FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

選挙と戦後レジューム

新党の希望の党の小池氏は安保法制推進、改憲に積極的、原発ゼロをと言っているが、原発ゼロを除けばほとんど自民党とかわらないようです。改憲はどこをどのように変えるかがまだはっきりしない。それは自民党も同じ。自民党は2012年に改正草案を発表してるが、あまりにも批判が強かったので、その草案の話をするのを避けているようで、今自民党自身がどのように考えているのかわかない。
小池氏の今までのことをネットで調べてみたが、安倍氏よりタカ派的なところもあるようです。となると仮に第一党になっても今の自民党政権と対して変わらないと思われる。
ただ、安倍晋三氏は最近は言わないが以前はよく、戦後レジームからの脱却と言っていた。この戦後レジームとはなんだろうかと考えてみた。
今の日本国憲法のことだろうか。いや、YP体制のことだろうか。
YP体制とはヤルタ協定とポツダム宣言にる戦後日本の体制のことで。ヤルタ協定はソ連の日本参戦による南樺太と千島列島の引渡しの密約で、ポツダム宣言では日本の非軍事化と民主国家にするものだが、そこに中国の共産党政権の誕生と金日正の朝鮮統一を狙った朝鮮戦争の勃発し、その戦争が今も休戦状態にあることになり、日本が国連の占領軍(事実上米軍)から独立しても、いまだに日本に米軍基地が置かれ諸外国の米軍基地がある国に比べ米軍の活動が非常に自由にできる体制になっていることでしょうか。。

その時期の朝鮮半島の歴史を考えてみた。
1945 南北分割占領統治(38度線、南側米、北側ソ連) 独立のための臨時政府樹立(12月、米英ソ中の信託統治)
     日本、米国の占領統治
1946~1947 米ソ共同委員会(独立協議)
1948 南北会議(4月:平譲、統一国家樹立検討)、国連、南部単独政権先行 済州島武装蜂起(4月:南部先行反対)
1948 大韓民国(8月:李承晩大統領) 朝鮮民主主義人民共和国(9月:金日正)
1949   中華人民共和国樹立10月 12月国民党台湾へ
1950 朝鮮戦争(6月~1953/07)
     日本 警察予備隊発足8月
1951   サンフランシスコ講和条約9月 日本独立 日米安保条約、日米行政協定
     マッカーサは原爆使用を主張し解任される4月
1952   警察予備隊は保安隊に改組10月
1953 休戦協定(7月:平和条約未締結)
     アイゼンハワー大統領就任1月、ソ連スターリン死去3月
1959   ハワイ米国の50番目の州に
1954   保安隊は自衛隊に
1960   新日米安保条約 日米行政協定→日米地位協定
1972 南北両政府、民族大団結の統一共同3原則共同声明発表

朝鮮半島をどのようにするか米ソで決めかねていたなか。中国に共産党政権が誕生。日本が連合国軍(事実上米軍)に占領中に朝鮮戦争が勃発した。その時日本に進駐していた米軍が朝鮮半島に出陣し、空になった米軍基地の警護のためにマッカーサは警察予備隊をつくることを日本政府に要求。そのため、警察予備隊の指揮権は米軍の傘下におかれる。
朝鮮半島が戦乱のさなかにサンフランシスコ講和条約が結ばれ日本が独立する。そのため、自衛隊の指揮権は戦争の有事下にあるので日米地域協定に警察予備隊の指揮権は引き継がれている。
警察予備隊は保安隊になり、自衛隊になる。いまだ朝鮮戦争が休戦状態にあるので、日米行政協定による日米合同委員会の密約である、自衛隊の指揮権はいまだに米軍の傘下にあることが生きているとされる。

このことに対し岸信介総理大臣はこれを解消しよとし対米従属から脱却しようとしたが、安保条約反対の抗議などや日本の親米は官僚などの抵抗で辞任する。その孫は日米同盟を強化するとして、対米従属、日米地位協定の強化をしようとしているようです。戦後レジームからの脱却というがそのことは戦後レジュームの強化をしていくようにみえる。そのために最近戦後レジームからの脱却と言わなくなったのだろう。

自民党は今まで避けていた憲法改正を明記するがその内容は具体的に明かさないでいる、これは日本の根幹となる法を国民に白紙委任しろというようなものではないだろうか。

希望の党は、民進党のなかの自民党の考えに近い人を取り込み、自民党と対峙しようとしているが、補完勢力でしかないのではないか、これも言うことと理念らしきものは矛盾している。原発ゼロの主張では米国の原子力政策の下ではそれは無理だろう。なかなか信用できないです。○○ファーストなどというのが一番心配です。
日本のこころは、野党だといっていいながら、自民党と考えが同じところが多いといっている。
つまり、自民党・公明党、希望の党・日本維新の会・日本のこころ、は同じようなものです。
対峙する政党は、立憲民主党、共産党、社民党、自由党、無所属となるでしょう。
希望の党は民進党をつぶしてしまい、今度は他の立憲民主党や社民党や自由党の票を割らせることになる。しかも、立憲民主党は、リベラルの結集とうというがその具体的な党の方針がまだ固まっていないのでどれだけ票をあつめられるか、となると自民党の圧勝となってしまう。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 日本の報道の自由
    風と雲 (06/10)
    政権に不都合なことは隠す、曖昧にする、知らしめない。これは政権が世論を最も恐れっるからだ。現政権は硬軟取り混ぜた巧みなメディア操作と中身の無いパフォーマンスが功
  • 日本の報道の自由
    アジシオ次郎 (06/10)
    おはようございます。

    こういう指摘についてすぐに「内政干渉だ!」って反論も出てくるけど、日本の報道の自由度というか報道が健全かという点において先進国において❝
  • 夏のサンマ
    竹林泉水 (06/02)
    逆に一年間漁をやめるなどしてはどうだろうかと思うが、それでは漁業者の生活権を奪うことになる。また、今まで、外国人に日本の美味しい食材を紹介して、それを海外に売り
  • 夏のサンマ
    荒野鷹虎 (06/01)
    漁獲量は年々細くなっていますが、資源本来の減少も一因と思います。期限を撤廃するのは大きな間違いと思います。
    資源は有限ですから資源保護政策をとる必要はあると思い
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    09 | 2017/10 | 11
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR