FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

朝の散歩

冬も夏も毎日、近くの公園まで散歩をしているが、そのあと太極拳をしている。今が一番いい季節で、寒くもなく暑くもなくとてもすがすがしいです。
朝起きて、今頃はちょうど日の出前で気持ち良いです。
しかし、同じコースの公園までの散歩で一つ思うことがある。坦坦と歩くのではなく、同じ道でも毎日違った発見をしたく思います。
関連記事

内部告発者の保護

ゼネコンの大林組は、リニア新幹線の駅建設に関し、他社のゼネコンとの談合があったことに対し、その再発防止策として、他社の社員との飲食を禁止すること、他社との不審亜なメールがないかシステムとして防止する。また、談合があった場合など内部告発を出きるように、それに関わった場合でも、内部告発をした場合その処分を軽減する。談合などは独占禁止法違反になり、法的な行政処分されるだけでなく、不正なことをした場合、社会的な信用を脅かされないので、民間企業では不正防止に神経を尖らせている。このような流れはゼネコンだけでなく、他の大企業にも広がっていくだろう。

しかし、このような制度は、霞ヶ関や永田町にもひろがるだろうか、霞ヶ関では省庁の権益を最優先にするようなところがあると聞く。また、永田町でも自分たちの権益をまもり、不正に対して隠そうとするところがあることで、モリカケ問題や、自衛隊の日報問題の公文書の取り扱いでの答弁などをみると、民間企業の内部告発によって自浄しようとする動きとは、永田町・霞ヶ関では真逆のことが行われているようです。
日本の政治を真っ当なありかたにするにはどのようなことをしたらよいのだろうか。そのためには、官僚の面従腹背と内部告発者の権利の保護を制度としていくべきではないだろうか。
関連記事

またまた憲法について思うこと

憲法改正について、マスコミなどは時々、アンケイト調査をしている。しかし、そのなかで、改正すべきか改正必要がないかとの問いがある。私はこのことに対して、前々から違和感があった。わたしは、改正するならその内容が問題だと感じている。なんか70年一度も改正されていないからと、その雰囲気だけで改正されてしまわないかと心配になってきている。
2012年に自民党が発表したが、そのような憲法ないようなら反対です。それについてはあとで述べるが、日本の憲法は、他の国の憲法と比較して、語彙数が少ないと言われている。また、その内容は事細かく、こうあるべきだとは書かれていないです。大まかな柱が書かれている。たとえば国民の基本的な生活の保障は文化的なと書かれているだけで、それにより生活保護法などがつくられ、その法律でそれを国民の生活保障を実現している。
首相の任期も各党の綱領によって代わってくる。
アメリカでは、大統領の任期は憲法で決められているが、それは戦中のルーズベルト大統領が4期したことにより、その反省として戦後に憲法の修正条項として書き加えられてたものです。初代大統領ワシントンが長期に一人の人間が最高権力の座に就くのはよくないとして、2期で退陣しそれを後々の大統領もそれを踏襲してきた。それが、4期もする人が現れた反省から大統領任期の修正条項として明記されたものです。これは権力を握るものを縛るためのものです。(もっともルーズベルトは4期目の途中で病死したが)

憲法の国民の義務権利に関して書かれている条項をみると、現行の憲法では、公共の福祉に反しない限りと書かれているが、自民答案では、公益と秩序に反しない限りとしている。明治憲法では法律に反しない限りと書かれている。
これをみると、自民答案が運用次第では、時の政権の都合により、一番国民の権利が制限される事態になりかねないです。

今の安部政権は、法に従ってと言いながら、憲法や法律の解釈を自在にして、自分の成し遂げたことをしよとしています。法と秩序によっていいながら、岩盤規制に穴を空けると言って、規制緩和をしたり、特区を作ってその抜け道を、法的に正当なように装って実現しよとしている。今までの集団的自衛権は認められないとしてきたが、9条の解釈を変えて集団的自衛権は出きるとしました。

そのようなことを考えると、自民党の憲法案の「公益と秩序に反しない限り」は、安倍首相のような人やもっとひどい人が首相になれが、どのような方や憲法でも自在に解釈され、国民の権利と義務が解釈されない。言い換えればそれは憲法がないのと同じではないだろうか。

どうも今の安倍政権は、国民の権利義務を見直し、統治権者には強い政府としてその力を拡大したいようですね。
関連記事

奈良のシカの疾走に思ったこと

奈良の女子大近くの崇徳寺近くをシカが50頭近くが走り抜けたそうですが。奈良公園の周辺では、数頭の鹿はよく見かけます。しかし、これほど多くの鹿が颯爽と走りぬけることは珍しいでしょう。
奈良公園では冬になるとイノシシがミミズを食べた後か、芝を荒らした痕を見ることがあります。また、奈良ではないが私が住んでいたところでは、時々イノシシがでて気を付けるように注意の回覧が回ることもあります。幸い住宅地なので危険だからと駆除されることはないが、これが里山の地域なら有害獣として猟友会の人に駆除の依頼が行くかもしれません。
奈良のシカも増えすぎて樹木を傷つけたりして、一定数を減らすべきではないかとも議論されています。
シカなら慎重に議論されるが、イノシシなら問答無用と駆除されたしてしまう。

政治家の発言なら、不適切な失言をしてもあまり問題にしないようにされてしまう傾向が今あるようです。
麻生財務相の発言、「セクハラ罪っていう罪はない」「殺人とか強わいとは違う」や「罪としてはいわゆる親告罪」は、安倍首相もマスコミも、有能?な政治家の発言には蓋をして目をつぶる。しかし、タレントなどや末端の政治家では、これぞとパッシングをしてします。
シカ、イノシシと政治家を同列にして話をしてはいけないが、セクハラなどは人権問題だという意識をもっと持つべきではないだろうか、人権意識の低い政治家が、この国民主権で人権尊重・民主主義の日本でまかり通るのはなぜだろうかと思う。

福田前次官の辞任は、「セクハラの問題」としてより、「審議が止まるとか、財務省の信頼を落としたとか」と述べています。このようなことで幕引きをされて、それを容認するマスコミにも問題があり、その結果軽々しく麻生氏のような発言があるのだろう。
関連記事

憲法の変えるべき点は?

昨日憲法について思うことを書いたが、ならば自分の思う憲法をどのように、改正すべきところがあるか。

まずは自衛隊については、今の憲法では軍隊の保持を禁止しているので、日本には軍法というものがなく、国内外で任務を遂行しているときに、人を殺してしまうと、その国の国内法で裁かれてします。それでは平和維持活動などでも、その任務を遂行するにには支障が起きる可能性がある。
そのために、自衛隊の活動には明確にできることを書き、その活動に箍と枷を嵌めるべきでしょう。

また、今のような政治の横行をさせないために、自民党の改憲案のように、臨時国会開催の要求があった場合、何日以内に開催すると明記するべきでしょう。今の憲法では何日以内と明記されていないので、それを理由に開催を棚晒にしてしまうことがないようにすべきでしょう。
また、国会の解散権は今の現行憲法でも、首相の専権事項とは明記されていないです。それを解釈上そうされそれが慣行になっている。それを、解散の要求があり可決された場合は解散するなどの、その制限をつけるべきでしょう。今のように選挙戦に有利な場合に解散してしまうのは、政治の横暴を許してしまうことになりかねないです。

与党の暴走を防ぐために、国勢調査権は国会の過半数お賛成によっておこなわれるが、それをもっと低くして国会で証人喚問を行われるようにすべきではないか。
現行の憲法62条には、「両議院は、各々国政に関する調査を行ひ、これに関して、証人の出頭及び証言並びに記録の提出を要求することができる」としています。
しかし今の政権はそれ拒否して開かれないです。現に証人喚問を野党が要求してもそれを拒み、参考人招致ですまそうとすることは、国民が国政のありかたを知る権利を奪うもので、そのようなことが出来ないように書く必要もありそうです。

他にも、三権の独立特に、司法の独立は時の政権にないがしろにされないようにすべきでしょう。
また、公共放送のありかたは、行政からの独立を強化し、政府の宣伝機関になってしまわないよにすべきでしょう。
ほかにも、憲法が国に求めていること実現させるために法律の制定と憲法違反の法律を審議する憲法裁判所のような機関はひつようでしょう。
また、三権分立 立法権 行政権 司法権に加えて、中央現行の行政権との独立をすべきではないか、行政による財政出動を許してしまえば、国の予算はどんどん膨らみ、収入がないのに支出ばかりになれば、赤字国債の乱発になってしまう。ただでさえいま、日本は千兆を超す赤字を抱えている。
これを一刻も早く、正常な財政にすべきでしょう。
これは、国民の生活にも痛みが出るのは必至だが、それを見て見ぬふりをするように何も取り組まないのはよくないと思う。

また、国会の国会の一院制か二院制につていも見直し、参議院の在り方を見直すべきでしょう。衆議院は国民の政治的に平等の考えから小選挙区制でもよいが、参議院は地域の代表などの観点も取り入れるべきでしょう。この点はもっと議論していくべきでしょう。
関連記事

日大のアメフト選手のタックル

関学と日大のアメリカフットボールの試合で、びっくりすする試合というより事件が話題になっている。
もともと、アメリカフットボールはボールを使った格闘技のようなもので、それだからこそそのルールは厳格に適用されなくてはならない。

ボールをパスした選手に日大に選手が猛タックルしている。そのため、タックルされた関学の選手は、途中退場し翌日には不調を訴えている。
私がニュースの映像を見ると、日大にその選手の背番号はぼかされて放送されているが、タックルの仕方を見ると単にルール違反という範囲ではないように見ました。関学の選手は「足に痺れが出ている」状態だという。
関学は日大とそのチームに抗議したというが、それだけですむべきものだろうか。刑事事件にもなりうるものではないかとおもう。

アメリカフットボールをスポーツとして楽しむなら、それを普及うさせるなら、このようなことは許しておいていいものだろうか。もっと厳格に厳しいことをすべきでしょう。このようなことを放置しておくともっとひどいことになりかねないでしょう。

見方を変えると、相撲界で兄弟子弟弟子や親方弟子関係で、指導や教育や躾けとして、暴力がいまだにはびこっている。問題が明るみになるとそれに対して、再発防止の対策がとられるがしばらくすると、また出てきています。

アメフトと相撲では問題が違うが、安易にこのアメフトの問題を解決してしまうと再び同じようなことが起きるのではないでしょうか。

今回の事故をいや事件といってもいい事故を、該当の選手が故意に悪質なタックルをした事実もないとして、日大の広報「あくまでプレーは瞬間的なものですので、こちらとしては、今回の件は偶発的なアクシデントだったと認識しております」というように片づけてよいものだろうか。
関連記事

飢餓に苦しんでいる人と食品ロス

いまこの地球上で餓えに苦しんでいる人が、8億人あまりいるという。その一方毎年世界で食料生産されるその13億トンが毎年廃棄されているそうです。それは食料生産の3割にあたるそうです。

そして、捨てられる食品のなかでは、私たちの冷蔵庫の中で賞味期限が過ぎて捨てられてしまうもの。また、日本での食品流通の1/3ルールのように、流通段階で捨てられるものも多いと聞きます。また野菜などでは出荷段階で規格外として捨てられるもの、また、豊作などで過剰にになり価格調整で捨てられるものも多いです。

飢餓に苦しんでいる国々では、流通段階や規格外などでの食費ロスは先進国に比べ非常に少ないだろうが、冷蔵庫などがないことにより、腐らしてしまうことによる食品ロスはあるでしょう。

賞味期限がすぎても安全上問題なく食べられるもので、美味しく食べられる期限が過ぎているだけといわれている。缶詰などは熱処理と真空処理をしているので理論上は雑菌などが繁殖すうことはないです。しかし、味の品質は落ちてきたりするだけです。そのようなことを考えると「まだ食べられる食品を捨てる」ことは見なおした方がよいでしょう。経済面から見て無駄だし、食品は多くの人の手がかかったものあり、生き物の命を戴いているのだから、倫理的にも目の前の食品を棄てることはできないものです。しかし、多くの食品がすてられることはよくないことです。

私たちの生活をまずは身の回りから見直していくのも一つだし、それと食品流通の1/3ルールなどは、消費者がこれはおかしいもっと安く手に入れらるようにしろと、声を上げていくことがひつようでしょう。
1/3ルールとは、卸売業者はメーカーから賞味期限全体の最初の1/3を過ぎたものは買わない、小売店は賞味期限の2/3を過ぎた商品は卸から買わない。逆に言えばメーカは在庫で賞味期限を1/3過ぎたものは売らないで廃棄する。卸売業者は2/3を過ぎたものは売らないで廃棄か返品する。
しかし、賞味期限間近のものは、私たち消費者にとっては、どうせ廃棄するなら安く売って欲しいものです。そのような流通革命を起こす人はいないだろうか。第二の中内功のような人がこれから出てくるかも知れないなとおもう。
関連記事

パレスチナの混乱

アメリカがエルサレムに大使館を移転したことにより、混乱が起きている。
イスラエル側は、その抗議に対して軍隊を出動させ、実弾を持て抑え込み、パレスチナ人に多くの死者が出ている。
イスラエルとしては、過激な抗議行動に対して鎮圧しようとするのは、一国の政府として持っている権利ではるが、治安部隊でなくいきなり軍隊を動員するのは、初めから対話はなく力でねじ伏せようとしている姿勢といえる。
もっともイスラエルはガザ地区などへ不法に入植地を作り、パレスチナ自治自治区を実行支配している。このような強硬な手段をとる国だから、軍隊を出しても当然の権利としての理論があるのだろう。
そこには、話し合いも和解もなく、相手をねじ伏せようするしせだけではなか、アメリカ政府も自分が蒔いた種だが、イスラエルと強硬な姿勢は正当なものだと理解をしめしている。このままだとますます泥沼化することになるだろう。

日本をはじめ中東の石油に頼っている国々は、アメリカとイスラエルの行動を批判をするか、自重をするようにみとめている。
この問題は、中東の石油に頼るとか。アメリカ追随にかかわらず、人道的な問題でこれからの国際社会のルールにも関わってくるものだといえる。
国連をはじめ国際社会はこのような横暴を許してよいものだろうか。それを支援するのは、イスラエルの行動に世界的に抗議の意思を市民レベルで訴えていくことが、この問題を解決するものになるのではないだろうか。

関連記事

朝鮮半島の非核化か北朝鮮の非核化か

北朝鮮は、韓米の軍事共同演習に、核爆弾を搭載できる爆撃機を参加させていることに対し、朝鮮半島の非核はに逆行するものだとして、一方的な北朝鮮非核化は許されないとして、南北の閣僚会談を延期しました。北朝鮮は表向きは核を放棄する用意があるといっている。しかし、米韓は在韓米軍に完全な核持ち込みをしないとは一言も言っていないです。
日米韓は北朝鮮の非核化とは言っているが、朝鮮半島の非核かとは言っていないです。日本は表向きは、造らず持ち込ませず持たずの核三原則があるが。韓国が日本と同じ非核三原則を表明するなら、北朝鮮は核放棄により前向きな姿勢を示すでしょう。
しかし、沖縄返還のとき、日米の密約に沖縄への核持ち込みがあったことは明らかになっていたと記憶している。このようなことを考えると、中国やロシアが核を保有していることから、そう簡単に米国は韓国が非核三原則を表明することは許さないでしょう。

日本はロシアに対し、経済支援や北方領土の共同開発をすることのより、北朝鮮を非核化を実現させるために、北朝鮮に圧力なりを加えるように約束を取り付けようとしている。
しかし、北方領土は日本固有の領土であるが、ロシアが実行支配しているところです。それなのに共同開発をすることは事実上ロシアが支配していることを認めてしまうことになるのではないか。また、北方領土が日本に変換されれば、日米地位協定で米軍は日本のどこにでも基地を造ることができるとなっていると聞きます。それが事実だとすれば、北方領土に米軍基地が建設されるおそれもでてくる。旧ソ連がキューバに核を持ち込んだキューバ危機のときのように、沖縄の密約のように核を北方領土に持ち込みがされる恐れがある。そのことを考えると、ロシアはたやすく北方領土を手放すことはないでしょう。

安部首相は、北方領土と北朝鮮の非核化と拉致問題を一挙に解決させよとしているが、それは二兔追うもの一兔も得ずということわざがあるように、三兔追うもの一兔も得ずとなることは明らかでしょう。

トランプ大統領も、北朝鮮が米国との同じテーブルに着くことができたのは、トランプ政権の力による外交の成果だとしている。それと同じことをイランの核問題にたいしても、よりアメリカンファーストになるように、強行な手段にしようとしてる。また、米国大使館をエルサレムに置くことも同様で、これも、その強硬なやりかたが、三兔追うもの一兔も得ずとなってしまわないか。

日本はそこでどのような外交をしたらよいか、日本は日本の独自の外交として、アメリ従属や追随と見られかねないことでははく、国際社会と歩調を合わせていくべきでしょう。ここは、これからの日本がどの方向に進むかが問われることになるのではないでしょうか。
関連記事

日大のアメフト問題と今の国会

日大と関学のアメフトの試合で起きた、異常なタックル事件。この日大の対応対処の仕方をみていると、国会のモリカケ問題の自民のやり方をまねているように見えてしまう。

もっと面白いことにスポーツ庁長官と、文科相の発言がまたいけている。真相をはっきりしないといけなという趣旨のことを言っている。ではモリカケ問題や、公文書の取り扱いについての問題もその、真相となぜそのようなことが行われてしまったかも、明らかにしてほしいものです。
関連記事

スルガ銀行と日本の財政健全化に思う

地方銀行のスルガ銀行の融資で、大掛かりに不正行為が発覚しました。かなり組織的な不正のようです。しかし、スルガ銀行は第三者委員会を設けて調査するというが、その第三者の人選をするのは、スルガ銀行なので、どこまで本当にその全容を究明できるだろうか。

問題の不正の内容は、シェアハウス用の不動産ローンが不正で、借り手の資金力がないのに、預金通帳の写しなどが改ざんさしたり、売買金額が水増しされていたそうです。そして、その多くは行員がその不正に気づいていたようです。
このような問題がでれば銀行として致命的なものでしょう。なぜ内部告発がされなかったのか、自分の組織を守るためなるとその不正を指摘できなかったのでしょうか。
スルガ銀行の内部調査によると、多数の行員が不正の存在を知っていた、融資に難色を示した審査部担当者を、営業部門の幹部が恫喝したとこともわかってきている。顧客利益の保護と融資のリスク管理において、銀行としてび信用を揺るがすものです。利益最優先にしたこのことは、公共性が求められる銀行としてそのあり方が問われるだろう。

このようなありかたは、スルガ銀行だけのことであって、他の銀行にもそのような空気が流れていないことを願うばかりです。もっとも、日本の中央銀行も、禁じられている財政出動まがいのことをおこない、お金をジャブジャブ刷る黒田バズーカも、見方によれば似たところがあるのではないだろうか。
関連記事

財政健全化

政府は財政の立て直しというが、先進国で最悪の状態にある財政の健全化をまとめると言っているが、「経済財政運営と改革の基本方針」に盛り込むそうだ。しかし、ほんとうに国債に頼らない政策経費を賄える状態ができるのだろうか。
東京五輪・パラリンピックのため、東京は会場などだけでなく、インフラや道路などの建設ラッシュだた、それらの多くは、国債のバラマキで賄っているのではないだろうか、それでは、いつになったら基礎的財政収支の黒字化が達成できるのだろうか。達成目標を2020年度から2025年度に遅らせるという。まさにこのこと自体からみても国債の依存度が高いことに対しての見直しと言えるのだろうか。

政府はよく痛みを伴う財政改革というが、利権を確保できるところは確保し、国民に痛みを感じさせることだけの政策にならないようにして欲しものです。そうなれば国民国家主義的なくにになり、国民は国のために働けつくせと言うようなものです。
そう考えると、2012年に自民党の憲法案をみると、そのように感じるところが随所にあります。それを見ると、国民は臣民とでしょうか。教育勅語の後段に書かれているように、臣民は尽くせと言うことでしょうか。

ほんとうに意味での、国民のために税制健全化をしてほしいもです。そのためには、今の日本人の生活のあり方や、国のあり方をいま一度根本からみなそうべきでもあるでしょう。
大きな政府か小さな政府か、強い国か凡国かなどについて、もっと考えて今の自分の生活を見直してみたく思います。
関連記事

修学旅行シーズン

毎日の散歩では近くの運動公園でウオーキングをしているのだが、今日は中学生が私服と大きなバックを持って集まっていた。どうやら修学旅行にいくために集まっているようで。しばらくすると観光バスがやってきていました。観光バスは中学生を乗せて、新幹線の駅にいくのでしょうか。バスの運転手に聞くと、空港にいくとのことでした。どうやら、平和の誓いとか中学の先生が言っていたので、長崎か沖縄にいくのでしょうか。

私が現職の教師のときは、新幹線の駅に直接集合させた学校と、学校のグランドにバスを臨時に入れ、そこから新幹線の最寄りの駅に集合させました。また、私の在職中は飛行機を使うことは市の教育委員会から禁止していました。
そう、ディズニーランドもレジャー施設だとして行くことができなかったです。今はどちらも解禁されているようですが。また、三都市でJRと交渉して団体の集約列車を走らせていました。集約列車はダイヤの隙間を塗って運行されるので、通常の運行時間よりも時間がかかりました。
今はどうなっているのでしょうか。

それはともかく、今日集まった中学生たち、楽しい修学旅行に行って無事帰ってくることを祈っています。
関連記事

米朝首脳会談の中止

トランプ大統領はシンガポールるで開く米朝首脳会談の中止をすることを明らかにした。
北朝鮮はいろいろな駆け引きで、自分達に有利な結果を導き出すように、南北の閣僚級会談を中止したり硬軟な外交を展開してきたが、それが、トランプ大統領の逆鱗に触れたか、これもトランプ流の駆け引きの一つかもしれない。

それはともかく、米韓は北朝鮮の核放棄非核化を言っているが、北朝鮮の一つの願いは朝鮮半島の非核化もう少し広げると、日本の核三原則の完全な履行であろう。
ここにまずは一つの隔たりがあると私はみる。また、米韓なら中朝のことを考えると、中国も朝鮮半島の非核化は願っているでしょう。

南北の融和と朝鮮戦争が休戦状態から終戦となれば、南北だけでなく米朝や日朝の間にも経済的な効果は大きいだろう。
また、アジア太平洋戦争が終わり、朝鮮の日本の統治から解放されたとき、朝鮮半島をどうするかが問題になったが、北がソ連との関係が強い金日正、南をアメリカと関係が強い李承晩?が支配していたが、そのときから、南北の人たちは南北の統一を模索していた、政治体制が違っても連邦制のような形が取れないかとの考えもあったようです。
しかし、当時資源的に北の方が豊富にあり、日本の統治時代から北の方に産業が盛んだった。そこでソ連のそそのかしもあったか、金日正が南進して朝鮮戦争になり今の状態になっている。

まずは、北の核放棄 次に朝鮮戦争の終結 そして、南北の融和と米朝の平和条約締結で国交正常化だろう。そして朝鮮半島の統一となるのがよいだろうが、ここに至るまでにはあと数十年はかかりそうです。
そして、そうなるとアジア太平洋戦争が本当に終わることになるのでしょう。

このように考えると、日本にとって米朝首脳会談は非常に重い意味を持つと私は思っている。
関連記事

ネットカフェ殺人事件に思う

先日、ネットカフェで、自殺できないのでムカついてさしたと言う事件が起きた。
秋葉原で車を暴走させたり、小学校に乱入して児童教師を殺害した事件、障害者施設の押し入り生きている価値がないとして重度重複の障碍を殺害した事件。

ネットカフェの事件では犯人が自殺ができず、知らない相手だがむかついたと証言しているそうです。どれも、犯人自身が自分対しての価値観を見つけられず、自尊心がない共通点があるように思う。

これらの事件はその、個人的な妬み恨みからくるものでなく、今の現代社会の歪みから来るものだといえる。
これらの事件をおきないようにするには、今の社会のありかたに対して見直し、今の社会に取り残され置き去りにされ、ついていけない人たちに対して、それらの人が多くいることを互いに認めあい。それらの人たちの居場所と救済支援援助ができる制度を作っていくべきだろう。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 人種差別から思ったこと
    竹林泉水 (06/21)
    コメントありがとうございます。

    人間は、自分は他よりも優秀だ思いたいがります。逆に自分はあの一人より仕事ができないと感じたり、あの人より低く見られていることに対
  • 人種差別から思ったこと
    アジシオ次郎 (06/18)
     おはようございます。

     相変わらず現代において根強く蔓延る人種差別の問題、長い歴史において人種差別や偏見はヒドかったけど、その歴史から何を学んでいるのかとも思
  • 人生二十最
    omachi (05/23)
    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めま
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    04 | 2018/05 | 06
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR