろう。
日本でも何かあると、周辺の防犯カメラが警察の捜査に利用され、犯人と思しき人の動向が追跡されたり、防犯カメラに映っている不審者の追跡をしたりして警察の捜査に利用されているようです。日本もどんどんと公安に監視される世の中になっていくのだろうか。

そのような、ことを考えると中国の防犯カメラによる市民への監視は他人事と思えなくなってくる。2020年には五輪パラリンピックのイベントがある。それに乗じてテロリストが日本に潜入してなにか騒動を起こさないとも限らないですが、日本ではヨーロッパやアメリカのように深刻な民族問題もない。また中東のアラブとの外交も積極的に友好関係を築こうとしてきたので、日本国内ではイスラム過激派のテロも今のところいきていなです。

しかし、アメリカ従属追随の姿勢をするなら、今後2020年を境に日本でも、イスラム過激派のテロが起きる恐れもでてくる。今まで以上にアラブ諸国に対しての外交が重要になってくるでしょう。
ISに日本人ジャーナリストが人質になり殺害された事件があったが、そのようなことが起こらないように、慎重にしていかなくてはならないでしょう。
関連記事

マイクロプラスチック

海洋汚染の一つにマイクロプラスチックの問題がある。このことについて私はいままで、レジ袋やペットボトルの問題で、プラスチックのゴミのポイ捨てやごみ処理が行き届いてない地域や国の問題と思っていた。
テレビのユースなどで海岸に打ち上げられるプラスチック系のゴミや、発展途上国などのレジ袋ゴミの惨状が流れるのを見てそう思た。日本ででも深刻な問題だが、ペットボトルの再利用やプラスチックごみの分別施設や処理場があるのでさほどではないと思っていた。

しかし別の問題もあるようです。それは、化学繊維の衣服を選択すると、その繊維くず選択排水の中に流れ出して、下水処理場を経てそこで、マクロ以下のものとなって、下水処理場から流れ川へ流れ海に流れるそうです。

マイクロプラスチックの問題は予想以上にみんなで考えていかないといけないと思った。

関連記事

トランスジェンダー

お茶の水女子大が2020年から、戸籍上は男性だが自らを女性と感じるトランスジェンダーの人の入学を受けいるれことを決めた。
このニュースを聞いて、全国の女子大学にももっと広がればよいと思う以上に、性同一性障碍のトランスジェンダーについて、社会がもっと認識しあう機会になればと思ったが、テレビのニュース番組などを見ていても、なかなかそこまで意識が盛り上がらないようです。
いま世界は学長が言うように「多様性を包摂する社会への」が求められている。これからの人口減少のなかで、日本はどのようにしていくかを考えると、トランスジェンダーばかりでなく、移民などの受け入れについての日本人の意識も考えていかないといけないでしょう。そのことを考えると、在日外国人への嫌がらせや差別などは、人種や差別だけでなく人個人として多様性をもっと受け入れらる社会をこれから目指していかなくてはいけないでしょう。

しかし、今の安倍政権はそれに対して格好はそちらに顔を向けるが、腹の中は反対を向いている人たちが周りに侍っているので、まだまだ、今の日本はそのような方向に進む速度は遅いのではないかと思う。そうなればそのようことから取り残されてしまう。

日本国憲法は、人権を尊重する憲法だが、結婚については男女であるべきと解釈できるかきかたです。しかし、それは婚姻についてであって、人は個人として尊重されるとあるので、このことはもっと活かしていくべきでしょう。


関連記事

西日本大水害と林業の衰退

記録的な豪雨で西日本で甚大な被害がでた、山間部に降った雨が山林を押し流してしまったものだが。政府は激甚災害に指定して国の支援を強化する方針をたてた。しかし、今回の災害は記録的な雨が降ったことにより起きただけとは言えないのではないか。
最近の豪雨による被害のと特徴としえ、土石流と山林が崩れ材木が押し流されている。

このことは、山間部の人口減少と高齢化により、林業うの衰退が原因ではないだろうか。私が小さいころは美しく手入れされた植林があったが、最近旅行などをしても山林は昔のような整然とした美しさはない。私の近くの雑木林も竹が侵食して荒れ放題です。

もともと自然林などの山の森はそれなりに、雨が降っても保水能力があるが、木を切ってはげ山にしてしまうとそれがなくなってしまう。江戸時代に大火の頻発する江戸の木材需要にこたえるために、全国の山林から木が切りだされて、その結果山ははげ山になり洪水が頻発したとうい。
江戸なほかの地でも、当時の燃料は薪が主でその需要にこたえるために、山から木が切りだされ同じ結果を出しているという。このことは、明治になるまでつづき、明治になってからも近代的な工業や産業が興り、その建設のために木の需要が多くあったという。
戦後も戦後復興のために、木材需要は高まり、水害の被害が多発していた。

そのはんせいにより、全国で植林産業が行われて、次第に山の保水力が高まっていって、そのかつてのような被害は少なくなり怒らなくなっていったという。
しかし、初めに書いたように、過疎化と人口減少と高齢化により林業が衰退してきている。そのあらわれが今回の西日本大水害といえるだろう。

国は、オリンピックやカジノで産業を興すというつもりのようがが、国とは山河あっての国ともいえる、林業の復興と振興をしないと、今回のようなことは毎年幾度となく起きるのではないだろうか。

関連記事

水道事業の民営化

以前ブログで、日本の多くの上水道は耐用年数が過ぎて、人間で言えば動脈硬化をして血栓が溜まっている状態、水道管は錆びや水垢が水道管にこびりついている。早急に取り換えないといけない時期にきていると。
そんななか、日本豪雨で、30万戸近くの世帯が断水になっているときく、これは水道管の耐用年数とは関係く、さきの未曾有の大雨により、取水施設や浄水場が水没したため断水だが、断水の最大の原因は水道管の破断によと言う人もいる。
しかし、財政の赤字などから先送りされていまっている。
国は、水道事業は基本的に自治体が運営する公営事業で、国際的に見ても水道料金が割安に抑えられてきので、老朽化した水道管を更新するための予算が積み立てられていないため自治体に予算がんがなく。そのため地方自治体も地方交付税に依存して、水道管の交換に自治体予算を優先的に回す余裕はなと言う。

そこで政府が考えているのは、水道事業を民営化しようとしている。それに対しての、メリット、ディメリットとそれによる賛否の議論がまた軽んじられているようです。
もともと、上水道は都会はべつとして農村部やいなかでは、簡易水道や井戸水で賄われいた。それを考えると大きな水道事業でなく自分たちの身の回りで、水道について考えてみることはいいことでしょう。
しかし、水道事業を民営化することは、その水資源の確保も民間に任せることにもなる。そうなれば、簡易水道などはその大きな水道事業会社に、その水利権が奪われてしまわないか心配する。まずはその地に住む住民市民の権利を一番に考えて、民間の参入を考えていくべきでしょう。
民営化とは株式化するということになり、株式となれば株の配当のために利潤を追求しなくてはならなくなる。また、民営企業が破たんした場合その水道事業の水道を、地域住民に提供するのはだれかの問題などの解決があるだろう。

この問題はいろいろな課題があるので、これからもっと考えていきたく思う。
関連記事

党利党略の選挙改革

日本の人口が減っているなかで、何故国会議員の定数を6増やすのか。
しかも一票の格差があるとして、過疎地と人口が集中しているところを是正することをことを理由に、都市部の議員の数を増やすことは、結果的に少数の国民の意思を軽くみることになるのではないか。
それを短時間の審議で委員会を通過させ成立をはかる、このような暴挙を繰り返すことは、いまの自民党の議員のなかには、民主主義を自分たちの都合の悪い制度だと思っているのだろうか、数の力に驕っているとしか言いようがないです。
なんだかますます、日本の政治は腐っていくようだ、このような政治がつづくなら、日本死ね!と言いたくもなる。政府は愛国心などと言うが、とてもこのような政治をおこなう政府を愛せとはなどといわれても、そのような政府は誇りに思ったり愛することはできない。

日本はどこまで情けなくなるのだろうか。
関連記事

タイで山の女神を鎮める儀式

タイで洞窟に閉じこめられた、サッカー少年の救出活動をした山で、山を騒がしたため山の女神に迷惑をかけたのではないかとして。山の女神の気を鎮めるための儀式がおこなわれた。
敬虔な仏教信徒が多いタイたいだが、自然への畏敬の念もち、自然とともに生き自然を大切にするタイの人たちを感じます。

私たち日本人も、つい最近まで山で生業をする人たち、マタギや炭焼きをする人たちなどなど、その土地の神を祀り崇めておて、に自然を大切にする気持ちをわすれなかった。
しかし、近代化と共にそれらの人たちは数なくなり消えて行った。また、村里に定住しないで、山中や河原などで過して漂泊の生活をおくり、木器や箕作り・竹細工などを生業にして村人と交易した漂泊の民なども、山の神を敬い崇めて祀ってきてた。しかし、日本の高度経済成長とともにそれらに人たちは、忘れられ消えていった。それと時を同じく日本の山の植林事業は、外国産の安い木材の押され衰退していき、山が荒れていき山の本来持っている力がなくなり、そのしっぺ返しが時々私たちの身に襲いかかるようになっている。

西日本の豪雨での大災害は、たしかに記録的な大雨により土砂崩れなどが起きたが、私たちが山の神を崇め大切にし、山の山林事業の振興を図っていたら、今回の未曾有由の災害は起きていてもここまでひどくならなかったのではないかと思う。

タイの人たちは、サッカー少年を助けるために、山に洞窟に立ち入った。それを山の女神を騒がして申し訳ないと詫びている。今回日本の私たちも今まで自分たちの生活を優先させることだけを考え、山の神たちのことを疎かにしたことを、いま一度山の神に詫びる必要があるのではないだろうか。
関連記事

万博テーマと岡本太郎

いま岡本太郎が生きていたら、2回目の大阪万博誘致をどう思うだろうか。
70年万博のとき、メイン広場である「お祭り広場」の大屋根をぶち抜く、太陽の塔をぶち立て、万博のメインテーマである「進歩と調和」に疑問を投げかけた。

万一今回、万博が大阪に誘致されたら、その万博のシンボルの構想を打ち立てるプロデューサーは、誰になるだろうか。二人目の岡本太郎のような人がなるだろうか。
関連記事

積極的平和主義とSDGs

ピコ太郎がでているコマーシャル、SDGsがある。
それは、2015年に国連サミットで採択された、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で、持続可能な世界を実現させるための17の目標に向かい、地球上の誰一人として取り残さないこと誓ったことにたいしての、啓発コマーシャルといったらよいでしょう。

その17の目標とは次のことです。
1 貧困をなくす
2 飢餓をゼロにする
3 すべての人に健康と福祉をもたらす
4 質の高い教育の普及
5 ジェンダー平等を実現する
6 安全な水とトイレの普及
7 手ごろな価格のクリーン・エネルギーの普及
8 ディーセント・ワークと経済成長を両立させる
9 産業と技術革新の基盤をつくる
10 人や国の不平等をなくす
11 住み続けられるまちづくり
12 責任ある消費と生産
13 気候変動に具体的な対策を取る
14 海の豊かさを守る
15 陸の豊かさを守る
16 平和、正義と充実した制度機構
17 パートナーシップで目標を達成する

この17の具体的なことはともかく、その目標の文言だけをみていても、そう簡単なことではないです。
これをこの宇宙船地球号で実現させようと言うのです。いま世界中で争いが起きています。その争いは暴力的実力をそうものから、経済的な争い、外交的な駆け引きの争い。さまざまだがこの17の目標の実現は、それの争いがあればどれ一つ実現できるものではないです。一国のその国の中で実現出来ればよいと考えるのは、単なる一国主義で自分だけが良ければよいとう、ファースト主義でしかないです。

持続可能な成長とは、この宇宙船地球号の乗員の全員が幸せになることで、それが本当の積極的平和主義でしょう。積極的平和主義とは能動的に平和に向けて行動することだが、それは決して武力を使た力によるもでは、けっしてなく、安倍首相のいう積極的平和主義でもない。貧困、抑圧、差別などの「構造的暴力」がない状態のこをさすべきです。

日本政府もこの国連の進めているSDGs運動を押し進めている。自国の利益優先でこのことを考えるのではなく、ヨハン.ガルトゥングの言う、戦争が無く、みなが健康で社会福祉をうけらら、貧困がなく内心の自由がありる、積極的平和を実現するために、取り組んでいくべきでしょう。
関連記事

IR法

強引にカジノ法とも言えるIR法 カジノを含む統合型リゾートは、カジノにより外国からの観光客を招くものだという。
しかし、さまざま外国らの観光客の調査によると、

日本の自然・景勝地の観光や日本食を食べること、ショッピングがその理由としてあげている。そして、日本の丁寧なものづくり、最先端と伝統が共存する文化なども日本の魅力としている。そのようなことを考えると、日本にギャンブルすなわち博打をしにくる、外国らの観光客はそう多くはないのではないさろうか。
そもそも、日本はギャンブルは禁止している、しかし、事実上パチンコはギャンブルでありこれが、野放しに近い状態で認められ営業している。まずは、カジノを含みIRを作るなら、パチンコなど規制を考えるべきではないか。そして、日本の公営ギャンブルの収益はすべて、公共事業は社会福祉などに使われている。町でよく見かける日本財団が福祉財団体に提供している車は、競艇すなわちボートレースの収益金からくるものです。しかし、IRでのカジノはそのようなものにつかわれるのではなく、個人の懐に入るものでこれでは、江戸時代の闇賭博を公認したようなものでといえるものです。

また、地域の振興策というが、カジノ依存症の対策や、それにより貧困になった人への救済策などは、置き去りにされてままです。地域振興をするならまずは、そのような人が出ないことが第一ではないか。それは、日本国憲法もとめている、基本的な文化的生活を送ることではないだろうか。

しかし、それとは逆にIR法により設置が認められた地域には大規模な開発がなされ、そこにはゼネコンが群がって大型のホテルや会議室やレジャーランドやカジノ施設が作らることになる。ここでは土建業界がその滴り落ちる滴に群がるのだろう。

日本のこれからの発展にそのようなものに、期待することは本当にこれからの日本の発展につながるのだろうか。今一度考えてみるべきことです。
関連記事

鉄道のレールの危険レベル

暑いというより熱い日が続きます、これこそ死ぬほど暑いという言葉がピッタリです。

そんな日が続く、先日JRに乗っていると、途中の駅で停車して、乗降が終わっても発車しなくなった。放送で、レールが基準の温度以上になったので運行を中止している。先行の列車と連絡を取り合って、運行を再開するとのことでした。

連日の気温上昇で、その日も朝から気温がぐんぐん上がり、昼には35度を越えていた。そのため、線路の温度が基準の温度を超えたため、レールにゆがみが起きる可能性が高くなったようです。特に大阪北部での先の地震がにより、地域によって線路のバラストのしまりが悪くなっている恐れのあるからか、ところによる区間で時速45キロで運行していた。そうだ、レールは鉄でできているので気温により収縮する、そのためレールには継ぎ目があり、その継ぎ目のためにあの列車のガッタンゴットンの音がする。最近は継ぎ目の技術も進歩し音があまりしなくなったり、ロングレールを使たりトンネルの中では
ノンシールドレールも使われ、かのガッタンゴットンという音はしない。それだけ技術が進歩してきているということだが、暑さのために列車の運行位支障が出るのはやはり相当暑いということです。
そういえば私が小学生のころ、暑さで国鉄の、線路が曲がったとのニュースがあったのを思い出した。今はそのようなニュースは全く聞かなくなった。それは、それだけレールに使う鉄の性能がよくなったのと、レールの継ぎ目やレールの施設の技術が進歩したからでしょう。在来線より高速で走る新幹線などはもっと、その技術が駆使されているだろうし、その技術が在来線に応用され列車が快適に走行できるようになっているのでしょう。

暑さのことによるトラブルは他にもある。いまはほとんど聞かないものに、道路のアスファルト舗装がある。私が若い頃は道路のアスファルトが、暑さにより軟らかくなり、道路に書かれた白線が歪んでしまったと言うニュースを聞いたことがある。その比だが、大学の学園紛争の激しき頃、社会情勢のが移動でもも行われ、それも過激に也歩道の敷石を剥がして砕き、それを投石として使われたこともあった。そのため歩道を管理する都は、歩道をアスファルトにしてしまった。今のように暑さに強いのではなくまたコールタールにまぜる小石も少ないので、暑い日いや熱い日などは、歩いているだけで足跡が付くようなこともあった。
いまは車道は白線が歪むようなこともなく、水が溜まるようなこともなく水はけもよいようです。歩道は過激な街頭デモもないので、いろいろな敷石がなされている。

数十年前に比べると、鉄道や道路の一寸したところの技術も格段に進んでいるのだ。
関連記事

健康増進法?受動喫煙促進法・

受動喫煙対策を強化するいう罰則付きの、健康増進法の改正が成立した。
健康増進のために改正と言うと聞こえがよいが、この法はざる法だといわれている。また、世界保健機構の基準に照らしてみると、現在の4段階の中で最下位だったのが、1ランク上げあるだけです。

2020年に東京五輪パラリンピックが行われるが、そのとき、世界でも喫煙に寛容な国と評価されるのがよいか、世界に喫煙に対して厳しい国と評価されるのがよいか。いま、世界は喫煙する人に健康にもよくないうえ、受動喫煙でたばこを吸わない人にも、健康に悪い影響があるとして、喫煙に厳しい目を向けている。そんな折のこの健康増進法の中途半端なお改正です。

厚労省は、公共施設や飲食店などを対象に、当初厳しい規制をもうけていたが、飲食業界の反対をうけ自民党の一部の議員が改正に難色をしめし、受動喫煙防止から大きく後退して、骨抜きと言われるにひとしい状態で改正され成立している。

受動喫煙が後退したのは、飲食店などだけでなく、公共施設や病院や学校も、敷地内禁煙だったが、野外での喫煙場所の設置がみとめれれている。
わたしは、学校に勤めていたが、私の勤務した市では、学校は全面禁煙するように、市からの指導があり校長もたばこを吸うとき、学校の敷地から出てすっていた。
校長が職員が、学校の敷地から一歩でてタバコを吸っている風景は見栄えがよいものではないがそのように厳しい方針をしていた。

世界保健機構は、去年の3月に、2020年の五輪パラリンピックを、屋内の公衆の集まる場所での嫌煙の完全禁止を求め、「タバコのない五輪」を日本政府に求めていました。
たばこの禁煙は、先のロシアの冬季がブラジルの夏季の大会をみても見劣りがすると言われている。まさに、禁煙に対して後進国だと世界に表明することになる。まことに世界に対して恥ずかしい限りではないか。
また、この法案のそこにはたばこ税を国の収益の一つにと考えている財務省の存在もあるのではないだろうか。霞が関での厚労省と財務省の力関係では財務省の方が強いのだろうか。
酒やたばこで国民の健康を害したり、家族はお互いに大切にし合うべしと目標にしながら、カジノ法によりギャンブル依存症を増やし家庭崩壊を招く恐れのある施策をする。そのことを考えるとやはり、国民の健康な生活より、国の国体の方が大切なのだろう・・・・・。

いまからでも遅くはないので、この健康増進法の再改正案を、与野党の議員立法宇などで出せにものだろうか、まずは野党の議員が、受動喫煙防止のための再改正の声をあげ、そして与党の受動喫煙防止に前向きの議員に声をかけたらどうだろうか。この改正に対しては党議拘束をかけないで採決をはかる。
そうすれば、次回の国政選挙のとき、受動喫煙に対してどのような考えを持っているかがわかり、投票の参考になります。
私たち有権者は次回の選挙のとき、その立候補者が受動喫煙にどのような考えをもっているかを、覚えていてそれにより投票するのことが大切です。それにより、健康増進法の真のねらいに近づけるための改正を議員立法として国会に上程出来るのではないでしょうか。
そのため、マスコミは今回の法で賛成反対に対してを、国民に明らかにしてはどうか。
日本を喫煙に厳しい国、受動喫煙に厳しい国づくりがしていけるのではないだろうか。そして2020五輪パラリンピックを「タバコのない五輪」になるのでは内だろうか。
関連記事

五輪以降の景気策とカジノ

2020年五輪パラリンピックの建設ラッシュのリバウンド経済とくの建設業の落ち込みが心配されている。
そこで、政府は大阪の万博の誘致を後押しし、さらに、カジノ付IRにより、建設業の落ち込みを避けようとしているかのようにしか思えない。
また、カジノ付IRにより本当に採算が取れるのだろうか。カジノの主益は法律でいくらかは、公的事業に使うよう制度を設けても、基本的にはカジノ経営者や出資者の懐に入る。カジノ以外のカジノ付IRの施設が採算が取れず赤字になれば、そのツケは誰が負うことのなるか。

この法律に対する国会の与野党の審議を見ていても、私には何か不甲斐なさを感じる。カジノによるギャンプル依存症の事ばかりが取り上げられ、誘致して建設された場合の試算は、採算が合い地域の経済効果も高いというものばかりで、その反対の資産は出てこないのもどうだろうか。
いままで、自治体が地域再開発のための事業がおこなわれてきているが、そのときの当初の試算は街に活気が戻るとういう試算がだされ事業が進められる。しかし、多くの場合その再開発事業が完了して数年たつと、当初の計画のように集客できずにいることが多く、逆に大きな箱モノを建設したため、その維持費がかかり、自治体の財政を圧迫しているところも多くある。
x
いま、リニア中央新幹線で名古屋以西の大阪の駅より東側に駅を作るか作らないか、作るとしたらどこかが話題になっている。その有力な候補地として奈良がああっているが、常識的に考えて名古屋から奈良はそれなりの速度は出せセルだろうか、奈良大阪間はリニア新幹線の売りの速度は出せないだろう。そうなると一日に数本の列車が停車するだけになるだろう。そのことを考えると巨額な駅舎を作っても乗降する人がすくなければ、その周辺の経済的な効果はほとんどないといえるのではないか。東海道新幹線の岐阜羽島のような駅になるのではないか心配するばかりです。

それと同じように、カジノ付IRも函ものばかり作って、後は知らんぷりとならないように、初めから函ものをつくらない方がましでなないか。
そのように考えていくとなんと無責任なことだろうか、税収が足りないからと国債を発行して事実上その国債を中央銀行である日銀に買わせてお金をジャブジャブ刷って赤字を増やす。この赤字に責任をだれがとるのだろうか、敗戦による日本の経済は大政翼賛ともので、国債を大量に発行して軍備にまわしていった。そして、当時の為政者は多くの国民を苦しめた戦争責任をとっていない。対外的は一応連合軍による国際裁判である東京裁判で死刑による責任は取ったが、当時に為政者が自らはとっていない。ようは植木均ではないが、日本は無責任国家なのだろうか、もういい加減にそのようなことはやめたらよいのだろうが、2020年の五輪パラリンピック、2025年万博とギャンブル大国へと邁進するのいかがか。
ギャンブル依存症は依存症になった自己責任だと言って、国の責任これも巧みに逃れるつもりなのでしょう。

そのように考えると、この国は明るい未来はあるのだろうか、明るい未来などない母国をどこまで好きになれるのだろうか。国のためそのような国を愛せと言われても誰が、自ら進んで愛することがで人がいるだろうか。
関連記事

8月15日の首相の靖国参拝

2020年五輪パラリンピックの建設ラッシュのリバウンド経済とくの建設業の落ち込みが心配されている。
そこで、政府は大阪の万博の誘致を後押しし、さらに、カジノ付IRにより、建設業の落ち込みを避けようとしているかのようにしか思えない。
また、カジノ付IRにより本当に採算が取れるのだろうか。カジノの主益は法律でいくらかは、公的事業に使うよう制度を設けても、基本的にはカジノ経営者や出資者の懐に入る。カジノ以外のカジノ付IRの施設が採算が取れず赤字になれば、そのツケは誰が負うことのなるか。

この法律に対する国会の与野党の審議を見ていても、私には何か不甲斐なさを感じる。カジノによるギャンプル依存症の事ばかりが取り上げられ、誘致して建設された場合の試算は、採算が合い地域の経済効果も高いというものばかりで、その反対の資産は出てこないのもどうだろうか。
いままで、自治体が地域再開発のための事業がおこなわれてきているが、そのときの当初の試算は街に活気が戻るとういう試算がだされ事業が進められる。しかし、多くの場合その再開発事業が完了して数年たつと、当初の計画のように集客できずにいることが多く、逆に大きな箱モノを建設したため、その維持費がかかり、自治体の財政を圧迫しているところも多くある。
x
いま、リニア中央新幹線で名古屋以西の大阪の駅より東側に駅を作るか作らないか、作るとしたらどこかが話題になっている。その有力な候補地として奈良がああっているが、常識的に考えて名古屋から奈良はそれなりの速度は出せセルだろうか、奈良大阪間はリニア新幹線の売りの速度は出せないだろう。そうなると一日に数本の列車が停車するだけになるだろう。そのことを考えると巨額な駅舎を作っても乗降する人がすくなければ、その周辺の経済的な効果はほとんどないといえるのではないか。東海道新幹線の岐阜羽島のような駅になるのではないか心配するばかりです。

それと同じように、カジノ付IRも函ものばかり作って、後は知らんぷりとならないように、初めから函ものをつくらない方がましでなないか。
そのように考えていくとなんと無責任なことだろうか、税収が足りないからと国債を発行して事実上その国債を中央銀行である日銀に買わせてお金をジャブジャブ刷って赤字を増やす。この赤字に責任をだれがとるのだろうか、敗戦による日本の経済は大政翼賛ともので、国債を大量に発行して軍備にまわしていった。そして、当時の為政者は多くの国民を苦しめた戦争責任をとっていない。対外的は一応連合軍による国際裁判である東京裁判で死刑による責任は取ったが、当時に為政者が自らはとっていない。ようは植木均ではないが、日本は無責任国家なのだろうか、もういい加減にそのようなことはやめたらよいのだろうが、2020年の五輪パラリンピック、2025年万博とギャンブル大国へと邁進するのいかがか。
ギャンブル依存症は依存症になった自己責任だと言って、国の責任これも巧みに逃れるつもりなのでしょう。

そのように考えると、この国は明るい未来はあるのだろうか、明るい未来などない母国をどこまで好きになれるのだろうか。国のためそのような国を愛せと言われても誰が、自ら進んで愛することがで人がいるだろうか。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    06 | 2018/07 | 08
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR