FC2ブログ

竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

平和の祈り

独りよがりな正義の味方はいつも最後の手段を語り、
莫迦な平和主義者は一つ覚えのように話し合えと主張し。
莫迦な正義の味方は最初の手段の語り合うことをしようとしない。
独りよがりな平和主義者は平和のことばかり夢見て最後の手段を想像しない。

安倍政権は独りよがりな正義の味方を気取り、反動的であることに気が付いていない。
おおかたの野党は莫迦な一つ覚えの平和主義者と、日和見なポピュリズムを主張する政党が闊歩している。
このような日本の議会では本当に民主的な平和な国として成熟してゆくだろうか、それどころか今まで培った民主的なものが劣化していきはしないだろうか。そうなると、70年間積み重ねてきた国際的な信頼も失ってしまいかねない。
今まで70年積み重ねてきた国際的な信頼より、積極的平和主義を標榜し力で平和を作りだす方が美しいと考えるのは、まるで天下布武 世界の警察国家気取りです。

そのような思いをしてい私自身を振り返ると、高校時代に教わった「平和の祈り」を思い出した。

主よ、わたしを平和の器とならせてください。
憎しみがあるところに愛を、
争いがあるところに赦しを、
分裂があるところに一致を、
疑いのあるところに信仰を、
誤りがあるところに真理を、
絶望があるところに希望を、
闇あるところに光を、
悲しみあるところに喜びを。
あぁ、主よ、慰められるよりも慰める者として。
理解されるよりも理解する者に、愛されるよりも愛する者に。
それは、わたしたちが、自ら与えることによって受け、許すことによって赦され、自分のからだをささげて死ぬことによって、とこしえの命を得ることができるからです。

これは、アッシジの聖フランチェスコの平和の祈りです。

愛と和と善、特に「和」と「善」は聖フランチェスコが最も重要としたものです。そしてそれらを生むのに「信頼」と「赦」は大切なものです。
争いに中には、信頼も赦しも一致もなく、そのような状態では希望も喜びも光も感じられなくなるものです。
互いに相手にこちらの要求を呑むことばかりを要求していてはそこには一致はないでしょう。
いまの、アメリカの一国主義はヨーロッパの情勢、極東の情勢などを考えると、この平和の祈りを誰もが思いに馳せ考え祈るときになってきている。
これらは、仏教で言うと人間が生来持っているとされる外にある五欲と内にある五種類の煩悩からくるものと言え、それらをいかにコントロールするかが重要になってくる。

しかしなかなか、この「平和の祈り」や五欲と五煩悩をコントロールする心境になるのは難しいものです。まづは心を落ち着かせることですが、それにはどのようにしたらよいのでしょうか。
心を落ち着かせるには瞑想や坐禅などの方法があるが、天台小止観には止観をを修習うするには、五つのことが大事と書いています。
第一には自分の身も心を清浄にすることへの努力
第二には衣類と食糧の用意
第三には静かな場所を選んで落ち着くこと
第四には種種の雑務から解放されるように努力すること
第五にはよき指導者をえらぶこと

この五つをみると衣食住に心配がなく、齷齪と時間に追われることなく落ち着いた時が過ごせることが大切なようです。やはり経済的な豊かさがないと得られそうにないですが、いくら経済的に豊かになってもあくことがない欲をもちつづけるなら、心落ち着かせることはできないでしょう。まずは足るを知ることなのでしょう。さらに、人は一人また二人で生きているのではなく、幾人の人との関係とのやり取りをしながら生活しいきています。それにより、第四の種々の雑務から解放されたりその外に立つことはできないです。そのため僧侶は俗界から隔離された環境で暮らすのですが、像人ではそうもいきません。ましてや組織や国家間になればより複雑になってきます。

しかし、捨てることはできなくともそれを自律的にコントロールしようとする気持ちをもつことと、さらにはそれを実践することはできるはずです。
天台小止観には、五種類の蓋を棄てよと書いてあります。
それらのコントロール五つは次のことです。
・棄貪欲蓋(自分の欲しいものを貪り求める心をコントロールする)
・棄瞋恚蓋(自分の考えや思いと違ことに対して怒り恨む心をコントロールする)
・棄擬蓋(自分や他人を疑い、師を疑い、法を疑う心をコントロールする)
・棄睡眠蓋(心を暗く重く沈み溺れさせ心を晦ます心をコントロールする)
・棄掉悔蓋(そわそわして落ちつかず、自分の行為に対してくよくよと悩みを持つ心をコントロール)
とくに、上から三つは特にいま必要としているのではないでしょうか。

次いでですが五欲とは、眼・耳・鼻・舌・身から入る刺激に対する色欲・声欲・香欲・味欲・触欲です。

今の、一国主義、排外主義、利益を貪る新自由主義は、格差を広げ格差を固定化して、自己責任論で片づけてしまい、自分さえよければよいとなてしまいる。
この、アッシジの聖フランチェスコの「平和の祈り」の、慰められるよりも慰める者として、理解されるよりも理解する者に、愛されるよりも愛する者に、そして、誰もが自ら与えることによって受け、許すことによって赦されを知りたいものです。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • 臨時国会の開催はいつか
    風と雲 (08/04)
    一体今の日本はどうなってしまったのだろうかと思う。アベ内閣も与党も憲法に違反することを完全に無視して悪びれもせず堂々と実行してきた。、政府高官も最高裁も報道機関
  • 難病と尊厳死
    竹林泉水 (07/29)
    コメントありがとうございます。

    自ら生きる権利、自ら死ぬ権利があるのはよくわかります。
    それにはどちらも人・個人としての尊厳が保たれている必要がある考えます。
  • 難病と尊厳死
    風と雲 (07/28)
    意識して自ら命を絶つことができるのは人間だけだと思います。人には生きる権利と自由があるように、自らの命を絶つ権利も自由もあって然るべきではないでしょうか。このA
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (07/01)
     自分よりも周りを優先する集団主義的な考えが同調圧力などがまかり通る社会なことについて前に
    >日本的なこの価値観は、海外から見たら奇異の目でしか見られないでしょ
  • 不自由な国、日本
    竹林泉水 (06/29)
    日本語に「世間」と言葉があります。「世間体が悪い」「世間がうるさい」「世間を渡る」「世間に顔向けできない」「世間の目を気にする」「渡る世間に鬼はいない」などとつ
  • 不自由な国、日本
    アジシオ次郎 (06/27)
     おはようございます。

     日本はやはり集団主義が根強い社会であり、いわゆる「ムラ」社会的価値感が強い為に変に「和」を重んじる傾向の上に上の言うことは絶対だという
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    竹林泉水 (06/26)
    なんで日本人は欧米人に対してコンプレックスを持っているのだろうか。明治政府は今までの幕藩体制をぶっ壊し廃藩置県をし、国内の不平不満のエネルギーを外に敵を作ること
  • 人種差別抗議行動への共鳴が日本で起きないのは
    アジシオ次郎 (06/25)
     こんにちは。

     日本人は長年欧米コンプレックスを抱いたせいで白人に対して好意的に見る一方でアジア人や黒人を平気で見下すような傾向が強いけど、自分たちが置かれて
  • 長期政権
    アジシオ次郎 (06/24)
     おはようございます。

     長期政権がもたらすもの、それは腐敗と閉塞感以外の何物でもないが、一人の人間が十何年、何十年と居座ってては健全さなど皆無だし、変化を知ら
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    05 | 2017/06 | 07
    ----123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930-

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR