FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

財政ファンド

日本の中央銀行である日銀は、国債の引受けは、財政法第5条により、原則として禁止されていると言ってます。それは財政ファンドを禁止するのは「国債の市中消化の原則」からくるものでしょう。
しかし、黒田バズーカや衆議院選挙では話題にせず最近聞かなくなったアベノミクスになどをどう考えたらよいのだろうか。
金融調節の結果として保有している国債で、償還期限が到来したものについては、財政法第5条ただし書きの規定に基づいて借り換えをしているといっている。つまり、国の財政の応じて発行された国債を中央銀行が買っているということのようです。
それは、財政法第5条:すべて、公債の発行については、日本銀行にこれを引き受けさせ、又、借入金の借入については、日本銀行からこれを借り入れてはならない。但し、特別の事由がある場合において、国会の議決を経た金額の範囲内では、この限りでない。としているが。

そのようなことを、日本の中央銀行がいったんすることは、政府の財政資金の供与をはじめると、政府が財政抑制をしようとする歯止めと節度がなくなります財政赤字が膨らんでいくでしょう。
安倍首相は訪問国に資金援助をすると大盤振る舞いをしているが、その資金はどこにあるのだろうか、国民からの税金なら国民の理解を得てすればまだいいが、国債を発行して行なうのならそれはそのツケを自分たちが退任した後、その後任の人が負わないといけないです。これからの日本経済はどうなるのだろうかととても私は心配していうのだがこれが杞憂に終わることを願ってやまないです。

戦前、国債を中央銀行が引き受け、戦後日本はハイパーインフレとなり、物価は100倍になり、旧紙幣は使えなくなってしまいました。それは、戦費調達のための国債を日銀が引き受け宝と言われます。敗戦後の復興処理だけでなく、戦時中受注された武器や、莫大な戦時国債のへの支払いが中央銀行である日本銀行が引き受け先とされ、お金をジャブジャブ刷って政府に支払い、その結果お金があふれインフレを引き起こしたといわれています。
いま、安倍政権は諸外国に多額の援助を表明しています、日本の財政はどのように支出の財源を四苦八苦しています、それが外国の財政支援の財源はどこから来るのか。それは国債を発行してあてるのでしょうが、誰が国債を買うのかどう考えてもわからなかったのだが、どうやら日銀が市中銀行がいったん買った国債を引き取る保証があるとも聞いたことがありまうす。

阪神淡路大震災のとき仮設受託をたて、罹災者に被災者に多額の援助がされました、それは被災した自治体である兵庫県や神戸市などが大量の公債(県債・市債)を発行したかられす。神戸市の学校に勤務していた私も、自身から10年経って神戸市は、非常な財政難になり緊縮財政がさ学校の運営費も切り詰めら多のを覚えています。

いま、安倍政権は黒田バズーカをまだ続けるようです、そして外国首脳との会談後にその国に対しての財政支援を約束したりいています、日本が外国に対して支援をすることは良いことですが、その財源はどこから来るのかを国民に説明はされていないです。そのことを丁寧に説明してほしいものです。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 100年前の教訓
    竹林泉水 (05/09)
    コメントありがとうございます
  • 100年前の教訓
    レインボー (05/09)
    初めてコメントします。

    100年前のスペイン風邪が流行ですが、与謝野晶子の指摘、感心しました。
    ご指摘のとおり、100年前と同じことが繰り返されているとは、驚きました
  • 東京五輪の延期は
    竹林泉水 (03/27)
    オリンピックの開催はようやく、1年程度の延期との結論がでました。
    ただ、政府は新型コロナウイルスの封じ込めにどこまで、本気でいるのかヨーロッパやアメリカや韓国など
  • 東京五輪の延期は
    アジシオ次郎 (03/25)
     おはようございます。

     東京オリンピック・パラリンピックは1年延期となったわけだが、新型コロナウイルスという道の猛威には勝てなかったというか、この状況で予定通
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    竹林泉水 (02/20)
    「桜を見る会」などを棚上げすれば、モリカケのようにうやむやにされ、日本の行政がますますゆがめれれていく。
    コロナウイルスの対処は別問題では?
    一所にすれば、両方と
  • 「無意味だ」ヤジについて思う
    幽村芳春 (02/19)
    「桜を見る会」の論戦はいったん棚上げにして、今国会ではコロナウィルスなどの防疫問題を論議してほしいと思います。
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    竹林泉水 (02/07)
    コメントありがとうございます。
    五観の偈をとなえて食事をなさっておられるのですか。 頭がさがります。

    企業活動や時の政権も、この「五観の偈」を、政治や商売に置き
  • 昨日の続きである、「カラクテール」から
    幽村芳春 (02/03)
    私も必ず「五観の偈」を唱えてから食事をいただいています。実際に唱えると五観の偈の意味がよくわかります。
  • 津久井やまゆり園の裁判
    竹林泉水 (01/15)
    こちらこそ 今年もよろしくお願いします。

    やまゆり園の裁判で、被告が突然暴れ出したとニュースされたとき、詳しいことが報道されなかったので、よく分からなかったです
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    10 | 2017/11 | 12
    ---1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR