FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

希望の党の本性

昨日は、安倍首相の愚直発言についてかいたが、マスコミが安倍自民党の対抗馬とされる、希望の党の立ち上げ人小池百合子都知事の、都民ファーストの会の、音喜多駿都議と上田令子都議離党した。二人のその理由をみると、反旗を翻したと言ったほうがよいだろう。

都民ファーストはブラックボックスそのもの、言論統制、取材規制も行われていたといいます。これが本当なら自民党よりひどい、いや安倍自民党よりひどい、独裁体制の組織のように感じるのは私だけだろうか。
もし、そのよう人が政権を握るなら日本自体がどのようになるだろうか。2012年に自民党が発表した憲法草案を実現してしまうのではないだろうか。
希望の党と民進党は連携といより希望の党にリベラルなところを抑え込まれて吸収されてしまったようで、そのような党ににどれだけリベラルが今後の日本の政治にどのようになるだろう。
もともと、希望の党と自民党は理念や政策が同じところが多いです。そうなると、希望の党と民進党が同じになり、選挙戦後自民党と希望の党は一つになってしまわないとも限らないです。

このような政党にどれだけ信頼したらよいか私にはわからないです。
ますます、今回の選挙は誰にどの党に投票したらよいかわからないです。もっとよく考えてみることにする。
関連記事

私の憲法改正案 その2

私の憲法改正案 その2

・衆議院の解散は総理大臣の専権事項と言っているが、憲法のどこにもそのようなことは書かれていないと前回書いた。つまり、都合のよい憲法解釈をしたことによりそれはできたとみることができます。集団的自衛権は何のよりどころもなくできるように変えてしまいました。
そのような、政権を握っているものが都合のよい解釈を安易にすることを留めを注す文言がひつようでしょう。

・民主主義は多数決によって国民の信託をえた代表者によって進められるものだが、それは少数者の意見を無視しろというものではないはずです。いまのように野党の意見を真摯に耳をかたむけず、数の力で押し通すことがないようにすべきです。そのことをどう表現するのか。

・憲法とは国の運営をどのように行うか、どのように統治するかの基本方針をあらわしたものだが、それら細かく規定するものではないと思います。それらはここに法律により決められるものでしょう。憲法の条文はある程度柔軟に解釈できるようにつくるべきだが、それが時の政権を握ったものが都合のよいように変えることを防止するには、国民がそれを監視して票により実力こうしと、民主的な抗議行動であるデモやストによりそのようなことを押しとどめる覚悟が国民には必要でしょう。憲法の条文に「第12条この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」とあるが、前文にそのような文言を書き入れるべきでしょう。

・自衛隊を海外で平和維持のためなど海外活動させるなら、自衛隊の軍隊としてどのように認めるか。現在の自衛隊は世界でも有数の軍事力を持つ武力集団だが、法理的には軍隊としては位置づけられていないです。他国と戦闘状態なり自衛隊員が捕虜になったばあい、国際条約のジュネーブ協定により捕虜として保障を受ける対象外になてしまう。そのために、憲法に自衛隊を軍隊として明記すべきという考えもある。しかし、このままでは米軍との従属関係がより強化鮮明のなってくる恐れがあるので独立国として、安保条約とそれに付随している日米地位協定の見直しをすべきでしょう。

それと、専守防衛、国内での活動に限定して、永世中立として自衛隊を軍隊とする。この永世中立も安保条約、日米地位協定の見直しが必要で、アメリカ特に米軍はこれを認めることはないでしょう。
憲法9条を堅持することも一つの方法であるが、その場合に実存する自衛隊の位置付をどうするかが改めて必要になてくる。

具体的な条文をどのように明記していくかは、私は法律や憲法を専門的に勉強していないので、その用語の使い方などが解らないので、考える要点だけ書いてみた。
関連記事

テーマ : 憲法改正論議
ジャンル : 政治・経済

脾肉の嘆き

髀肉の嘆

安倍首相と劉備との違い。

三国志で名の知られた蜀の劉備は、平和になり馬に乗ることがすくなくなり、戦場で功名を発揮する機会に恵まれす、太股のところに脂肪がたまりいたずらに時を過ごす無念さを嘆いた話は、「髀肉之嘆」として知らてています。私は乗馬をしたことがないので詳しくはしらないが、馬に右左の支持を出すのは馬の背にまたがり、左右の脚で支持を出すそうです。平和になり馬に乗ることが少なくなり、太ももを絞めたりすることがないので脾肉が痩せてきたことを感じ、武勇を立てることがないのを嘆いたのですが。

安倍晋三は、戦争が終わってから生まれたが、ジッちゃんである岸信介が日本の真の独立、自己防衛、経済成長を目ざして、平和憲法のもと直接戦争に巻き込まれることがなく経済成長を遂げる道筋をつけました。ただ第一に掲げた日本の真の独立は果たせることができないまま退陣に追い込まれました。それから高度経済成長をとげたが、冷戦の終わりをむかえ経済のグローバル化によりそれも頭打ち。しかし、日本は平和憲法により平和ボケをしていると言われたことを嘆き、積極的平和主義、武器輸出三原則を防衛装備移転原則に変えて米軍と軍事行動をともにする道を選ぼうとしている。
ジッちゃんは日本の真の独立を願ったが、日米安保条約の日米地位協定の不平等さを払いのけようとしたができなかったです。しかし、安倍首相ジッちゃんとは反対に、日米同盟を強固なものにするといって、自衛隊を米軍に差し出すようなことをしているのではないだろうか。

劉備といえば三顧の礼の話しがあります。諸葛孔明を三度訪れ天下を取る策を問うた故事です。お友だちと言う人を周りに侍らしこれしかないと強引に自分の考えを押し進め、愚直に進めるというが広辞苑で愚直を引くと馬鹿正直とあります。この愚直という言葉を安倍晋三の口からきくと、よくも平気で嘘をつつけるものだと思います。このような言葉を発する首相を持つ日本を恥ずかしく思うのはわたしだけでしょうか。これ以上、安倍晋三と同列に対比させて語ることは、劉備に失礼に当たるのでこの話はこれくらいにしておきます。
関連記事

選挙戦後の政界の構図

選挙戦さなかだが、テレビなどで時々自民公明と希望維新の対決として、自民公明対希望維新や自民公明Vs希望維新と表しているが、中には自民公明×希望維新と表してるのもあるようだ。
そもそも、×は数学でいうと掛けるで、二つのものが掛け合わさって新しいものができるとうことです。
生物学でも異質なものを掛け合わせて新しいものの誕生することを表す記号です。

となると今回の選挙の結果により、政界の再編がおきることを予見しているのでしょうか。

自民党×希望はなにをあらわすか
自民党Vs希望や自民党対希望などの対決かそれとも、本来の意味が本当におきるのか、選挙後の成り行きが目を離すことができないです。

自民と小池希望は安倍政権とは異質でも、小池氏は自民とはもともと同質であるというより右よりです。選挙後自民が負け安倍退陣となれば、自民と小池希望は一つになるかもしれない。こんな話も聞いたことがある、小池氏は自民党を離党していないとも聞くが、小池氏が離党届けをだしていないか、自民党が受理していないかは私は把握していないです。

小池希望が手を挙げるとその指に、前原民進むが留まったが、その民進は異質どうしの民主と維新が結合したもので一枚岩ではない。そのため民進のリベラルな人たちが立憲民主党を立ち上げた枝野氏の指にとまった。
自民と小池希望が一つになれば、民進の元民主のリベラルは、立憲民主に集まるかもしれない。

また、いま口を閉ざしている自民党内のリベラルな人たちが、自民党が大きく議席を減らし安倍退陣となればこれからどのような行動をおこすだろうか。しかし、自民党のリベラルと見られた人の幾人かは政界を引退して今回の選挙にはでていない。また、自民党にはリベラルを膿とする体質があるのか、リベラルな人たちを外にだしてしまうことが今までにもいくどもあった。

共産党は野党で票の食い合いをしては、自民党を利するだけだとして選挙協力を打ち出しているが、その指にとまったのは、立憲民主と社民党だけで、自民党に対峙する勢力が生まれることはあまり期待できないです。

そうなれば、自民と対峙するのはとかんがえると、希望の党の右寄りは自民党に近づき、希望の党のリベラル派希望の党を出ていき立憲民衆党の
二大グループになるのはないか。

ますます今回の選挙は戦後そして冷戦が終わってからの選挙で、一番の大きなうねりを作り出すことになるかもしれない。
関連記事

愚直な総理の衆議院解散

仕事人内閣として発足した内閣は、安倍総理は消費税の使い方を変えるため信を問うための大義ある解散というが、それなら今までの野党の臨時国会開催要求に応えそこで論議しその上で信を問うたらよいのだが、3か月もなおざりにして人事国会開催の冒頭での解散は大義なき解散でしかないのではないだろうか。結局先の内閣組閣は、仕事人内閣の仕事せず内閣になってしまったことは、人の注意をひく宣伝文句でしかなく看板に偽りありで、愚直に進めるも到底信用ができるものではないです。

ひょっとしてこのときから安倍首相は、今回の衆議院解散を目論んでいたのではないかと穿ってしまいます。どうしてかと言うと、今までん安倍人事はお友だち内閣と呼ばれ、考えの近い人やお友だちと呼ばれていた人を厚遇してきたが、先の内閣改造では安倍晋三と意見の違う人も入閣させ、仕事ができ結果を出す内閣だと言って仕事人内閣だといいました。しかし結局その内閣は仕事をせずに終わりました。この選挙後に新しい内閣人事が行われることになります。愚直に誠実に進めると、国民の信を問うと、言って議会を解散しました。これは実にしたたかとしか言えないのではないだるか。

安倍首相のもくろむとおり第一党になり首班指名され、組閣ではどのような人事になるのでしょうか。自民党が圧勝したら再びお友だち内閣人事になり、安倍首相の夢を実現することに突っ走ってしまうのではないだろうか。
安倍首相の干支はなんだろうか、猪なら猪突猛進 猪突キ(豕+希)勇があってますね。あまりにも嘘をつくのが下手なのかも知れない、そうなれば自身で愚直と言うのは正直なのでしょう。
安倍晋三の干支は1954年生まれなので、午年のようです。これでようわかりました。馬耳東風 馬の耳に念仏で、どうりで国民の声が届かないのも納得できてます。

私んはそのような姿が透けて見えるののは、愚直な安倍総理だからこそでしょう。


愚直な人とは言い換えれば馬鹿正直な人ともいえますが、自分の裏心を隠せない人も愚直なのですが、国民に対し面従腹背な人は自身を愚直と言ってよいものでしょうか。
関連記事

今回の衆議院選挙で転換できるか

今回の衆議院議員選挙は、今までにない国政選挙だといわれています。
戦後の55年体制、そして自民党の永続政治が、自社さ政権さらに、細川内閣、民主党政権と二大政党へと転換しようとしたが、いずれも自民党の一強政治は壊れるることはなかったです。今回は自公と野党の再編があり、小池都知事がたてた俄仕立ての希望の党に民主と維新が合併した民進党が合流し、それに反発する民進党の枝野氏が立憲民主党を作り、有権者が選ぶ選択肢が増えたがわかりにくくなってしまった。

日本の近代政治の変革を見ると、明治維新以降、日本人は今までの幕藩体制のもとでの江戸文化と全然違うものを取り入れてしまう。それは文明開化運動による脱亜入欧を叫び、近代国家としての道を進み、記紀(古事記日本書紀)に書かれている天皇制を神聖視した国家起源を描いた皇国史観が、教科書の冒頭に書かれていた。そのことが軍国主義に利用され、記紀が聖典化され国民を巻き込むことになる。それは明治維新後の70年後に自ら仕掛けた戦争に大敗してしまう結果をまねいた。
そして敗戦後はそれまでとは全然違う、人民主権、民主主義、人権尊重の政治体制を受け入れた。それはポツダム宣言を受諾したが政府が自らその民主的政治体制に変革する要求に沿わないものだった。それにより、アメリカ的民主主義を与えられる憲法ができてしまた。その民主憲法のもとで、戦争による国土の荒廃を超克して世界第三の経済大国と言われるようになった。そのなかで記紀による歴史観の神話や伝説は教科書から消える。戦前の皇国史観はタブー視されることになる。

日本とは何かと問うようになり久しいが、日本のアイデンティティが何か日本文化とは何かを考えるうえでの原点は何かとするなら、それは戦後民主主義の始まりでもなく、明治維新の近代国家への道の始りでもない。それは明治維新の脱亜入欧論以前の江戸時代にに繚乱した日本文化や室町、鎌倉、平安、天平文化を知ることである。そして縄文弥生の遺跡などによる考古学から記紀との齟齬を見つけて、本当の日本の起源を探り出すことであろう。

敗戦後から70年を迎えたいま衆議院選挙が行われる。この選挙は三度目の日本の大きな転換点になるのだろうか。
以前から歴史教科書を自虐的だと言い歴史教科書の見直しを唱える人がいる。また、日本を取り戻すとか日本のこころを大切にするなどのキャッチフレーズで戦後の日本が歩んできた民主主義や歴史観を見直そうとする人たちもいる。
そのような人たちが今回の選挙で力をつけて、70年目の転換点になるのか、それとも戦後の民主主義は国民を臣民としてではなく誰もが個人として生活していくことを宣言したが、それをより進化させ与えられたものではなく自分たちで作り上げた社会を作っていくのかが問われる選挙となるでしょう。
関連記事

アベノミクスによる日本の財政破綻

衆議院選挙の投票日が明後日だが、今まで安倍政権はアベノミクスについて語っていたが、今回は改憲とと北朝鮮のことをだしてきている。
しかし、広島の10月20日付の中国新聞の社説をよむと、日本は今まで日銀が国債をジャブジャブ買い込んで、お金をジャブジャブ刷って表面的に景気が良くなるように見えている。
しかし、国債を発行することは国が借金をすることだが、その借金はすでに返済不能になり、借金を返すために借金をしている状態です。一千兆円の借金をしているこの国の財政を個人と置き換えるのはよくないが、個人破産寸前ということです。

しかしこのもんだいが、アベノミクスを始めた自民党自身はその状況を公にせずに隠そうとし、野党もなぜかそのことを論議するのを避けています。

AMKB(アベノミクスクロダバズーカ)の破綻は明らかなので、今後政権の目先の景気対策を実現するため、中央銀行に対しての介入は中央銀行の破綻を招く寸前になっている。そうなると私たちの生活はどうんるのでしょうか、パン一つ買うのに、リヤカーいっぱいのお札を持って行かないと買えなくなるのだろうか。
異次元緩和が財政赤字を出し続ける財政運営を支えるためさらに黒田バズーカや異次元緩和をすることにより、さらに財政の持続性に悪影響を与えている。
中央銀行である日銀が国債を買うことは財政ファイナンスとして、禁止されているが市中銀行が国債を買い次の日に日銀は国債をかう裏道を使っての景気対策をしている。

こんなになるなら、安倍政治の横暴や日米安保地位協定による米軍属国やこの財政の先行きをみると、日本を脱出して南の平和な島に移りすみたくなるが、日本語しか話せないしお金のない私は日本にとどまるしかないです。これからどのような生活が待っているのだろうか。
関連記事

私の憲法改正案 3

私の憲法改正案 3

今回は国会について

立法府である国会は、一院制にするか、二院制にするか。

今のままの二院制がよいのか、であるなら私は選挙制度を見直してみるが必要だと考える。
選挙は政権党に有利に行われるのを避けるようにすべきだとおもう。選挙について公職選挙法を変えればよいのだが、選挙制度の根幹あ憲法に明記するのもよいのではないかと考えます。
どのようにすべきかはというと。
・衆議院は小選挙区か中選挙区で比例代表制はおこなわない。任期は4年とし、首相の恣意的な解散には歯止めがかかるようにする。
・参議院は、一つの都道府県を一つの選挙区の大選挙区とし、一つの選挙区から4人が参議院議員で議員数は188人。任期は6年で解散はない。改選は今の制度と同じで選挙ごとに半数の94人を改選する。
衆議院は国民の代表を選ぶ、参議院は地方の県民が代表を選ぶ制度にするなだが、そのためには地方自治の自治権を大幅に拡大する。

一院制にするなら、参議院は廃止となるが、小選挙区制と比例代表区にするか、中選挙区と比例代表区。議員の定員は今の定数よりも多くしする。小選挙区中選挙区と比例区の比率は定める。地方自治の枠を超えて合区はしないなどを明記する必要があるでしょう。

よだんですが、人数が多くなるので今の参議院議場の議席が462席あるので、衆議院の定数を大幅にに増やしても、議場をかえれば問題がないでしょう。

関連記事

衆議院選挙投票日

今日は衆議院選挙の投票日ですが、兵庫県では神戸市長選 たつの市、和歌山の新宮市が市長の投票日です。

兵庫のたつの市、和歌山の新宮市は15日に公示され22日が投票びで、一週間の選挙運動期間での投票だ。
制令施政都市の神戸市は8日に公示され22日の投票です。
国政選挙の衆議院議員尾選挙は10日公示の22日投票です。一日の違いだが、国政選挙が地方都市の神戸市の選挙運動期間より短ことは今までもあったのだろうか。
なんか、国政選挙の選挙運動期間の方が短いのはなぜだろう。
関連記事

伊尹の土功

殷の賢相で湯王から阿衡と称された伊尹の故事に、「伊尹の土功」と言う話がある。

故に伊尹の土功を興すや
修脛なる者には 之をして钁を跖ましめ
強脊なる者には 之をして土を負わしめ、
眇なる者には 之をして準せしめ
傴れる者には 之をして塗らしむ

伊尹が湯王から土木工事を命じられたとき、足の筋肉が強い人には鍬を踏ませ、
背中の筋肉が強い人には土を負わせ、
片目しか見えない人には、片目をつぶっておこなう測量工事をやらせたり、
背中が曲がった者には塗る仕事をさせた。

障碍を障害としてみるのではなく、個性としてとらえ適材適所のマネジメントをといえるでしょう。
苦手なものや短所の克服よりも、長所を活かせる方法で考えた方がよいのですが、日本でいまだに、多数意見に倣えと上から目線での政治が行われています。

というものです。これに限らず、アメリカやヨーロッパから入ってきた考え方・思想は、随分前から漢文の中に埋もれています。太平洋戦争に負けた日本は、漢文等を社会から排除してしまったために、思想的には弱くなってしまっている可能性が高い。池上彰・佐藤優 著『新・リーダー論』(文春新書)にもあるのですが、リーダーは教養を身につける必要性が説かれ、教養を身につけた政治家やリーダーが存在するのだろうかと危惧されています。
関連記事

苛政猛於虎也

中国の故事に『苛政猛於虎也』というのがある。
孔子が泰山の近くのとある土地を通りかかった。そこに墓の前で泣いている婦人にであった。孔子は従者に、婦人に泣いている理由を尋ねさせた。舅、夫、子供が虎に襲われて死んでしまったことを聞き、それを孔子に伝えた。すると孔子が「なぜ虎に襲われる危険な土地を去らないのか」と訊くと婦人は「よその土地に移って、ひどい政治に苦しむよりはましだから」と答えた。孔子曰く「よく覚えておきなさい。残酷な政治は虎よりも獰猛なのだ」

孔子過泰山側。
有婦人哭於墓者而哀。
夫子式而聴之、使子路問之曰、「子之哭也、壱似重有憂者。
而曰、「然。昔者吾舅死於虎。吾夫又死焉。今吾子又死焉。」
夫子曰、「何為不去也。」
曰、「無苛政。」
夫子曰、「小子識之。苛政猛於虎也。」

これは『礼記』の「苛政は虎より猛なり」の話です。

これから今の日本は、このような国にならないこと願いたいものです。
関連記事

デジタルとアナログ

香港の地下鉄NTRが停電により電車が止まってしまった事故が1ヶ月ほど前にあった。
その原因は、銅線のケーブルに雨水が入り腐食したことによると発表したと香港のニュースが伝えていました。
NTRは2020年までに銅線ケーブルを光ファイバーに交換することになっていたそうです。この事故によりその起源がはやまりそうです。

ニュースでは光ファイバーケーブルは、正常機能するか機能するかの二つしかない、また、故障個所の原因箇所を特定しやすい。銅線は徐々に劣化して動くときもあれば動かないときもあるようなことが起きる。原因やその箇所特定にも時間がかかると、光ケーブルの有用性を強調して伝えていました。
私もまさにその通りだと思っています。今の情報にデジタル化には光ケーブルは必須のものであり、今後も情報のデジタル化はさらに進むでしょう。

しかし、私はすべてをデジタルで保存するのは大きなリスクがあるので、アナログでの保存も考えて置くべきだと思います。

例を挙げると、テレビビデオは当初はベータ方式が主流だったがVHR方式になってしまい。ベータ方式の再生機は作られていないようです。これもアナログからDVDにとって代わりこれもブルーデイに変わろうとしています。

写真や映画などでは今までフイルムが、デジタル映像にないSDカードなどのなかに、デジタル方式でファイルとして保存されています。
フイルム映像だと現像して写真にしたり映写機などで視なくても、そのフイルムなどのメディアになにが記録されているかわかります。音声についてもレコードなら回転テーブルと針と円錐状に巻いた紙があれば、音質は悪いがその中に記録されている内容が判ります。これが磁気テープならアナグロで記録されていても再生する機械がいります。さらにデジタル化されるとその記録方式に対応した再生装置がいります。今デジタル技術はどんどん進化し、そのデジタル保存形式は日々進化しているので、今主流の保全形式が20年さき、50年さき100年さきも今の方式が使われいない可能性があります。

ある本を読んでいて次のような話が書かれていました。
いまから1000年後22世紀の遺産が発掘されたが、それはデジタル化してあるので情報の劣化と保全形式がわからなかったのでどのようなことが書かれているのかわからなかった。さらに発掘すると3000年前すなわち紀元1世紀の紙に書かれた子文書が見つかり、形は残っていたが劣化が激しく頁をめくろうとすると、ぼろぼろに崩れてしまい読むことができなくなってしまった。さらに発掘すると、10000年前の石に彫られたものが見つかった。それはしっかりとそこに記録されている内容を見ることができ、考古学上重要なものとして保存された。

また、学生時代に次のようなことを教授が言っていました。人間は公正に記録を残そうとして、地中から大理石を掘り出し彫刻してミロのビーナスなどを残してくれが。しかし石は地中の中にあるときは何十万年何百万年とそのまま保存されるが、一度掘り出され空気に触れたときから、駆逐し始める。人は永遠に記録を残そうと石に彫刻したがその石は彫刻された時から劣化が始まっていつかは消えてしまう。

また、私は磁気テープは、徐々に磁性が失われ読みとりができなくなるが、CD等はデジタルで保存されているのでそれがないと思っていたが、保全状態によってはCDの記録面が酸化により劣化してしまうと聞きました。
アナグロでは劣化するとその質は落ちていくがその内容は読みとりができます。しかし、デジタルは劣化があるところを越えると、そのにようが全く読みとり不能になってしまいます。

香港の地下鉄のように今の時代は、光ファイバーによるデジタル情報の送信は非常に大切なものです。その使い方をどのように使っていくかが課題になってくるでしょう。常にバックアップと不測の事態を想定してのバイパスを用意しておくことは、この高度なIT社会には必要なことではないでしょうか。
関連記事

今回の選挙で思う

自由党と日本民主党が合併して自由民主党ができたが、それはソ連との東西冷戦の中で社会党の左派と右派が和解し、再び一つになったことにより、日本の社会主義化することに対しての驚異から、自由党の民主党の二つの党が一つになり自民党である自由民主党がで、自民党と社会党の政治構造になっていき、そこに民社党や公明党ができ、東西冷戦の終焉をむかえると、自民党のリベラルな人たちが新党を立ち上げ、自民党の右傾化に異議を示していったが、それは大きな力にはならず。自民党と多数の弱小野党を生み出すことになってしまった。

自民党ができて60年以上になるいま、日本の危機は政治の暴走であるのではないでしょうか。55年体制が崩れたのは細川政権と先の民主党政権のときだけで、それ以外は自民党の政治が続いているといいてよいだろう、村山内閣は自民党が第一党だったが自民社会さきがけの連立で第二党から首相が選出された政権で、これは社会党の崩壊につながってしまいそれ以降、一度民主党が政権を握ったが、自民党がずっと政権を取り続けているといいていいでしょう。

そのようななか、今、北朝鮮の驚異をとなえること、グローバル経済、新自由主義による経済格差による経済の行き詰まりなかで、安倍政権はそこにつけ込み結果をだすと言い。少数の意見に耳を傾けず、国会は強行採決を立て続けにす事態になっている。

それに楔を打ち込むと小池百合子ひきいる希望の党は、自民党の対立軸を作ると言ったがその結果は、対立軸の野党が乱立する結果になり、自民党を利するだけになってしまっている。

第二次安倍政権以前の自民党は党内に、リベラルや反動保守など様々の軸がありそれが、自民党の暴走に歯止めがかけられていたが。しかし、今の安倍自民党は総裁の独裁状態と言ってよいぐらいです。
今回の選挙では、今までの安倍政治のやり方をみていると、議席の数では自民党が単独で過半数を占めたので、国民の信任を得たとますます、政権運営の独断的な暴走に突き進むのではないだおるか。
働き方改革と名の働かせ方改革や改憲など。2012年に出した自民党の憲法改正案があるが、あれがあのまま出てくることはないだろう。現に以前そのまま出すことはないと言っていた、しかし、今の安倍首相を見ているとあの12年案よりももっと、悪いものが出てくるのではと心配になってきます。

このような暴走をとめるのは、自民党からの政権交代よりも、まずは安倍首相の退陣をさせるべきでと、それには、野党の票の取り合いではそれができないだろう、その結果が今回の選挙の結果でしょう。
関連記事

維摩経 十大弟子が維摩の言われたこと その1

仏の十大弟子が在家の維摩に言われたこと。

・舍利弗(シャリホツ)
樹下で坐禅をしていると、座って坐禅することが坐禅ではないではないですよ、世俗の欲界・色界・無色界、日常の生活の行住坐臥ですも心が乱れないようにするのが坐禅です。そのように心が内にこもって静寂に浸ってした坐禅で獲得したものは本物ではない。多くの煩悩があるなかで三十七種の修行を修めることが坐禅で、煩悩を断ち切らないで悟りを得ることが修行ではないでしょうか。
三十七種の修行を修めることが坐禅で、煩悩を棄てないで究極の悟りに入れることが坐禅ではないでしょうか。
三十七種の修行 三十七道品
 ・四念処:身を不浄と観ずる身念処、感覚をすべて苦と観ずる受念処、心を無常と観ずる心念処、法を無我と観ずる法念処
 ・四正勤:苦・空・無常・無我
 ・四神足:
 ・五根:信・勤・念・定・慧
 ・五力:五根が五障を克服する力
 ・七覚支:択法覚・精進覚・喜覚・除覚・捨覚・定覚・念覚
 ・八正道:正見・正思惟・正語・正業・正命・正精進・正念・正定、すなわち正しい見解・決意・言葉・行為・生活・努力・思念・瞑想

・大目揵連(ダイモッケンレン)
街頭で在家に説法をしているとき、あなたのように出家者の道を説くだけではだめで、在家者のありのままの姿をとくものです。
在家に暮らす人は、・・・・
人の能力に利鈍の差があることをわきまえて、何事にも囚われない智慧をもって、慈悲の心で讃える説法をすべきでではないでしょうか。

・大迦葉(ダイカショウ)
托鉢をしていたときに、贅沢な施しをされないように富豪を避け、生活が困窮している人に功徳がつめるようにと貧乏な人ばかりに乞うことは、すべてのものに対して慈悲を抱くことができないのではないでしょうか。すべては平等であるとう真理に則り、自然の順位に応じて乞うことではないでしょうか。八邪を棄てないまま八種の内観によって貪りを八解脱しても、施しをする側でも福徳の大小はなく徳も損もないので、富者貧者に差別することは正しい仏道とは言えないのではないでしょうか。
八邪:八正道に反するもの
八解脱:戒 行動や言葉を慎む、定 心の動揺は散乱を静める、慧 澄み切った理知の働き、解脱 束縛や囚われからの精神的解放 、解脱知見 われは解放され安らかで自由であるとの自覚、心解脱 阿羅漢は貪愛から解脱を得ている、慧解脱 無明からの解脱、倶解脱 智慧と禅定の両面から得られる解脱

・須菩提(ソボタイ)
須菩提は維摩のところに行き乞食をしたが、鉄鉢いっぱいに飯を盛って維摩に言われた。諸法が平等に托鉢しなければならない。それには大乗仏教の心理を知ってからにしなければならない。と言われ何が何だか分からなくなってしまう。

維摩経を読んでいると、ありがたい教えを説くものではなく、修行をして悟りを得ることよりも、日常の生活で心を乱されないことが大切だとと言っているのでしょう。なかなか奥が深くむつかしいがもっと読んでいくことにする。

次回に続く。
関連記事

「舟に刻みて剣を求む」

落語を聞いていたとき、旅の帰りの船で帰ることになり、大切なキセルを船べりから海に落としてしまった。そこで慌てて船の縁に印を刻んで、大変だ大切なものを落とした、すぐに船を止めてくれと叫んだ。皆が駆けつけどこに落としたと尋ねられ刻んだ印を指して此処に落としたと答えた。一場面がありました。

中国の古典『呂氏春秋』を読んでいると、「舟に刻みて剣を求む」とうのがあった。
楚人有渉江者。其剣自舟中墜於水。遽刻其舟曰、是吾剣之所従墜也。舟止。従其所契者、入水求之。舟已行矣。而剣不行。求剣若此、不亦惑乎。

楚人そひとに江を渉わたる者有り。其の剣、舟中より水に墜おつ。遽にはかに其の舟に刻きざみて曰く、是これ吾わが剣の従よりて墜ちし所なり、と。舟止まる。其の契みし所の者従り、水に入りて之を求む。舟はでに行けり。而に剣は行かず。剣を求むること此くの若し。また惑いならずや。

楚の国の人で長江を渡る人がいた。剣を舟から水中に落としたので急いで船に目印の傷をつけて、「ここが私の剣が落ちたところだ」と言った。船が止って舟に目印を刻んだところから水の中に入って剣を探した。船は落としたところからすでに行ってしまった。しかし落とした剣は落としたところにあるので動かない剣を探すののは間抜けなことではないか。


私たちも今の政治状況や経済や社会情勢をみていて、すでに過去のものにしがみつき、分析して解決しようとしてもそれはなんと解決にならないことをして、いろいろなことを考えないといけないのではないかと思うこの頃です。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 人工知能
    荒野鷹虎 (11/23)
    今年も終わりますが、白内障手術の結果が悪く、
    昨日は瞳孔を開いたのでまぶしくPCを開けませんでした。それに結果が悪かったもので気落ちもしましたしたしね^^。泣き)
  • 安倍首相の愛国心とは
    竹林泉水 (09/12)
    > 戦争に洗脳させるため

    皇祖皇宗の天皇の国であるから、その臣民は天皇のために命を捧げることを惜しんではいけない。

    戦後教育を受けた私には、受け入れられないこ
  • 安倍首相の愛国心とは
    本当に教員? (09/10)
    興味ある内容なので拝読したが「教育勅語」を親孝行等の道徳ではなく戦争に洗脳させるためだとか思い違いも甚だしい。
    貴方が現役の教員であれば授業中が退屈で眠気が襲っ
  • トランプは白人至上主義者か
    アジシオ次郎 (08/07)
    おはようございます。

    アメリカにおいてまた立て続けに銃乱射事件が起こったけど、テキサス州・エルパソでのケースは容疑者がヒスパニック系に対する憎悪感丸出しの書き
  • 商業捕鯨に思う
    竹林泉水 (07/11)
    調査捕鯨のための捕鯨業者への補助金は、毎年数十億だときくが、商業捕鯨になればそれはカットされるのだろうか。商業捕鯨で補助金を政府がだしていたら、反捕鯨団体はどう
  • 商業捕鯨に思う
    アジシオ次郎 (07/08)
    おはようございます。

    IWC(国際捕鯨委員会)を脱退して今月から商業捕鯨を再開した日本、組織として機能していないIWCへの反発から脱退して商業捕鯨再開に至った
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    竹林泉水 (07/05)
    菅官官房長官は徴用工問題に対する報復ではないとの趣旨の発言をしている。
    しかし、誰が見ても徴用工に対するもににしかみえない。
    それを白々しくそうではないといい、よ
  • 韓国への輸出優遇措置の見直
    アジシオ次郎 (07/05)
    おはようございます。

    韓国への半導体輸出規制という措置に踏み切った日本、でも韓国が徴用工問題を蒸し返すという日韓請求権協定に反する行為をしたことで、その見返り
  • 日本の報道の自由
    竹林泉水 (06/17)
    コメントありがとうございます
    まったくそう思います。
    民放は広告収入元のスポンサーからの収入があるので、その顔色を見るからしょうがないにしても、政権の顔色を見る必
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    09 | 2017/10 | 11
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031----

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR