竹林の Twitter 新しいウインドウで開きます。

これからの民主主義はあるのか

戦後日本が主権在民、人権尊重の民主国家として平和国家として歩んできた道を、安倍政権になってことごとく壊されている。

武器輸出三原則を壊し、防衛装備(武器)移転(輸出)原則により武器輸出を進めている。自衛隊の中古艦船をアジアの国に売却譲渡することにより、軍事産業育大国になろうとしている。
今までの憲法解釈を変え、集団的自衛権ができる国にし、米国艦船の護衛をするなどしている。

秘密法を作ることにより、国民の知る権利に覆いを掛け、共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪)をを成立させ、国民生活を監視しやすくなる。

教育の現場は教育基本法が変えられ、政府は「憲法や教育基本法に反しない形で教材として使用することは否定しない」という答弁書を閣議決定をした。それにより教育勅語を教育現場で使われることを厭わない考えを定着させようとしている。
武器開発購入に関しては、専守防衛中心ではなく、適地への先制攻撃などもできる兵器の装備配備を進めている。
また、平和利用のために科学技術を研究することから、武器開発のための科学技術研究をさせるために、防衛省が大学や研究機関に資金を出す制度を拡充させている。

自分の在任中に憲法を改正すると、改憲集会で自民党総裁として明言している。しかも憲法9条を変えずに自衛隊を明記することを付け加えてるなどの、今までの自民党との整合性や憲法の前の条文との矛盾をなんとも思わないのであろうか。

このまま進めば、憲法を厭わないで政治を何処まで進めるのであろうか。
関連記事

プラウダとイズベスチヤ

NHKBSのワールドニュースを見ているとロシアの放送局が、旧ソ連時代にあった小話を一つ紹介していた。
それは、ソ連時代の政府機関紙イズベスチヤと共産党の機関紙プラダについてだが、「プラウダとイズベスチヤの違いは何か?プラウダにイズベスチヤ(報道)はなく、イズベスチヤにプラウダ(真実)はない」というものだが、ソ連時代の新聞は政府や党にとって都合の悪い事は書かれず、時には事実がねじ曲げられて伝えられたり捏造も多く、国民もそのようなことはわかっていたので行間や裏を読むことで真実を探ろうとしたことことを、ジョークとしての小話です。
それを、ソ連時代には、「プラウダにイズベスチヤ(報道)はなく、イズベスチヤにプラウダ(真実)はない」という小話があったが、いまは、この小話はアメリカに当てはまるようですと・・・・。

今のアメリカでの、大統領と報道機関の関係はアメリカ建国史上例にないほど悪いといわれています。しかし、関係が悪いことは必ずしも国民にとって悪いことではなく、報道機関の使命を果たす上で正常なことかもしれません。

ある太平洋に西の端の島国のように、政権の顔色を見て報道する国と違うことは、アメリカはまだ健全な民主主義国と言えるでしょう。
しかし、ロシアがアメリカの報道が嘘と捏造というのは何を意味しているのでしょうか、トランプ大統領とロシアの関係をもっと深く読み取っていく必要があるようです。
関連記事
■竹林乃方丈庵の主から■

・いつも拙文を読んでいただきありがとうござます。
・見聞きしたことを独断と偏見で、気ままに綴ったものです。
・自分のために無責任に書き留めたものですから、読み終わったら捨て下さい。

記事の整理棚
禅 (2)
最新の30の記事
月別の過去の記事
04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   10   09   08   07   06   05   04   03   02   01   12   11   09   08  
単語による記事検索
竹林の過去の戯言のタイトル

過去の記事タイトルを100件づつ表示します

記事へのコメント
  • セクハラは人権問題
    アジシオ次郎 (04/23)
    こんにちは。

    セクハラ疑惑で批判を浴びた財務省の次官といい、女性問題の責任を取って辞任した新潟県の知事といい、呆れるとしか言いようがないが、前者のほうが余計悪
  • 明夷待訪録 黄宗羲 臣下論
    竹林泉水 (04/20)
    たんめんさんコメントありがとうございます。
    わたしは、西田先生は存じ上げていないですが、この『明夷待訪録』はなかなかのものです。
    明朝清朝の時代から、このような考
  • 明夷待訪録 黄宗羲 臣下論
    たんめん老人 (04/19)
    『明夷待訪録』の翻訳者である西田先生には大学で東洋社会思想史と、リレー形式の世界史の中国近代の部分を教えていただきました。東洋社会思想史では康有為をはじめとする
  • 学校の先生の多忙と部活の外部指導員
    竹林泉水 (04/17)
    学校の教員の仕事は、校務は生徒指導と教科指導のほかにも、校務をするうえで校務分掌の仕事がある。その分掌のしごとはその学校内だけでするものではなく、対外的のものが
  • 学校の先生の多忙と部活の外部指導員
    アジシオ次郎 (04/16)
    こんにちは。

    ただでさえ中学校や高校は公務と部活動の両立が教員の負担を大きくしているけど、外部から指導者を呼んで部活動はその指導者に任せて教員は公務に専念。こ
  • 国連の幸福度ランキング またランクが下がった
    アジシオ次郎 (03/17)
    おはようございます。

    幸福度が54位と前回より3つ下がった日本、主要国に限れば低い部類に位置づけられそうだが、この事実を日本政府や社会全体でどう見てるのか、こ
  • 公文書の書き換えは重大な問題
    竹林泉水 (03/15)
    そうですね、公文書を書き換えることは官僚によらず誰もがしてはならないことです。高級官僚などはそのことは充分知っています。書き換えられがことは事実で、1個人が勝手
  • 公文書の書き換えは重大な問題
    アジシオ次郎 (03/14)
    こんにちは。

    森友問題は財務書による決裁文書の書き換え疑惑も浮上したけど、官僚が公文書を書き換えるというのはあってはならない行為だし、社会一般だったら公文書偽
  • 最近思ったこと
    泉水 (03/09)
    風と雲さんコメントありがとうございます。


    これから日本はどこに行こうとしているのでしょうか。

    日本に限ったようではないですが、世の中はどんどん保守化していてい
  • 記事へのトラックバック
    ブロとも一覧

    うたのすけ

    山下道場

    荒野鷹虎

    海空居士

    紀瀬美香

    marihime

    お父さんの旅

    キラベル

    silver camellia

    kbrkのつぶやき

    魚京童!

    俊樹

    アジシオ次郎

    ほんわか?絵日記

    吾輩と旅と副業

    Chronos Moon

    ざっくり読書感想文

    Taiwa Sato

    びとら

    Resale Japan

    QWERT 5w1h

    (o ̄∇ ̄o)♪

    HIROGACHAN+

    しんのすけたろ

    勝ち組の日経225

    ハセッチブログ

    五月雨 時雨

    諭吉

    さくらさくら1

    不思議な不正義2
    ブロとも 申請フォーム

    竹林乃方丈庵のブロとも申請はこちらからです。

    Webページへのリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    更新履歴
    今日の暦と天気

    日めくりカレンダの説明

    ■2016年旧暦 日月の出入■

    04 | 2017/05 | 06
    -123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031---

    ★☆今宵の夜空☆★

    NHKらじる★らじる
    大阪東京第2FM大阪
    何の日



    ご訪問ありがとうございます
    竹林泉水のTwitter
    FC2掲示板
    [ブログ記事へのコメント 掲示板のレス 感想など]
    ■□FC2のブログ□■
    _/_/_/竹林乃方丈庵を_/_/_/
    _/_/_/ リンクに追加 _/_/_/
    □■□■徒然諸諸■□■□ □■□■心の時代■□■□ □■□■息身心/健康■□■□ ----- □■□■厚生福祉■□■□ □■□■その他■□■□
    □■FC2以外のブログ■□
    諸諸 徒然 「身・息・心」 こころの時代
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR