FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

歴史教科書の違い

歴史教科書のことを書くのに調べていると、興味深いWebサイトがあった。「あたらしい歴史教科書を作る会」(以降 つくる会)という団体がつくったものであるようです。今、中学の歴史教科書を出版している会社の教科書について、会社ごとに大まかに評論しているものです。

詳しくは、「新しい歴史教科書を作る会」のWebページ http://www.tsukurukai.com/hikaku/hikaku.html を見ていただくのがよいでしょう。

新しい歴史教科書を作る会が、各社の教科書の評論のタイトルは次の通りです。
平成27年歴史教科書各社の特徴
東京書籍――華夷秩序理論と共産主義思想の吻合癒着
日本文教出版――最も日本共産党を称揚する教科書
教育出版――泥棒国家論と元号無視
清水書院――近代における徹底した対中韓隷属史観
帝国書院――最も改善された教科書、しかし自虐ぶりは他社より極端
学び舎――歴史の系統的な学習ができない反日・反天皇制資料集
育鵬社――自虐史観の方向を目指し始めた
自由社――今後の教科書の改善方向を指し示す

このなかで、育鵬社とつくる会は蜜月だと思っていたが、どうやら違うようです。始めはそうであったかもしれないが、歴史教科書を作るうえで、学問的な正当性を追求して作られるのだが、育鵬社はそれをもとに編集すると、つくる会は正当でなく日本の天皇制を中心とした正統性をもとに教科書は作られるべきだと思っているように感じられる。

また、他社の教科書への評論をみてもまるで、新大久保や鶴橋でのヘイトスピーチのようでうんざりするか、スポーツ新聞の見出しのようで読んでみたくなるコピーです。
それぞれ、まるで、方広寺鐘銘事件の家康が豊臣家つきつけた、につけた「国家安康」「君臣豊楽」の銘だ。これに家康は「家康の名を引き裂き、豊臣家を讃えるもの」だとの、因縁いちゃもんのようで面白い。

これにより、今このような人たちが何を考えないを目指しているのかが、垣間見られてきます。そして、いまこのような人たちがネット空間で広がっているのではないかと感じます。さらに、このつくる会の「各社の教科書を読む」ページを読んで、短絡的に共鳴してしまう人も少なからずいることも悲しいものです。

文科省の教科書検定の在り方について、もっと公開していくべきだと思っていましたが、このような人たちが教科書会社だけでなく、文科省の教科書検定にも様々な形で、圧力ともいえる働きかけをしていることに対し、文科省は毅然とした態度で教科書検定をしていくことを願ています。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    07 | 2017/08 | 09
    --12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031--

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR